【SS】歩夢「愛ちゃんのスキンシップが激しくて困ってるの」璃奈「歩夢さんもやり返したら?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

ラブライブ

【SS】歩夢「愛ちゃんのスキンシップが激しくて困ってるの」璃奈「歩夢さんもやり返したら?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

1:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 17:43:29.78 ID:SrLa2n15

学校 部室 昼休み

歩夢「愛ちゃんってよくふざけて抱きついたりしてくるんだけど」

歩夢「この前なんて胸触られたんだよ、『また育ったか歩夢~w』とか言ってさ」

歩夢「いくら女の子同士でも流石にやり過ぎだよ、あれじゃまるでセクハラだよセクハラ」

璃奈「ほほう、どれどれ」モニュッ

歩夢「ひゃんっ!?////璃奈ちゃん!?////」

璃奈「なるほど、確かに育ってるみたいだね」モミモミ

歩夢「やめてよ!!////璃奈ちゃんまで愛ちゃんみたいな事しないで!!////」

 

2:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 17:50:02.68 ID:SrLa2n15

璃奈「これだよ歩夢さん」

歩夢「は?なにが?」

璃奈「歩夢さんはされるがままだから愛さんも調子に乗るんだよ」

璃奈「愛さんに胸を触られたらお返しに歩夢さんも胸を触ってやるくらいの気持ちがないとダメ」

璃奈「やられたらやり返す、十倍返しだ」

歩夢「いや別にやり返したい訳じゃなくてもう少し控えめにスキンシップを取って欲しいと言うか……」ゴニョゴニョ

璃奈「そんな気持ちだとまた愛さんにセクハラされて終わりだよ」

璃奈「強気でいかないとダメ、引いてダメなら押し倒せってことわざもあるでしょ」

歩夢「ないよそんなことわざ!!押してダメなら引いてみろでしょ!!」

 

3:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 17:56:41.77 ID:SrLa2n15

璃奈「いや、あながち間違いでもないよ」

歩夢「え?」

璃奈「愛さんはああ見えてやり返されると弱いの」

歩夢「へぇ、そうなんだ。なんか意外」

璃奈「この前私のほっぺつついてきたからお返しにほっぺにキスしたら顔真っ赤になったんだよ、あれはかわいかったな」

歩夢「璃奈ちゃんそんな事したんだ……大胆だね」

歩夢「だけど私……璃奈ちゃんの真似は出来そうにないな////」

璃奈「ん~歩夢さんには難しいか……」

 

4:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:02:50.68 ID:SrLa2n15

璃奈「それなら無理にやり返さなくてもいい、最初は歩夢さんの方からスキンシップを取ってみたら?」

璃奈「先手を打てば愛さんもたじたじになって下手にセクハラもしてこないはず」

歩夢「スキンシップって……愛ちゃんみたいに抱きついたり?////」

璃奈「そうだね、歩夢さんがそんな事したら愛さんはびっくりすると思う」

璃奈「ある意味今までやられた仕返しにもなるね」

歩夢「ん~確かに愛ちゃんのびっくりする顔は少し見てみたい、かも」

璃奈「とにかく、今度はただやられて終わらないようにしてみよう」

歩夢「うん、ちょっと恥ずかしいけど頑張ってみるよ」

 

6:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:10:34.86 ID:SrLa2n15

愛「おーっす♪」ガラッ

歩夢「あ、愛ちゃん」

璃奈「噂をすればなんとやら……」

愛「ん?なになに~?アタシの噂でもしてたの~?」

璃奈「うん、歩夢さんが愛さんに」

歩夢「ちょっ!?璃奈ちゃん!!」バッ

璃奈「むぐむぐぅ~~」

愛「なぁに~?どんな話してたんだよ~w」

歩夢「な、なんでもないよなんでも」

璃奈「─ぷはっ、まぁ確かに内緒にした方がそそられるかも」

愛「はぁ~?」キョトン

 

8:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:16:37.87 ID:SrLa2n15

璃奈「それじゃ私はこれで」スタスタ

歩夢「えっ?璃奈ちゃんどこ行くの?」

璃奈「はんぺんにご飯あげに行かなくちゃ、あとは若い2人でどうぞ」

歩夢「そんなぁ!?」

愛「りなりーも若いだろ~w」

璃奈「……さっき話した事を実行するには私はいない方がいい」ボソッ

璃奈「この後どうなるかは歩夢さん次第、でも私は歩夢さんなら出来ると信じてる。璃奈ちゃんボード『ファイトだよ』」ボソッ

璃奈「それじゃ、ばいばい」

歩夢「ううぅ~~璃奈ちゃぁん……」

 

11:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:21:51.51 ID:SrLa2n15

愛「なんだ~りなりー行っちゃったか~一緒にお弁当食べようと思ったのに」

愛「それじゃ歩夢、一緒に食べよっか♪」

歩夢「え?私と?」

愛「なんだよ~愛さんと一緒じゃ不服と申すか~?うりうり♪」ムギュムギュ

歩夢「ちょっ////苦しいってば愛ちゃん////くっつかないで!!」

歩夢「わかった!!一緒に食べるから!!だから離れて~!!////」

愛「よーしそれじゃこのままレッツゴー!!」

歩夢「離してってばぁ~~!!////」ズルズル

 

12:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:27:20.99 ID:SrLa2n15

中庭

愛「天気もいいし外で食べよーよ」

愛「─あ、あそこのベンチ空いてるよ。座ろ座ろ♪」

歩夢「もぉ、相変わらず強引なんだから……」チョコン

愛「あははごめんね~wアタシのお弁当分けてあげるから許してちょw」

歩夢「はいはい……」

歩夢(─あ、璃奈ちゃんもあそこにいた)

歩夢(なにニヤニヤ笑ってるのまったく……)

愛「歩夢どこ見てるのさ、こっち見てよ」

歩夢「あ、ごめん。─わぁ、すごーい」

愛「へへーん♪愛さんのスペシャル粉もんランチ~♪」

愛「これはかなりの自信作、食べてみな」ズボッ

歩夢「んぐ!?─もう、急に詰め込まないで」

愛「あははwめんごめんごwどう?うまいっしょ」

歩夢「うん……おいしいね////」

歩夢(愛ちゃんたら……周りに他の娘達もいるのに////)

 

15:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:40:37.31 ID:SrLa2n15

愛「歩夢はどんなお弁当作ったの?」

歩夢「私は別に普通の……あ、でも今日は変わった卵焼きにしようとしてかに玉を作ったの」

愛「かに玉!?すげーじゃん見せて見せて~」ズイッ

歩夢「ちょ、だから近いって////」

愛「おぉ~めっちゃうまそ~♪上手に作ったもんだね~」

歩夢「あはは……どうも、─ん?」チラッ

璃奈(タ・ベ・サ・セ・テ)クチパク

歩夢「えぇ……?私もやるの?////」

愛「あ?どしたん?」

歩夢「いやいやなんでも!!こっちの話!!」

 

16:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:46:17.97 ID:SrLa2n15

歩夢「……////」

歩夢「あの、よかったら食べて……みる?」

愛「お?いーの?よっしゃ!!いただきまーす♪」スッ

歩夢「ま、待って」

愛「え?なに?」

歩夢「さ、さっきのお返しに私が食べさせてあげる」

愛「おーそかそか、それじゃ、あーん」

歩夢「はい」スッ

愛「あむあむ……うん!!卵がふわふわで味付けもアタシ好みだ♪うまいっ!!」

歩夢「そう?ありがとう……////」

愛「んぐっ……次!!おかわり~~♪」アーン

歩夢「わっ、待って待って」スッ

歩夢(あれ?おかしいな、お返ししたのに愛ちゃん変わらない……)

 

18:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:52:31.64 ID:SrLa2n15

愛「はぁ~おいしかったぁ♪ごちそうさま!!」

歩夢「お粗末様でした、結局全部食べちゃったね」

愛「いや~歩夢のかに玉おいしくてさ、止まんなくなっちゃった♪」ペカーッ

歩夢「……まぁいいや、愛ちゃんが喜んでくれたなら」

歩夢「─ふふっもう、ほっぺに卵付いてるよ」スッ

愛「ふぇっ!?////へあぁぁ……////」ヘナヘナ

歩夢「えっ!?なに!?どうしたの!?」

愛「いや、歩夢が急にほっぺ触って来たから……ちょっとびっくりしただけ////」

歩夢「えぇ……このくらいで?」

愛「うっさい!!////不意打ちには弱いの!!////」

歩夢「ほ、本当だったんだ」

歩夢(軽くほっぺに触っただけなのに……)

愛「ううぅ~~////」カァァ

歩夢(か、かわいい……!!)キュン

歩夢(璃奈ちゃんの気持ち……ちょっとわかったかも)チラッ

璃奈「👍」

 

20:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 18:57:49.07 ID:SrLa2n15

放課後

璃奈「グッジョブ、まさかあそこであんな事をするなんて。歩夢さんも中々やるね」

歩夢「いや、別に狙ってやった訳じゃないんだけど」

璃奈「それがよかったのかも、愛さんも自分で言ってたけど愛さんは不意打ちに弱い」

歩夢「て言うかずっと璃奈ちゃんに見られてたんだよね……あぁ、恥ずかしい////」

璃奈「私は景色、気にしないで」

璃奈「それよりも、よかったよね?」

歩夢「愛ちゃんの反応?まぁ確かにかわいかった」

璃奈「もっと……見てみたいと思わない?」

歩夢「うん、まぁ……////」

 

21:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:03:04.55 ID:SrLa2n15

愛「おーっす♪」ガラッ

歩夢「あ、愛ちゃん」

璃奈「これまたタイミングよく現れるね」

愛「お?なになに?愛さんタイミングバッチリ?」

璃奈「うん、バッチリ」

璃奈「という事であとは若い2人でどうぞ」スタスタ

愛「デシャブだぞりなりーw」

歩夢「愛ちゃん璃奈ちゃんと一緒に帰りたいんじゃ」

璃奈「私はよく愛さんと帰ってるから、たまにはひとりで帰りたい」

璃奈「─さぁ、形勢逆転のチャンスだよ」ボソッ

璃奈「昼休みの時みたいにさり気なくやれれば愛さんは間違いなく堕ちる」ボソッ

歩夢「いや、堕ちるって……なんか趣旨が変わってるような」ボソッ

璃奈「とにかく、引いてダメなら押し倒せ。だよ」ボソッ

歩夢「だからそれ違うって!!」

 

22:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:08:08.52 ID:SrLa2n15

璃奈「それじゃ、ばいばい」ガラッ

歩夢「もう、璃奈ちゃんったら」

愛「うはっw振られちった」

歩夢「仕方ない、私が一緒に帰ってあげるよ」

愛「お~歩夢ノリがいいね~♪」ガシッ

愛「そんじゃ2人仲良く帰るとしますか~w」スリスリ

歩夢「んもぉ////隙あらば体をくっつけるのやめてってば////」

愛「アタシと歩夢の仲じゃんよ♪気にしない気にしない」

歩夢(お昼休みはあんなに顔真っ赤にしたくせに……)

歩夢(もしかして、私は愛ちゃんみたいなスキンシップは出来ないと思われてる?)

 

23:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:14:17.89 ID:SrLa2n15

帰り道

愛「いや~こうして歩夢と帰るのはなんだか新鮮だなぁ」

歩夢「……」

愛「歩夢?おーい、どした~?」フリフリ

歩夢「……愛ちゃん、ちょっといいかな?」

愛「あ?」

歩夢「─え、えいっ」ギュッ

愛「ひゃっ!?////へぇあぁ……////」ヘナヘナ

歩夢「なんで私からくっつくとそうなるの!?」

愛「だ、だっていきなりそんな事されたら、さ……////」

歩夢「愛ちゃんがいつも私にやってる事だよ?」

愛「だから!!不意にこられるとダメなんだってば!!////」カァァ

歩夢「どんだけ弱いのさ!!」

 

25:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:19:15.76 ID:SrLa2n15

歩夢「─ふーん、じゃあ今日はこのまま帰ってみよっか」ニヤリ

愛「えぇ……?////マジぃ……?////」

歩夢「たまには私の気持ちも味わってみなさい」

愛「はうぅ……////アタシがやられるのはちょっち恥ずい~////」

歩夢「私と愛ちゃんの仲でしょ?気にしない気にしない」

愛「アタシの台詞パクるな~~////」

歩夢「ふふっ、スキンシップってのも悪くないもんだね♪」

歩夢(やっぱり照れる愛ちゃんはかわいいなぁ)

歩夢(せっかくだからもう少し踏み込んでみよう、かな……)

 

27:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:24:07.52 ID:SrLa2n15

歩夢「ん」ピトッムニュ

愛「あ、歩夢ちょっと……胸が当たってる////」

歩夢「今更なに言ってるの?この前触ったくせに」

歩夢「愛ちゃんが触ったから、また育っちゃった。なーんて」

愛「歩夢なんかおかしくない?そんな事言う娘じゃなかったのに、キャラ変わってるよ?」

歩夢「さぁね~知らなーい、愛ちゃんのせいだもん」

愛「あ、アタシが悪いって言うのこれ~~?////」

歩夢(やだ、自分でもよくわからないキャラに目覚めちゃうかも……どうしよ~♡)ゾクゾク

 

28:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:31:01.75 ID:SrLa2n15

愛「ううぅ~~////」キョロキョロ

歩夢「なにキョロキョロしてるの?」

愛「だって周りの人達が皆こっち見てるよ~////」

歩夢「気のせいじゃない?たとえ見られてたとしてもいいじゃん」

愛「どうしちゃったの?いつもの歩夢じゃないよ」

歩夢「……その言葉そっくり返すよ愛ちゃん」

歩夢「これで少しは私の気持ちわかってくれたかな?」

愛「歩夢の気持ち……」

愛「あ、歩夢もアタシの事を好きだって事……?////」

歩夢「そうそう……─って、へっ!?////」

 

29:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:36:42.63 ID:SrLa2n15

歩夢「ちょ、ちょっと待って!?どうしてそうなるの!?////」

愛「だ、だってスキンシップ取るっていう事はそういう……あれ?」

愛「え?ち、違うの!?////だとしたらアタシはぁ~~うわぁぁ~~!!////」

歩夢「お、落ち着いて!!深呼吸しよ深呼吸!!」

愛「えぇっ!?人工呼吸ぅ!?////」

歩夢「深呼吸だって言ってんでしょ!!」

歩夢「すー……はぁ……はい」

愛「すー……はぁ……」

歩夢「そ、それで?今の話は……」

歩夢「もしかして今まで私にセクハラまがいのスキンシップをしてきたのって」

愛「ぅん……歩夢が好きだったから////」

歩夢「私が触ると照れていたのも」

愛「……そういう事////」

歩夢「そ、そうだったんだ////」

 

30:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:42:45.16 ID:SrLa2n15

歩夢「////」

愛「////」

歩夢「─だったら……いいよ」

愛「へ?」

歩夢「正直今までは愛ちゃんの激しいスキンシップにうんざりしてたけど」

歩夢「そういう理由ならこれからもしていいよ」

愛「歩夢……」

歩夢「そ、その代わり!!やられらやり返すから!!そのつもりでやってね!!////」

愛「歩夢ぅぅ~~!!」パァァ

愛「歩夢~大好きだよ~~!!」ムンギュー

歩夢「もうっ、さっそくやったなぁ。お返しだぁ~~!!」ムンギュー

愛「へあぁぁ……////でも……嬉しいや♪」ヘナヘナ

 

31:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:47:08.43 ID:SrLa2n15

歩夢「─と、いう事になっちゃって」

璃奈「付き合う事になった訳だね、おめでとう」

歩夢「や、やだなぁ////付き合うだなんてそんな////」ニヤニヤ

璃奈「ふふっ、顔は正直だねぇ」

歩夢「もう、違うってば」

歩夢「─これも璃奈ちゃんのおかげだよ、ありがとう」

璃奈「ううん、私はただ話を聞いただけ。歩夢さんの頑張りがあってこその結果だよ」

璃奈「これからも愛さんと末永く仲良くね」

歩夢「うんっ♪」

 

33:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:52:44.23 ID:SrLa2n15

愛「おーっす♪」ガラッ

歩夢「あ、愛ちゃん」

璃奈「愛さん空気読みすぎ」

愛「あ~ゆむ~♡」ダキッ

愛「まーた胸育ったんじゃないか~?んん~?」モミモミ

歩夢「ひゃんっ////やめてったらぁ////」

歩夢「私だって……えいっ!!」モニュッ

歩夢「ふふっ、愛ちゃんも順調に育ってるみたいだね」モミモミ

愛「あんっ♡へあぁぁ……♡」ヘナヘナ

歩夢「相変わらずやられると弱いんだね……」

璃奈「よわよわの愛さんかわいい、すき」モミモミ

 

34:(こんにゃく) 2023/05/07(日) 19:53:31.56 ID:SrLa2n15

終わりです、最後まで読んでいただきありがとうございました

 

39:(たこやき) 2023/05/07(日) 20:54:23.07 ID:bonABjIN

最高か?

 

37:(しうまい) 2023/05/07(日) 20:10:51.35 ID:h3Z5aWqN

あいぽむいいよな

 

38:(もみじ饅頭) 2023/05/07(日) 20:12:28.45 ID:PgtJCzH5

素晴らしきあいぽむでした…

 

44:(もんじゃ) 2023/05/09(火) 01:48:48.59 ID:eHs/AysB

なに揉んでだ

 

45:(もんじゃ) 2023/05/09(火) 05:36:45.64 ID:MUxA1kF7

ちゃっかり揉むりなりー好き

 

41:(SB-Android) 2023/05/07(日) 20:58:45.44 ID:MlwKiRBx

最高だよあいぽむ

 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1683449009/