【SS】クリスマスにLiella!がやってきた!【ラブライブ!】

ラブライブ

【SS】クリスマスにLiella!がやってきた!【ラブライブ!】

1:(庭) 2023/12/24(日) 21:40:40.01 ID:E9Pkk2wC

音ノ木坂学院 部室

  
  

絵里「……今年はかなり冷えるわねぇ…」

穂乃果「そうだねぇ…暖房点けてもこの寒さだしね…」

凛「これだけ寒いとテンション上がらないにゃ…」

希「せやなぁ…まあでも無理にでも上げてかなあかんよ?」

にこ「ブァックションッ!!…っ…あぁー…こんな事ならカイロ持って来れば良かったわ」ズズッ

希「大丈夫にこっち?風邪引いたんちゃう?」

絵里「凄いクシャミだったわね…」

にこ「へ、平気よこれぐらい…」ズズッ

希「…あ!にこっち湯たんぽあるよ!いる?」スッ

穂乃果「懐かしい物持ってるね希ちゃん」

凛「それ都会で使う人まだいたんだ…」

にこ「何で湯たんぽなのよ…まぁありがたく貰うけど…」

???「あ!にこちゃんにこちゃん!」

にこ「…ん?」

希「…あ」

 

2:(庭) 2023/12/24(日) 21:42:21.54 ID:E9Pkk2wC

かのん「…にこちゃんちょっといい?」スッ

四季「…」スッ

希「かのんちゃんと若菜ちゃん…そのレオタード姿ってことは…」

穂乃果「うわっ…また来たんだ…」

絵里「そう言えばクリスマスに来るって言ってたわね」

凛「何かちょっと太ってない…?」

かのん「にこちゃんに話があるんだけど」

にこ「…何よ?って言うか何であんたナチュラルにタメ口なのよ?」

穂乃果「そうだよ。にこちゃんは先輩だよ?」

かのん「何でって言われても…私達がここに来たって事は、話はひとつしかないんだよねぇ…」

にこ「えぇ…?」

かのん「あの子が怒ってんだよね!」

にこ「…え、誰が?」

かのん「ほら、あの子だよ!メイちゃん!メイちゃーんっ!!」チョイチョイッ

にこ「…あんた何言ってんのよさっきから」ワシワシッ

かのん「ンッ…///」ビクビクッ

希「ンフッwww」

穂乃果「ほらもう…また今日も胸揉まれるよかのんちゃん…」

絵里「何やってんのよ…やめなさいにこ」パシンッ

???「おい!矢澤!!」スタスタ

にこ「…ん?えぇっ!?」

 

3:(庭) 2023/12/24(日) 21:43:24.05 ID:E9Pkk2wC

メイ(ウェディングドレス姿)「…矢澤っ!!」

穂乃果「ええぇーっ!?」

希「うわっ!びっくりしたぁっ!!何やその格好!?」

凛「あれ?メイちゃんもちょっと太ってない…?」

絵里「確かに太ってるわね…それよりも随分派手な格好で来たわね…」

メイ「おい矢澤っ!!」

にこ「な、何よ…?」

メイ「何で奪いに来ねぇんだよっ!!!!?」クワッ

にこ「…コイツ何言ってんの?」

穂乃果「いや、ちょっと分かんないよ…」

希「奪いに来ないってどういう事やねん?」

かのん「メイちゃんずっと待ってるんだよ!?」

四季「…」コクコクッ

にこ「いやっ…何がよ…?」

希「え、何を待ってんの?」

にこ「奪いに来ないってどういう事よ…?」

 

4:(庭) 2023/12/24(日) 21:44:13.97 ID:E9Pkk2wC

絵里「…あ、でもそのウェディング姿って事はあなた誰かと結婚したのかしら?」

穂乃果「あ!確かにそうだね!だからウェディングドレスなんだ!」

希「メイちゃん結婚したん?とりあえずおめでとう!」パチパチッ

凛「おめでとう!」パチパチッ

絵里「まぁでもちょっと早すぎる気もするけど…何にせよおめでとう」パチパチッ

メイ「………違うっ!!!!!!!!!!」クワッ!

希「ンフッ…w」

凛「っ…」

穂乃果「…声響いたなぁ…」

絵里「響いたわね…」

にこ「…え、何なの?結局何が言いたいのよ?ちょっと絵里…」

絵里「あの…ちょっとあなたの言ってる意味が分からないのよ…そんな急に……」

 

5:(庭) 2023/12/24(日) 21:46:19.46 ID:E9Pkk2wC

かのん「にこちゃんがボヤボヤしてるからこういう事になっちゃうんだよ!?」チラッ

凛「…え、どういう事…?」

にこ「ッ…w」プルプルッ

絵里「ンッw」プルプルッ

穂乃果「w…かのんちゃん何かそのセリフみたいな癖で言うのやめてよ…」

希「ンフフフフッwww」

絵里「www」

かのん「っ…w」プルプルッ

にこ「いやっ…ボヤボヤってどういう意味なのだから…?」

メイ「早くしろよだから!」

にこ「はい?」

メイ「奪いに来いよ!」

にこ「…いやいや…奪うも何も…」

穂乃果「いやっあのねメイちゃん…にこちゃんはもう何度も断ってるし…」

絵里「それにあなたも結婚したばかりなんでしょう?」

メイ「恋愛と結婚は別だろうが!!」クワッ!

かのん「結婚した女が、恋をしちゃ、いけないって言うのお!?」チラッ

にこ「ンフッwww」

絵里「ブフフフフフッwww」

希「何やねんなその言い方wwwムカつくわぁwww」

絵里「誰に演技指導してもらったのよwww」

凛「クフフフフッwww」

穂乃果「呼んで来なよ先生www」

かのん「ッ…ww」ウツムキ

にこ「ww……ちょっともう絵里…」

絵里「ええ…あなた達ちょっとこっち来てちょうだい」スッ

希「またこのパターンやん…」スッ

凛「え、また…?凛がいた一回目の時以外も来てたの?」

穂乃果「そうそう、これで三回目だよ…前回はね………」

 

6:(庭) 2023/12/24(日) 21:47:15.03 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
  
Liella!のメンバー米女メイ。7月の矢澤にこの誕生日から過去二度…憧れのにこに何度も告白したものの、悉く拒否され涙を呑んだ。その後、人生の伴侶とめでたく結婚?(誰と結婚したかは不明)して、幸福の絶頂にいる彼女がそれだけでは飽き足らず、再び姿を現した。果たして、にこの心を奪う事が出来るのか……クリスマスの今夜、皆さんに究極の愛をお見せします。
前回↓
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1693221272/

 

7:(庭) 2023/12/24(日) 21:49:22.39 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───

穂乃果「……と、まぁこんな感じ」

凛「えぇ…」

絵里「あのねメイちゃん…あなたはにこのタイプじゃないのよ」

希「もうウチら何回も言ってるやん」

メイ「なっ…なるようにしてきたじゃねぇか今までだってよぉ!!」

絵里「いやいや…にこはね、もうちょっとこう…危険な香りのする女の子が好きだったりするのよ」

希「うん、せやな」

穂乃果「あー…」

凛「確かに…」

メイ「どんな香りだよ!そんなの分かんねぇよ!」

絵里「まぁ例えばその…パ  の中で、爆竹を鳴らせるとかっ……ッw」プルプルッ

穂乃果「あ〜…まぁでもそれはね?」

希「それはでも…そんなん無理やんか」

絵里「でもそういう女の子にしか振り向かないのよにこは…」

凛「そうだよねぇ…」

絵里「今までそれをやったのは過去に真姫だけなのよ」

穂乃果「フフフフッ…w」プルプルッ

凛「ンフフッw」プルプルッ

希「あーだから仲良えんやねあの2人」

絵里「そうよ。だからにこまきなんて言うカップリングが流行ったのよ」

穂乃果「そうそうそう」

希「これはホンマやからな?」

メイ「いやでも…無ぇよそんな、爆竹なんかよぉ!」

絵里「んー…まぁそうねぇ…」

穂乃果「何処かで買いに行かなくちゃ……」

かのん「あああーーーーーーーーーっ!!?」

希「…ん?どしたん?」

 

8:(庭) 2023/12/24(日) 21:51:15.94 ID:E9Pkk2wC

かのん「こ、これっ…!」ヒョイ

  
爆竹「」
チャッカマン「」
  

かのん「メイちゃん!爆竹じゃん!」

穂乃果「あれ!?何で床に落ちてるの!?」

絵里「いつの間に…」

希「何で毎回部室に落ちてんねん…」

凛「偶然にしては出来過ぎにゃ…」

かのん「今日もツイてるじゃん!やりなよ!爆竹、やるでしょ?」チラッチラッ

メイ「ほ、本当だ…!爆竹だ…!」トコトコッ

絵里「キツイわねぇ…」

希「何か前よりグレード下がってへん?www」

凛「ンフフフッwww」プルプルッ

穂乃果「ングッww……いやでもやめときなよメイちゃん…危ないよ…?」

凛「そうだよ…部屋の中でそれは危険だよ…」

希「もう帰った方がええって…」
  

にこ「……あんた達もうちょっと向こうで話しなさいよ!丸聞こえじゃないの!」
  

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「クフフフフッwww」

絵里「www…でも、どうする気なのメイちゃん?」

メイ「行くしかねぇだろうがよ!」スッ

希「いやもうアカンって…危ないでホンマ…」

穂乃果「確かににこちゃんは凄い好きだけど…そういう女の子…」

 

9:(庭) 2023/12/24(日) 21:52:16.48 ID:E9Pkk2wC

かのん「大丈夫大丈夫!絶対振り向いてくれるよ!やろう!」

メイ「おう!」ビリッ

穂乃果「あぁ…折角のドレスが…」

凛「勿体無い…」

希「ちょっともう…誰と結婚したかは知らんけど…なんぼ汚くても新妻やねんからメイちゃん…」

絵里「そうよ…何もいきなりそんな汚れ芸しなくても…」

メイ「よ、よしっ!行くぞ…!」スッ

四季「…!」スッ

かのん「頑張ってメイちゃん!」

穂乃果「ち、ちょっとメイちゃん!」

希「部室でそれはアカンって!」 

 

10:(庭) 2023/12/24(日) 21:53:11.08 ID:E9Pkk2wC

スタスタスタ

  
メイ「…あの、にこ先輩」

にこ「……何よ?」

メイ「…おい」スッ

四季「…」カチッ

シュボッ!

メイ「…っ!」ガッ!

にこ「え!?ちょっ…何してんのあんた!?」バッ!

メイ「ッ……!っっ…!!」シュウウウウウッ!

にこ「ちょっ…!」サッ

ボッッッッッフッ!!!!!

メイ「ゥォッッ…!!!?」ビクッ!
  
  

絵里「ンフフフフッwww」

希「デッカい音鳴ったなぁwww」

穂乃果「一発で全部爆発したねwww」

凛「クフフフフッwww」

 

11:(庭) 2023/12/24(日) 21:54:07.05 ID:E9Pkk2wC

にこ「あ、あんたバカじゃないの!?うわっ!火薬臭っ!?」サッ

メイ「ほら!奪えよ矢澤!」バッ

にこ「向こう行きなさいよ!!部室の中で何やってんのよ!!」ペチンッ!

  
絵里「www……まぁ確かに人の部室で…臭っ!?」サッ

穂乃果「うわっ!くっさっ!?火薬臭っ!?」サッ

凛「部室が火薬の臭いで充満してるにゃ…」

希「ちょっ…臭っ!?窓開けよ窓!」ガララッ

  
メイ「ほら!!奪えよ!!」バッ

にこ「ちょっ…パ  開けながらこっち来んじゃないわよ!!もういいから向こう行きなさいよ!!」ドンッ!

メイ「ちょっ…!」ヨロッ

  
絵里「ち、ちょっとメイちゃん!一回こっち戻って!」チョイチョイッ

希「一旦作戦練り直そうや!」

メイ「くっ…!」スッ

 

12:(庭) 2023/12/24(日) 21:55:25.13 ID:E9Pkk2wC

タッタッタッタッ

  
メイ「…おいっ!!!!!」クワッ

絵里「いやっ…おいじゃなくて…部室でそれはやっちゃ駄目よ…場所を考えないと…」

メイ「話が違うじゃねぇかよっ!!」クワッ

穂乃果「いや…話が違うって……臭っ!?」スッ

希「うわ臭っ!?ちょっと中身燃えてるんちゃう!?」

凛「うわっ!臭っ!?」バッ

絵里「ちょっ…本当に燃えてるんじゃないの!?」

  
にこ「ちょっともういいからそいつ連れて行きなさいよ!!」

  
絵里「え、ええ…ほらメイちゃん、もう帰りましょう」スッ

穂乃果「そうだね…もう帰ろう?」

メイ「帰ろうじゃねぇよ!!話が違うじゃねぇかよぉっ!!」

絵里「いやっ…話も何も…」

メイ「全然奪いに来ねぇじゃねぇかよっ!!」

絵里「ンフフッww……いやもう帰ってちょうだいホントに」

かのん「言った通りにやったじゃん!!何がいけないの!?」チラッ

希「いややってないって…」

穂乃果「もう帰ってよホントに…」

凛「ほら、帰ろ帰ろ!」パンパンッ

 

13:(庭) 2023/12/24(日) 21:57:29.63 ID:E9Pkk2wC

メイ「帰るわけにはいかねぇよ!!」

かのん「もうちょっとでにこちゃん絶対振り向いてくれるって!」

四季「…」コクコクッ

絵里「いやっ…どう見てもあれは脈なしでしょもう…」

希「どっから来んねんその自信…」

穂乃果「…………あ、でもただ……穂乃果一個だけ聞いた事あるんだけど…あのー…白黒ハッキリさせる女の子が好きだって言うのは聞いた事あるよ?」

希「あー!そういう所あるなにこっち!」

絵里「あ、でもこれは本当よ?何かこう、ハッキリさせる女の子が良いって。逆にグチグチグチグチ言う女の子みたいなのはあんまり好きじゃないらしいわ」

凛「あ、凛も聞いた事あるにゃそれ」

メイ「ハッキリさせるって…具体的にどうすりゃいいんだよ!」

穂乃果「だから…例えばこう、人間ポンプみたいな芸があるじゃん?だからほら…囲碁の白と黒の碁石があるでしょ?それを飲み込んでどっちを出すかみたいな…例えばだよ?」

絵里「ンフフフッ…w」プルプルッ

希「あーそれはハッキリしてるわー」

凛「でも人間ポンプでしょ?そんなの簡単に出来るわけ無いよ…」

穂乃果「うん。それは絶対に無理な話だから…」

メイ「いやっ…無理だよそんなの!出来るわけねぇよ!やったことねぇもんだって!!」

穂乃果「うん…だからもう帰ろう?」

絵里「ンフフッw……まぁそれは無理よね。じゃあもうここら辺で………」

かのん「あああーーーーーーーーーーーーっ!!!?」

絵里「いやっw…もういいってだから…」

希「ちょいちょいちょい…」

 

14:(庭) 2023/12/24(日) 21:59:39.19 ID:E9Pkk2wC

かのん「見て!こんな所に……」スッ
  

囲碁セット「」

  
かのん「碁石があるよメイちゃん!」チラッ

メイ「ほ、ホントだ…!碁石だ…!」トコトコッ

絵里「何点なのよあの子の演技…」

希「絶対前より酷くなってるであれ」

穂乃果「さっきからずっとカンぺチラ見してるからね…」

かのん「まさか碁石があるなんて…!これで出来るじゃん!」チラッ

メイ「お、おぉ…!」
  
かのん「やりなよメイちゃん!」

メイ「おう!」

穂乃果「ええぇっ!?に、人間ポンプだよ!?」

凛「絶対無理だよそんなの…」

かのん「ほら、白と黒両方あるから一個ずつ飲めばいいんだって!」チラッチラッ

メイ「おう!」ヒョイ

絵里「一回ちょっとあの子の演技指導見直した方がいいわよあれ」

希「ンフフフフッwww」

穂乃果「カンペ見る頻度がどんどん多くなってきてるからね」

凛「もう隠す気ないにゃー…」

かのん「ッw……ほ、ほらっ!やろっ!」スッ

スタスタスタ

絵里「うーん…19点ね」

希「いや、もうちょっと低いであれ」
  

にこ「二桁あるだけでも凄いじゃない」
  

絵里「ンフフフフッwww」

凛「www」

 

15:(庭) 2023/12/24(日) 22:01:09.10 ID:E9Pkk2wC

メイ「よ、よしっ!やるぞっ!」コトッ

にこ「えぇ…?いやっ…やめときなさいよあんた…え、本当にやんの…?」

希「アカンってメイちゃんそれ…」

メイ「………っ!」パクッ

絵里「ンフフフフッww」

穂乃果「…え!?本当に行くの!?」

メイ「っ!」ゴクンッ

凛「うわ…行った…」

希「あ〜…飲んだわ」

にこ「…あんたアホじゃないの!?」

絵里「ブフフフフフッwww」

穂乃果「www」

※碁石はキャンディーで出来ています。

希「いやもう、ここまで行ったら白黒ハッキリさせようや」

メイ「っ!」パクッ

凛「あ、2個目行った」

絵里「www……ちょっともう…本当に大丈夫なの?」

メイ「…!……っ!ヴォエァッ!??」ゴクッ

にこ「うわっ!汚っ!?」

絵里「ンフフフフッwww」

穂乃果「ちょっ!吐きそうになってるよ!?本当に出せるの!?」

 

16:(庭) 2023/12/24(日) 22:02:16.03 ID:E9Pkk2wC

メイ「っ…し、白と黒どっちだ…!?」

にこ「え?」

メイ「白と黒どっちだよ!?」

にこ「…白」

メイ「よ、よし……スゥ-」スッ

穂乃果「え、だ、出せれるのメイちゃん?」

絵里「いやでも、出せたら本当に願いが叶うわよ」

希「ホンマに凄い事やでそれ」

メイ「ッッ!……ッッ!!ッ!!」バンッ! バンッ! バンッ!

凛「ずっと腹殴ってるにゃ…」

希「ホンマに出るん…?大丈夫なん?」

穂乃果「これは難しいでしょ…」

メイ「っ……ッッッッ!!!!」ガッ!

にこ「ちょ…あんたその出し方は違うでしょうが!!」バチンッ

メイ「ッ…ヴェッホッッ!!エッホッ!!エッフッッ…!!」ゲホッ!

絵里「ブフフフフフフッwww」

希「モロに手ぇ突っ込んでるやんwww」

穂乃果「やっぱり無理だったんだねwww」

凛「www」

 

17:(庭) 2023/12/24(日) 22:03:38.24 ID:E9Pkk2wC

メイ「ッッッ!!」ガッ!

にこ「だからやめなさいってあんたそれぇ!」バチンッ!

メイ「ッ…!…ヴォエェェェェェェェェッッッッ!!!!!」バッ!

にこ「ヴェェェェェェェェェェッッッッ!!?」バッ!

絵里「ブフフフフフッwwwwww」

穂乃果「ンハハハハハハッwwwwww」

希「きったないなぁホンマwww」

凛「クフフフフッwww」

にこ「あ、あんた本当いい加減にしなさいよ!?もういいからあっち行きなさい!!」ドンッ

メイ「うぅ…」オエッ

希「もの凄い一瞬お似合いやったけどなwww」

穂乃果「ンフフフフッwww」

絵里「何なのかしらねあの無駄なシンクロは」

にこ「帰れ早くっ!!!!!」クワッ

メイ「くっ…!」スッ

 

18:(庭) 2023/12/24(日) 22:05:34.88 ID:E9Pkk2wC

タッタッタッ

メイ「…話が違うじゃねぇかよっ!!」クワッ

絵里「ンフフフフフッ…w」プルプルッ

希「いやっ…話も何も…出来てないやん…人間ポンプ」

凛「やっぱり無理だったの?」

メイ「む、無理だよこんなっ…無理だよ!!やったことねぇもんだって!!」

穂乃果「うーん…あそこで出せてたら結果は変わってたと思うんだけどねぇ…」

希「そうやねぇ…」

メイ「どうすんだよこれよぉ!!」

絵里「うーんそうねぇ…やっぱり見てて思ったのが…ちょっと汚いのよ」

穂乃果「あー…」

希「確かにちょっと汚れ芸が多いな」

凛「うんうん」

絵里「何ていうのかしら…もっとこう、心に訴えかけるような…例えばあのー…マイウェイを歌ったりとか…」

穂乃果「あ〜フランク・シナトラの?」

絵里「そうそう、そのマイウェイよ」

希「もの凄い良い発音でな?」

凛「あーなるほど…」

絵里「にこはね、ああ見えて結構ムードに弱いタイプなのよ」

希「そういう所あるなぁ…」

絵里「ええ…そういうのでコロッといっちゃうのよ」

穂乃果「それはあるねぇ…」

凛「はいはいはい」

メイ「いやっ…無理だよそんなの!出来るわけねぇよ!」

絵里「それはそうね…じゃあもう帰りましょう?」

希「うん…帰ろ帰ろ」

穂乃果「ほら、出口はあっちだから………」

かのん「あああーーーーーーーーーーーーっ!!!!?」

穂乃果「…え?何?」

絵里「もういいってだから…」
  

 

19:(庭) 2023/12/24(日) 22:06:34.50 ID:E9Pkk2wC

かのん「見てメイちゃん!」スッ
  

カラオケセット「」

  
かのん「カラオケセットじゃん!」

メイ「うわ!ホントだ!すげぇ!」トコトコッ

穂乃果「えぇ…」

絵里「よく見たら何か衣装もあるわね」

希「フランク・シナトラなりきりセットやん」

凛「そんな本格的に歌うの…?」

かのん「これで出来るって!やろ?」

四季「…」コクコクッ

絵里「若菜ちゃんは何で一言も喋らないのかしら…」

穂乃果「今の所付いて行ってるだけだよね」

メイ「ち、ちょっと行ってくるわ!」ダッ

絵里「え、ちょっとどこ行くの!?」

希「どこ行くねんメイちゃん!?」

凛「行っちゃったにゃ…」

穂乃果「うーん…それじゃあメイちゃんが戻ってくるまで待ってようか」

 

20:(庭) 2023/12/24(日) 22:07:32.85 ID:E9Pkk2wC

数分後
  

絵里「……本当にマイウェイ歌えるの?」

かのん「全然全然!全然大丈夫だから!」

希「大丈夫って…さっき裏でチラッと見たけど…若菜ちゃんに歌い方の指導してもらってたでメイちゃん」

穂乃果「ええ!?じ、じゃあガチの即興なの!?」

凛「そんないきなり歌えっこないよ…」

絵里「本当に大丈夫なの?」

かのん「大丈夫大丈夫!だっングッ…あのっ…」

希「ん?」

絵里「え?」

穂乃果「痰切ってから喋りなよ…」

凛「ンフフッw」

かのん「っw……音楽お願いします!」

 

21:(庭) 2023/12/24(日) 22:09:47.86 ID:E9Pkk2wC

(BGM : My Way / Frank Sinatra )

  
〜♪

ガチャッ
  

メイ(フランク・シナトラ衣装)「And now 〜♪the end is near And〜♪so I face〜♪the final curtain〜♪」スタスタスタ
  

絵里「ンフフフフッwww」

穂乃果「うわ、凄っ…本当に即興で歌えてる…」

希「意外な特技やね…」

凛「これもしかしたら本当に…」

かのん「頑張ってメイちゃん…!」
  

メイ「I’ve lived a life that’s full〜♪I traveled each and every highway〜♪And more,〜♪much more than this〜♪I did it …my〜way〜♪」スッ

にこ「っw」プルプルッ

  
絵里「なんて良い発音…にこも感動してるわ」

希「どう見ても失笑してるやんにこっち」

穂乃果「ンッww……良いよメイちゃん!頑張って!」
  

 

22:(庭) 2023/12/24(日) 22:10:53.91 ID:E9Pkk2wC

2分経過

  
〜♪

メイ「To say the things〜♪he truly feels〜♪And not the words〜♪of one who kneels〜♪」

にこ「…」
  

絵里「…」

穂乃果「…」

希「…」

凛「…」

かのん「…」パチッ パチッ

四季「…」パチッ パチッ
  

メイ「The record shows〜♪I took the blows…And did it …my〜way〜♪」

ジャ-ン…

かのん「頑張ったよメイちゃん!」パチパチパチッ

四季「…」パチパチパチッ

メイ「…先輩」スッ

にこ「……あ、にここれから仕事があるのよ」ガタッ

メイ「え」

 

23:(庭) 2023/12/24(日) 22:11:37.58 ID:E9Pkk2wC

穂乃果「あ、そうなの?」

にこ「ええ…ほら、夏美のCMの…」

絵里「あ〜そうだったのね…」

にこ「そうそう、あれ撮らなきゃいけないのよ。だからにこ先帰るわね?」

希「うんうん、分かってるよってに!」

凛「ンフフッw」

かのん「えっ…ちょっ…」

にこ「もう時間無いから行くわね?お疲れ」ガチャッ

穂乃果「うん!お疲れ様!」

凛「また明日にゃ〜」

絵里「お疲れ様」

希「お疲れ〜」フリフリッ

 

24:(庭) 2023/12/24(日) 22:13:23.67 ID:E9Pkk2wC

バタンッ

  
希「…いやー惜しかったなぁ…」

絵里「そうね…今度こそいけると思ったんだけど…中々上手くいかないわね」

メイ「…おい!おいっ!!」スッ

穂乃果「ンフッwな、何?wどうしたのメイちゃん?」

凛「そんなマイクを突き出されても…」

メイ「話が違うじゃねぇか!!」クワッ

穂乃果「うーん…でも今のはいけてたと思うよ?」

メイ「全然振り向かねぇじゃねぇかよっ!!」

希「いやっ…まぁ今回はタイミングが悪かったんちゃう?」

絵里「そうね、仕事が無かったらあなたに振り向いてたと思うわ」

かのん「ち、ちょっとどうするの!?にこちゃん行っちゃったじゃん!メイちゃん行かないと!今ならまだ追いかけられるから行こう!」

メイ「そ、そうだな!」

絵里「いやっでもにこはこれから仕事だから…」

凛「そうだよ…今日は諦めよう?」

かのん「行こうメイちゃん!にこちゃんの今日のスケジュールは結ヶ丘でCM撮影だから!結ヶ丘に戻ろう!」ダッ!

メイ「おうっ!」ダッ!

四季「…」ダッ!

穂乃果「ちょ…ダメだって行っちゃ!戻って来て!」

凛「あぁ…行っちゃったにゃ…」

絵里「また私達が尻拭いする流れなのね…」

希「も〜…またにこっちにどやされるやんウチら…」

穂乃果「もうこれはしょうがないよ…どっちみち行かないともっと怒られるから」

凛「3人は結ヶ丘に行くって行ってたにゃ」

希「何気に初やんね。ウチら結ヶ丘行くの」

絵里「そうね…こんな形で結ヶ丘に行きたくは無いんだけど…」

穂乃果「それじゃあ追いかけよっか」

 

25:(庭) 2023/12/24(日) 22:14:16.89 ID:E9Pkk2wC

スッ

希「…というか何でかのんちゃんはにこっちのスケジュール知ってたん?ウチらも知らんかったのに」スタスタ

絵里「メイちゃんよりあの子の方がストーカー染みてるわよね」スタスタ

穂乃果「ンフフフフッwww」スタスタ

凛「www」スタスタ

スタスタスタ…

 

26:(庭) 2023/12/24(日) 22:15:29.92 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───
結ヶ丘女子高等学校 屋上

  

スタスタ

穂乃果「へぇ〜これが結ヶ丘なんだね」スタスタ

絵里「新設校なだけあって校舎も凄く綺麗ね」スタスタ

凛「制服もお洒落だにゃ〜」スタスタ

かのん「にこちゃんはこっちだよ!」スタスタ

メイ「お、おう」スタスタ

四季「…」スタスタ

希「ちょっともうやめようやメイちゃん…にこっちに怒られるで…」スタスタ

かのん「…あ!いたいた!あそこ!」スッ

  

  

夏美「─────!」

にこ「────?」

  

  

かのん「にこちゃんいたよ!」

絵里「このシーンは屋上で缶コーヒーを飲みながら黄昏れるシーンね」

かのん「どうする?行く?」

メイ「いやっ…もう行くしかねぇよ!行くしかねぇ!」

希「いやっ…アカンってメイちゃん…こんな寒い所で邪魔されたら腹立つで…?」

穂乃果「もうやめようよ…」

凛「凄いピリピリしてるよ…?」

 

27:(庭) 2023/12/24(日) 22:16:42.66 ID:E9Pkk2wC

メイ「ここまで来たら行くしかねぇよもう!」

かのん「ねぇ、ちょっと何か無いの?」

絵里「ンフフフッw」

希「何か無いのって何やねんwww」

穂乃果「えぇ?にこちゃんのタイプでしょ?あのねぇ…まぁベタというか意外というか…レースクイーンみたいな…のはにこちゃん好きだよ?」

絵里「あー…意外とにこ好きよねそれ」

希「まぁみんな好きやけどな」

凛「そうだねぇ…」

メイ「ベタだなおい…」

かのん「ねぇ、エリチカ本当?」

絵里「ンフッw…エリチカって…いや、まぁ本当だけど…」

かのん「ねぇメイちゃん、エリチカ信じよう?」

メイ「お、おう、そうしよう!でもなぁ…レースクイーンっつっても…どうしようもねぇからなぁ…」

穂乃果「いや、無理でしょそんな…いきなり」

凛「格好が全然…」

メイ「レオタードだからなぁ…」

希「いやっ…レオタードだからっていう問題じゃないで?」

絵里「モラルの問題よ」

希「ホンマホンマ、道徳の問題や」

凛「クフフッww」プルプルッ

穂乃果「…じゃあもう諦めるって事で………」

かのん「あああーーーーーーーーーーーーっ!!!!!?」

穂乃果「…どうしたの?」

希「あんま大きな声出さんといてや…」

 

28:(庭) 2023/12/24(日) 22:17:59.85 ID:E9Pkk2wC

かのん「見てメイちゃん!あんな所に……」スッ

  

  

  
レースクイーン「…」スタスタ
  

  

  
かのん「レースクイーンがいる!」

メイ「おおっ…!!」

絵里「ブフフフフフッwww」

希「何で学校にレースクイーンがおんねんwww」

穂乃果「おかしいでしょどう考えてもwww」

凛「こんなシチュエーション絶対ありえないよ…」

かのん「ねぇ!脱がしちゃおうよみんなで!」

メイ「おう!そうしよう!」ダッ!

四季「…!」ダッ!

穂乃果「えぇっ!?ダメだって!あの人も仕事だよきっと!」

希「学校でレースクイーンの仕事なんてあるん
…?」

凛「ンフフフッwww」プルプルッ

絵里「いやっ…まぁ脱がすのは視聴者的には有りだけど…」

 

29:(庭) 2023/12/24(日) 22:19:02.63 ID:E9Pkk2wC

  
タッタッタッタッ
  

メイ「おい!おーいお前っ!」タッタッタッ

  
  
絵里「おーいって…」

穂乃果「本当に脱がす気なのかな?」

  
  
メイ「こっち来い!」グイッ

四季「…!」グイッ

レースクイーン「きゃ!」グッ

かのん「ほらこっちだよ!」スッ
  

  
  
絵里「ブフフフフフッwww」

凛「うわうわうわ…」

希「完全に誘拐犯の手口やんwww」

穂乃果「ンフフフフッwww」

 

30:(庭) 2023/12/24(日) 22:19:56.93 ID:E9Pkk2wC

タッタッタッタッ

  
穂乃果「…行っちゃった…」

絵里「どうかあのままフェードアウトしてくれないかしら…」

希「ウチらこれからどうする?」

凛「凛はこのまま学校の中探検したいにゃ!」

絵里「それも良いわね…折角だし他校の見学っていうのも悪くは……」

夏美「…はい、本番行きますの〜!!」

穂乃果「あ、今から本番始まるみたいだね」

絵里「そうみたいね。とりあえず撮影が終わるまで待ちましょう」

 

31:(庭) 2023/12/24(日) 22:20:54.42 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───

夏美「本番よーい!スタート!」カチッ!

  

  

ヒュゥウウウウウウウ…
  
にこ『……………ふぅ…寒いわねぇ…』スッ

カチッ

にこ『っ!』クイッ

ゴクゴクッ

にこ『っ…ハァ〜…』プハッ

スタスタスタ

メイ(レースクイーン姿)『うぅっ……寒っ…!』ブルブルッ

にこ『えっ』

  
夏美「カットッカットォッ!!何ですのあの馬鹿は!?」カチッ!
  

絵里「ブフフフフフッwww」

希「急に現れよったwww」

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「www」

 

32:(庭) 2023/12/24(日) 22:21:49.46 ID:E9Pkk2wC

にこ「何してんのよあんたはぁ!」バチンッ!

メイ「痛っ…!…ほれ!ほれ!」ブルブルッ

にこ「ほれって何よ!」

メイ「ほれ!ほれどうだ!」ブルブルッ

にこ「ッ…ww」プルプルッ

  
希「寒そうやなーwww」

穂乃果「滅茶苦茶震えてるじゃんwww」

かのん「頑張ってメイちゃん!」

四季「…」

絵里「えっ?あなた達いつの間に帰ってきたの?」

凛「全然気配無かったにゃ…」

  
メイ「ほれ!ほれどうだ!」ブルブルッ

にこ「帰りなさいよ!!仕事中なのが分からないの!?」ギュムッ!

メイ「痛い痛い痛い痛い痛い痛いっ!」ギリギリギリッ

  
凛「あ!メイちゃんが襲われてるにゃ!」

希「アカンアカン!かのんちゃん止めに行かな!」

かのん「今行くよメイちゃん!」ダッ!

四季「…!」ダッ!

 

33:(庭) 2023/12/24(日) 22:22:41.88 ID:E9Pkk2wC

にこ「大体その格好何なのよ!?馬鹿じゃないの!?」ギリギリギリッ

メイ「痛い!痛い痛い痛いっ!!」ギリギリギリッ

タッタッタッ

かのん「にこちゃんやめて!」ガシッ

にこ「何よ!離しなさいよ!仕事中なのよこっちは!」バッ!

スタスタスタ

穂乃果「ごめんにこちゃん!邪魔するつもりは無かったんだけど…」

にこ「…何してんのよあんた達!?」

絵里「いや、本当にごめんなさい毎回毎回…」

にこ「仕事だって言ったじゃないの!!何連れて来てんのよ!?」

凛「ごめんなさい…」

希「ほら、もう帰ろ帰ろ!」スッ

かのん「な、何で!?」

希「いやもうええからええから…」

かのん「何が駄目なの!?」

絵里「いやっ…今CM撮影中だから…」

穂乃果「空気読もうよかのんちゃん…」

にこ「…何が駄目なのってあんた何言ってんのよ!!」ワシワシッ

ノc√*>ᵛ. <*b「ん”ん”ん”ーーっ///」ビクッ ビクッ

絵里「ブフフフフフッwww」

希「何回揉まれんねんwww」

 

34:(庭) 2023/12/24(日) 22:23:40.77 ID:E9Pkk2wC

にこ「っ!」モミモミッ

ノc√*>ᵛ. <*b「///」ビクッ ビクッ

希「長い長い長いwww」

凛「クフフフフッwww」

穂乃果「ちょ、にこちゃん駄目だって!ちょっと!」バッ

ノc√*・ᵛ. ・*b「///」

絵里「あなたも少しは抵抗しなさいよ…」

希「何でかのんちゃんはいつもそんなリアクションやねん!」

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「www」

にこ「…帰りなさいよ!!!!!仕事の邪魔すんな!!!!!」クワッ

絵里「ごめんなさいね…ほら、帰るわよ」スッ

希「自分らも謝っときや!」

メイ「好きなんだろ!?」

希「ンフッw」

絵里「ンフフッw」

にこ「っw」クルッ

凛「ちょ、メイちゃん!」

にこ「…帰れ早くっ!!!!!」

メイ「この格好が好きなんだろ!?」

穂乃果「もういいって!早く帰るよ!」スッ

 

35:(庭) 2023/12/24(日) 22:25:03.09 ID:E9Pkk2wC

スタスタスタ
  
  
メイ「…どういう事だよお前ら!?全然っ…!!」

穂乃果「いやっ…レースクイーンは本当に好きなんだよ?」

凛「そうそう、好きなんだけどね?」

メイ「違うじゃねぇかよ言ってる事がよぉ!!!!!」クワッ

絵里「違うじゃねぇかよって…お前がレースクイーンじゃねぇじゃねぇかよ」

凛「ンフフフフッww」プルプルッ

絵里「大体あなたラブライブ予選が終わったからって太り過ぎよ…ちょっと食べ過ぎなんじゃないの?」

希「あんこ型にも程があるで」

穂乃果「本選なんてあっという間に来るよ?」

メイ「いいだろうが別に!!それよりどうすんだよこれからよぉ!!」

希「どうすんだよって…帰って寝ろや…ひとしきり」

凛「フフッw」

穂乃果「うん、一回寝た方がいいよ」

メイ「そんなん言われたって…」

夏美「…はい、カット〜!!それでは撤収しますの〜!!」カチッ!

にこ「ふぅ…」スッ

絵里「…あ、撤収するみたいよ」

穂乃果「あ、ホントだ」

メイ「おいっ!!どうすんだよ!?」

希「どうすんだよって…もう終わりや」

 

36:(庭) 2023/12/24(日) 22:25:57.87 ID:E9Pkk2wC

かのん「あぁっ…!にこちゃんが行っちゃうっ…!追いかけよう!」ダッ!

メイ「おう!行くしかねぇよ!」ダッ!

四季「…」ダッ!

穂乃果「いやもういいってだから!追いかけなくていいよ!」

凛「またにこちゃんに怒られるにゃ…」

穂乃果「しょうがないよ…被害が出る前に止めに行こう」

希「もういい加減にしてやホンマに…」スッ

スタスタスタ

絵里「…若菜ちゃんはいつになったら喋るのかしら」

希「ンフッwww」

穂乃果「気にする所そこなんだwww」

スタスタスタ…

 

37:(庭) 2023/12/24(日) 22:27:02.15 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───
理事長室

  
  
穂乃果「…ねぇ、もうやめようよ3人共…もう帰ろう?」

希「もう無理やって…にこっちにシバかれるで自分ら…」

かのん「…あ!いたいたいた!」スッ

  

  

夏美「─────!──!」

にこ「────」

冬毬「─────」

理事長「───」

  

  

かのん「ほら!にこちゃんいたよ!」

メイ「ほ、ホントだ…!」

希「いやっ…まぁおるけど…」

絵里「このシーンは部下と一緒に名刺交換した後、相手の社長と取引を始めるシーンね」

凛「あれって結ヶ丘の理事長だよね?」

穂乃果「理事長もCMに出るんだ…」

 

38:(庭) 2023/12/24(日) 22:29:47.99 ID:E9Pkk2wC

かのん「ねぇ、次どうする?」

絵里「いやっ…次どうするじゃないわよ…このまま帰りたいのよ…」

希「そうやで…それにさっき怒られたやないか」

かのん「だから、次で成功すれば良いんだよ!ね?」

メイ「そ、そうだよ!何しに来たんだよここまで!」

かのん「ホントだよ!どうしたらいい?」

絵里「…あなたは何でそんな、率先してガンガンやってるわけ?」

凛「確かに、メイちゃんより積極的だにゃ」

かのん「早くしようよ!」

希「ングッ…」

凛「ンフッw」

かのん「早く次行こうよ!何かあるでしょ?こんだけいんだからさ!」チラッチラッ

絵里「ンフフフフッww」

穂乃果「またカンペチラ見してるよ…」

メイ「ほら早く!何かあるだろ!」

凛「うーん……凛が一個聞いたのは…あのー…ハリウッドに通用するような女の子が好きっていうのは昔聞いたことあるにゃ」

絵里「あーそうねぇ…」

希「まぁせやなぁ…宇宙ナンバー1アイドルに吊り合うならそれぐらいやないとアカンな」

穂乃果「うんうん、そうだね!」

メイ「いやっ…ハリウッドって…具体的にどうすればいいんだよ!」

 

39:(庭) 2023/12/24(日) 22:31:00.03 ID:E9Pkk2wC

凛「ほら、例えば…日本の映画…リングとか」

穂乃果「あー…」

希「あー貞子のな?」

凛「そうそう、昔向こうで作られたりとかしたから」

絵里「いやっ…でもそれはもう…話にならないわよ」

希「まぁ次元が全然違うしなぁ…」

メイ「じゃあどうすりゃいいんだよ!?」

絵里「うーんそうねぇ…今ここに、貞子になりきる為のワンピースがあれば話は別なんだけど…」

穂乃果「まぁあればだけど…学校にそんな物があるわけ………」

かのん「あああーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!?」

穂乃果「…え?どうしたの?」

 

40:(庭) 2023/12/24(日) 22:32:10.09 ID:E9Pkk2wC

かのん「あ、あれ!」スッ

ドスドスドスドスッ

  
絵里「ドスドスドスドス…」

穂乃果「ンフフフフッwww」

希「かのんちゃんもちょっと太ってるやん」

  
かのん「ねぇメイちゃん!これ使おうよ!」スッ  
  

カーテン「」
  

かのん「これだったらワンピースに出来るって!」

メイ「あ!ホントだ!すげぇ!」

かのん「えいっ!」ブチッ!

  
絵里「ンフフフフッwww」

穂乃果「え、ちょ、何してるのかのんちゃん!?」

希「それ学校の備品やろ!?何してんねん勝手に!?」

凛「クフフフフッwww」

  
かのん「これでワンピースになるよ!行こう!」ダッ!

メイ「おう!」ダッ!

四季「…」ダッ!

  
希「いやどこ行くねん!?戻ってきーや!」

穂乃果「行っちゃった…」

絵里「あの子達自分達のホームだからってやりたい放題ね」

 

41:(庭) 2023/12/24(日) 22:32:59.74 ID:E9Pkk2wC

数分後

夏美「…はい、本番行きますの〜!!」

凛「あ、本番始まるみたいだよ」

希「なぁ…ホンマにやめようやかのんちゃん…」

かのん「大丈夫大丈夫!仕込みはバッチリだから!」

穂乃果「仕込みって…何したの一体…?」

絵里「とりあえず様子を見てみましょう」

 

42:(庭) 2023/12/24(日) 22:33:55.21 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───

夏美「本番よーい!スタート!」カチッ!

  

  
にこ『…えー初めまして、私が課長の矢澤です!』スッ

理事長『ええ、初めまして』スッ

にこ『そしてこちらが、部下の鬼塚です』

冬毬『よろしくお願いします』スッ

理事長『こちらこそ…どうぞお掛けください』

にこ『あ、はい!…社長、今日は是非ともお話の方をよろしくお願いします!』ペコッ

  
バコッ!!!!!

  
にこ『っ!?』ビクッ

ノッソ ノッソ

にこ『…?』クルッ

m川„ჾ˰川m『…』ノッソ ノッソ

にこ『』

  
  
夏美「カァーーーットッ!!何か気持ち悪い女が映ってますの!!」カチッ!

  
絵里「ンフフフフッwww」

希「気持ち悪い言われとるがなwww」

穂乃果「まさかテレビから出てくるなんて…」

凛「どうやってあのテレビに入ったの…?」

 

43:(庭) 2023/12/24(日) 22:35:40.43 ID:E9Pkk2wC

にこ「………」

メイ「…!くっ…!わ、枠に引っかかって…!」ガッ

にこ「太り過ぎなのよあんたはぁ!!」ガシッ!

メイ「あ”あ”あ”ぁーーーーっ!!!待ってぇ!!服が裏返るぅ!!」グググッ

  
絵里「ブフフフフフッwww」

凛「あーあ…」

希「ケツ思いっ切り掴まれとるやんwww」

穂乃果「ヤバい!放送コードに引っかかっちゃう!止めに行かないと!」ダッ!

  
にこ「お、重っ…!あ、あんた体重増えすぎよっ…!」グググッ!

メイ「あっ…ちょ…待っ…ホ、ホントにっ…!ホントにパ  がズレるからっ…!」ギュッ

タッタッタッ

穂乃果「にこちゃん駄目だって!落ち着いて!」ガシッ

希「ごめんにこっち!ホンマにごめん!」

絵里「メイちゃん早くテレビから出て!」

かのん「大丈夫メイちゃん?」グイッ

メイ「ちょっ…!痛っ…!」ドサッ

希「ケツ丸見えやんwww」

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「www」

にこ「っ…何してんのよあんた達さっきからぁ!!!!!」クワッ

穂乃果「あの…本当にごめん…こんな、邪魔するつもりじゃなかったんだけど…」

絵里「もう…何してるのよメイちゃん…」

 

44:(庭) 2023/12/24(日) 22:36:45.51 ID:E9Pkk2wC

メイ「…貞子じゃねぇかよ!!」

絵里「貞子じゃねぇかよって…あなた関係ないわよそれは…」

にこ「連れて来んじゃないわよ!!」モミモミッ

かのん「んっ///」ビクッ ビクッ

希「ちょ、アカンってにこっち!…かのんちゃんもちょっとは嫌がれや!」

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「www」

にこ「連れて来んじゃないわよ!」ワシワシッ

かのん「い、痛い…///」ジンジンッ

絵里「痛いってwww」

希「ンフッwwwなんやねん痛いってwww」

にこ「本番中って言ってるでしょうが!!」

穂乃果「ご、ごめんねにこちゃん…ほら、帰るよみんな!」スッ

絵里「ごめんなさいね…行きましょうか」スッ

  

にこ「もういい加減にしなさいよあんた達…もうちょっとでメイのマ○コに指が入る所だったわよ」

  

絵里「ブフフフフフッwww」

希「ンフフフフッwww」

凛「www」

穂乃果「www……そ、それじゃあ!」スッ

 

45:(庭) 2023/12/24(日) 22:38:00.54 ID:E9Pkk2wC

スタスタスタ

希「ちょっともうアカンってホンマに…」

メイ「話が違うじゃねぇかよっ!!!!!」クワッ

希「話が違うじゃねぇかって…」

メイ「どういう事だよ!!!!?」

穂乃果「いやっ…ちょっと冷静になろうよメイちゃん…」

絵里「…大体、何で下にその黒い下着を履いてるわけ?」

メイ「し、下着じゃねぇか!」

絵里「いやだってもう、意味が分からないのよ…貞子はそんな下着履かないわよ」

凛「そうにゃそうにゃ」

メイ「…どうすりゃ良いんだよじゃあよぉ!!」

絵里「いやもういいってだから…」

メイ「言えよ!下着の指定もよぉ!!」

絵里「ンフフフフッwww」

希「知らんがなそんなのwww」

  
夏美「…はい、カット〜!!それでは撤収〜!!」カチッ!

にこ「はぁ〜…終わったぁ〜」スッ
  

凛「あ、終わったみたいだよ」

メイ「おいどうすんだよこれよぉ!!」

希「いやっ…もう諦めようや」

穂乃果「もう帰ろうよ…」

かのん「マ、マズいよ!行くよメイちゃん!いくよね!?」

メイ「おう!行くしかねぇよ!」ダッ!

四季「…」ダッ!

希「ちょ、どこ行くねん!?」

穂乃果「メイちゃん駄目だって!」

絵里「…あの子達は諦めるという事を知らないわね…」

穂乃果「ちょっ…追いかけよう!また何か変な事する前に!」スッ

スタスタスタ…

 

46:(庭) 2023/12/24(日) 22:39:08.02 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───
茶道部 部室

  
穂乃果「もうやめとこうよメイちゃん…」

希「ホンマやで…言うこと聞きや自分ら…」

かのん「…あ!いたいたいた!ほら!」スッ

  

  

夏美「───────!」

にこ「────?」

冬毬「───」

理事長「──────」

  

  

かのん「あそこにいたよ!」

絵里「このシーンは料亭で相手の社長に接待するシーンね」

凛「結ヶ丘に茶道部なんてあったの…?」

希「アニメでも描写されてないんちゃう?」

 

47:(庭) 2023/12/24(日) 22:40:01.98 ID:E9Pkk2wC

穂乃果「ねぇ、あと何回やるの…?」

メイ「何回じゃねぇだろうが!!工 まんコラァ!!」

絵里「ンフフフフッwww」

希「まだそのあだ名覚えてたんかwww」

穂乃果「ちょっ…だからやめてよその名前は!工 まんじゃないから穂乃果は!」

メイ「どうにかしろよ!」

絵里「どうにかって…」

かのん「私達もさぁ…怒りたくて怒ってんじゃないんだよねぇ」

穂乃果「え…?」

かのん「なんトっ…かしてくれるんでしょ?やっぱり」

凛「ん?」

絵里「え?」

希「…よお聞いてみたら噛んだだけやん」

凛「ンフフフフッwww」

穂乃果「そうだよねwww噛み過ぎだよかのんちゃんwww」

かのん「っ…w」ウツムキ

 

48:(庭) 2023/12/24(日) 22:41:15.13 ID:E9Pkk2wC

絵里「www……いやっ…そうねぇ…でもにこはやっぱり…新鮮な女の子が好きなのよ」

希「あーせやなぁ…」

絵里「もっとこう、フレッシュ溢れるような女の子に惹かれるわけなのよ」

穂乃果「確かにねぇ…学校のパソコンでよく新人アイドルのチェックしてたし」

凛「まあそれはよく見かけるにゃ」

メイ「おい本当かその話?」

絵里「ええ、それで新人ホストとかにラブにこアタックかましてたから…にこは」

希「ンフッwww」

穂乃果「ンッwwwそれはあんまり言わない方がいいよwww」

凛「クフフフフッwww」プルプルッ

メイ「つってもよぉ…どうすりゃいいんだよ新鮮な女ってよぉ!」

絵里「どうすんだよって…だから帰りましょうよ」

穂乃果「うん、帰ろう?」

メイ「帰って何があるんだよじゃあ!?」

穂乃果「何がって…メイちゃん結婚したんでしょ?だったら旦那と………」

かのん「あああーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!?」

絵里「…え?何?」

凛「あ、何かあそこに桶が置いてあるよ」

希「え?何やあれ?」

 

49:(庭) 2023/12/24(日) 22:43:41.92 ID:E9Pkk2wC

かのん「あ、あれっ…!」スッ

タッタッタッタッ

  
  
鯛「…」
  
  
  
かのん「鯛だよ!生きてるよ!」

メイ「うわ!ホントだ!すげぇ!」

穂乃果「ええっ!?どういう事!?」

絵里「ちょっと意味が分からないわね…」

凛「これも…偶然なの…?」

希「絶対偶然やないやろ…誰か用意したやん」

 

50:(庭) 2023/12/24(日) 22:44:57.61 ID:E9Pkk2wC

  
四季「…」ヒョイッ

鯛「…!」ピチピチピチッ!

かのん「うわっ!すっごい活きが良いよメイちゃん!」

メイ「お、おぉ…!」

  
絵里「若菜ちゃんはあの状況で一言も喋らないわね…」

希「今日ホンマ喋らんなぁ…」

穂乃果「せめて『わぁー』ってビックリしたらいいのに…」

  
かのん「メイちゃん鯛だよ!あの鯛でさ……………」ゴニョゴニョゴニョ

メイ「……良いなそれ!よし行くぞ!」ダッ!

四季「…」ダッ!

鯛「…!」ピチピチピチッ!

  
希「え、何やねんな一体!?」

穂乃果「その鯛でどうする気なの!?」

凛「絶対碌な事しないにゃ…」

絵里「いやもう…若菜ちゃんはいい加減喋りなさいよ…」

穂乃果「ずっと黙ったまんまだからね…」

希「…それよりどうする?またあの子ら行ってもうたで」

凛「もうこれで何回目なの?」

絵里「数えたら霧が無いわ…」

夏美「…はい、本番行きますの〜!!」

穂乃果「あ、本番始まるみたいだよ」

絵里「何かしら…もう嫌な予感しかしないわ」

 

51:(庭) 2023/12/24(日) 22:46:26.51 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───

夏美「本番よーい!スタート!」カチッ!

  

  
にこ『社長!今日は存分にお楽しみください!』

理事長『そう?それじゃあ…お言葉に甘えようかしら』

にこ『はい!どうぞどうぞ!』

冬毬『…課長、そろそろ』

にこ『あ、そうね…それでは社長!そろそろ飲みましょうか!仲居さんお願いしまーす!』パンパンッ

???『はーい!』

ガラガラッ

かのん『お待たせしましたー!』スッ

にこ『いえいえ…そんな事は………』クルッ

メイ(女体盛り)『………』キュラキュラキュラッ

にこ『( д) ゚ ゚』

  

夏美「カットカットカットォッ!!ふ、不審者…!完全に不審者ですの!!」カチッ!

  
凛「うわぁっ!?何あれ!?」

絵里「ブフフフフフフフフフッwwwwww」

穂乃果「ンハハハハハハハハハッwwwwww」

希「何してんねんメイちゃんwwwwww」

 

52:(庭) 2023/12/24(日) 22:47:59.30 ID:E9Pkk2wC

  
にこ「」

メイ「ほれ!食えよ!新鮮な鯛だ!食えよ!」

にこ「っ……ッッwww」プルプルッ

  
絵里「何してるのよあの子…」

穂乃果「もう何もかも履き違えてるね…」

希「履き違えてるなぁ…」

  
メイ「ほら!早く食えよ!」

にこ「ッwww……ちょっと!いるんでしょあんた達!こっち来なさい!」

  
穂乃果「あ、呼ばれた」

希「も〜…またウチら怒られるやん…」スッ

スタスタスタ

絵里「ちょっとメイちゃん、一旦にこに謝りましょう」

メイ「話が違うじゃねぇかよ!!」クワッ

絵里「いやっ…話が違うじゃないのよ…」

凛「ンフフッw」

メイ「どうすんだよこれ!!」

絵里「どうすんだよって、こっちが言いたいわよ!どうするのよあなた!」

希「ンフフフフッwww」

穂乃果「www」

絵里「とりあえず謝りなさいみんなに」

メイ「悪い事ひとつもしてねぇよ!!」

穂乃果「いや滅茶苦茶してるじゃん…」

メイ「新鮮な女が好きだって言うからやったんだろうが!!全然来ねぇじゃねぇかよ!!」

希「当たり前やんか…全てにおいて履き違え過ぎやでホンマ」

 

53:(庭) 2023/12/24(日) 22:49:18.55 ID:E9Pkk2wC

にこ「…大体あんた、よく理事長の前で貞子だの女体盛りだの出来たわねぇ!?」

絵里「ブフフフフフッwww」

穂乃果「ンハハハハッwww」

希「それはそうやwww」

凛「クフフフフッwww」

にこ「知らないわよ内申点下がっても!?」

メイ「ほら食えよ!いいから!」

にこ「ッ…ww……じゃあにこ撤収するわね?もう邪魔しないでよ」

穂乃果「あ、うん…お疲れ」

絵里「ごめんなさいね本当…」

スッ
  
にこ「次どこ?」スタスタ

夏美「このまま喫茶店で撮影ですの!」スタスタ

 

54:(庭) 2023/12/24(日) 22:50:28.10 ID:E9Pkk2wC

スタスタスタ

かのん「あ、あぁ…!にこちゃんが行っちゃう…!どうしよう…!」オロオロ

穂乃果「いやもう帰ろう?」

凛「うん…にこちゃんの邪魔しちゃ駄目だよ…」

かのん「で、でも…!このままじゃ終われないよねメイちゃん!」

メイ「おふぁれふぇよっ!!」モグモグッ

絵里「ンフッwww」

希「何刺身食ってんねんwww」

穂乃果「お腹空いてたのかなwww」

かのん「ちょっと私先回って行ってるから!」

絵里「何でよ…もういいでしょう…」

かのん「私達先行ってるからね!」ダッ!

四季「…」ダッ!

穂乃果「ちょ、かのんちゃん駄目だって!行っちゃった…」

絵里「何なのかしらあの執念は…」

希「メイちゃんよりかのんちゃん方がアカンやろ絶対…」

凛「メイちゃん置いてかれちゃったけど…」

絵里「そうね…どうするメイちゃん?」

メイ「…行くしかねぇ!」

希「どうやって行くねんその格好で」

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「www」

 

55:(庭) 2023/12/24(日) 22:51:55.77 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───
喫茶店

  

穂乃果「…ここってかのんちゃんの喫茶店だよね?」

絵里「最後の撮影場所がここなのね」

凛「…あ、フクロウがいるにゃ!かわいい!」

希「なあもうやめようや自分ら…こんなんやってもにこっちは振り向かんって…」

かのん「…あ!いるいるいる!あそこ!」スッ

  

  

夏美「─────!」

にこ「────」

冬毬「───」

ありあ「───」

  

  

かのん「にこちゃんいたよ!」

希「いやっ…そりゃおるやろ…」

絵里「もうこれはどっちみち駄目でしょう本当に」

穂乃果「そうだよね…」

 

56:(庭) 2023/12/24(日) 22:54:13.23 ID:E9Pkk2wC

メイ「甘ったれた事言ってんじゃねぇよ!!さっきからよぉ!!」

絵里「ンフッ…」プルプルッ

希「何やねんその良い方っ…」プルプルッ

メイ「どうすんだよ!?」

かのん「ホントだよ!」

絵里「どうするのって言われても…」

かのん「さっきから言われた通りにやってるけどさぁ…一個も正解出てないじゃん!どうするの!?」

希「いや言われた通りって…方法が違うから…ウチらが言ってるのとは」

かのん「何が違うの!?」

絵里「……じゃあもう、これは言わないでおこうと思ってたんだけど…ちょっと言うわね?」

メイ「何だよ?」

 

57:(庭) 2023/12/24(日) 22:55:30.02 ID:E9Pkk2wC

絵里「まぁ正直……にこってやっぱり、ド級のSなのよ…ド変態なわけよ…にこは」

穂乃果「あー…それはまぁ…」

希「まぁせやな」

絵里「だからやっぱり…それに見合った女の子じゃないとダメだから…もの凄いMじゃないとにこには刺さらないのよ」

凛「あー…」

穂乃果「確かにねぇ…」

メイ「…つってもお前……そんなMじゃねぇよ!」

絵里「ンフフフフッwww」

希「いやっwホンマはそうなんかもしれんけど…そこをグッと我慢せなアカンから!」

メイ「何とかしろよぉ!!」

絵里「何とかしろって言われても…」

メイ「何年スクールアイドルやってんだよみんなで!」

凛「ンフフフフッ…」プルプルッ

穂乃果「いやっ…やるのはメイちゃんだからね?」

希「だからメイちゃんが、にこっちのS心を擽るような何かをしたらええんちゃう?」

絵里「そうそう、本当ににこってドSなのよ。それこそ放送出来ないほどの」

メイ「出来ねぇよそんなの!」

絵里「そうでしょう?だからもう帰りましょう?」

希「まぁ普通にアカンからな。放送出来ないのは」

穂乃果「うんうん……それじゃあもう帰………」

かのん「あああーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!?」

穂乃果「…え?嘘でしょ…?」

希「喫茶店にあるん?S心擽るやつが…」

 

58:(庭) 2023/12/24(日) 22:56:44.80 ID:E9Pkk2wC

かのん「み、見てこれ!」ヒョイ

  
鞭「」
猿轡「」
  

かのん「バラ鞭に、猿轡!」

メイ「お、おぉ!本当だ!」

絵里「ンフフフフッ…」

希「鞭でええやん…よー知ってたなバラ鞭とか」

穂乃果「ンフッwww」

かのん「これで、メイちゃんもドMになれるじゃん!」

メイ「お、おう!やるしかねぇな!」

かのん「本当にツイてるじゃんもー!」パチンッ

メイ「よし!行くぞ!」ダッ!

四季「…」ダッ!

  
希「腹立つなぁかのんちゃんの演技…」

絵里「ちょっと乳が揺れたわよ」

凛「ンフフフフッwww」

穂乃果「にこちゃんに揉まれて大きくなったのかなwww」

夏美「…はい、本番行きますの〜!!」

希「あ、本番始まるで」

絵里「どうなるのかしら…全く予想がつかないわ」

 

59:(庭) 2023/12/24(日) 22:57:38.47 ID:E9Pkk2wC

────────────────────
──────────────
─────────
───

夏美「本番よーい!スタート!」カチッ!

  

  

にこ『…まあまあ、失敗する時もあるわよ!元気出しなさいって!』

冬毬『はい…』

ありあ『すみません…』

にこ『そんなくよくよするんじゃないわよ!今日はにこの奢りでパーッとやるわよ!』スッ

ありあ『はい!』スッ

にこ『はいお疲れー!』カチッ

ありあ『お疲れ様です!』カチッ

冬毬『お疲れ様です』カチッ

〜♪

にこ『……ん?何この曲?』ゴクッ

 

60:(庭) 2023/12/24(日) 22:58:36.21 ID:E9Pkk2wC

(BGM:ノンフィクション!!)

ガチャッ

  
メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『ビャラ”ふフ”ィィィイイイイイイーーーーーーーーッッッッ!!!!!』

  
にこ『ブーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!?』ブシャアッ!

  
絵里「ブフフフフフフフフフッwwwwww」

穂乃果「ンハハハハハハハハハハハハッwwwwww」

凛「うわぁーっ!?へ、変態にゃあ!?」

希「ンフフフフフフフフッwwwwww」

 

61:(庭) 2023/12/24(日) 23:00:07.56 ID:E9Pkk2wC

〜♪

にこ『』ポタ ポタ

  
メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『フ-ッ…フ-ッ…』クネクネ

かのん『〜♪』クネクネ

四季『〜♪』クネクネ
  

  
絵里「ブフフフフフフフフッwww」

穂乃果「駄目だってこんなのやったらwww」

希「喫茶店にこんなんおったら怖いわwww」

凛「うわぁ…」

  
にこ『』

  
メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『フゥッ…!フゥゥンッ!』クネクネ

かのん『フゥーッ!』クネクネ

四季『〜♪』クネクネ

  
ありあ『www』プルプルッ

  
凛「うわぁ…地獄にゃ地獄…」

絵里「ンフフフフッwww」

希「妹めっちゃ笑ってるやんwww」

穂乃果「かのんちゃんも妹の前でよく出来るねwww」
 

 

62:(庭) 2023/12/24(日) 23:02:06.99 ID:E9Pkk2wC

〜♪

にこ『』
  

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『ゥッ…!フゥゥッ!』クネクネ

四季『〜♪』スッ

バチンッ!

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『オ ” ウ ” ッッッッッ!!!!??』ビクッ!

四季『〜♪』スッ

バチンッ!

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『ン ォ” オ ” ウ ” ッッッッ!!!!??』ビクッ!

かのん『〜♪』ロウソクタラ-

ジュッ!

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『ア”ッフ”ァアア”ッッッ!!!?』ビクッ!
  

絵里「ンフフフフッwww何で後ろの2人はあんなノリノリなのよwww」

希「ここぞの場面で存在感現していくなぁwww」

穂乃果「ンフフフフッwww」

凛「思いっ切り鞭打ちしてるにゃ…」

 

63:(庭) 2023/12/24(日) 23:03:32.70 ID:E9Pkk2wC

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『フゥ-ッ…フゥーッ…!』スッ

にこ『………ハッ!?ちょっ…こ、こっち来んじゃないわよ!!向こう行きなさいよ!!』

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『フゥ-ッ…フゥ-ッ…』クネクネ

かのん『〜♪』クネクネ

四季『〜♪』クネクネ

にこ『フフフフフフッwww』プルプルッ

  
絵里「ブフフフフフッwww」

凛「無駄に踊りのキレが凄まじいにゃ…」

希「普通に怖いわあんなん近づいたらwww」

穂乃果「滅茶苦茶ノリノリじゃんwww」

  
夏美「カァーーーーーーットッ!!いつからここはストリップバーになったんですの!?」

  
絵里「ブフフフフフッwww」プルプルッ

凛「あ、やっとカット入った」

希「おっそwww」

穂乃果「www……いやもう、今のうちに止めに行こうよ!」ダッ!

 

64:(庭) 2023/12/24(日) 23:05:10.98 ID:E9Pkk2wC

にこ「ちょっ…向こう行きなさいよあんた!!」ドンッ!

メイ(全裸で亀甲縛り+猿轡)『フゥ-ッ…フゥ-ッ…』クネクネ

タッタッタッタッ

希「ちょいちょいちょいメイちゃん!アカンって!」

絵里「もう終わりよ!にこから離れなさい!」

にこ「あんた乳丸出しじゃないの!!」

絵里「ブフフフフフッwww」

希「www」

穂乃果「あの、もう終わりだからホント…やめよう?」

メイ「…ひゃわ」

にこ「え?」

メイ「ヒャふぁわッッ!!」クワッ

にこ「いや何言ってんのあんた!?」バッシャアアッ!

メイ「ビャアアアッ!??」ブルッ

穂乃果「ちょっ…ごめんごめんにこちゃん!許してあげて!?」

希「いやホンマアカンって…」

にこ「前透けるから抑えなさい!!」

凛「クフフフフッwww」

希「www」

穂乃果「ほら!メイちゃん前隠して!」サッ

メイ「ヒュッ…」ギチギチッ

絵里「…どれが乳なのよ」

希「ンフフフフッwww」

にこ「ッwww」

穂乃果「いやもう色んな肉が食い込んで分からないよ!」

凛「ちょっと痩せた方がいいよメイちゃん…」

 

65:(庭) 2023/12/24(日) 23:07:01.41 ID:E9Pkk2wC

メイ「っ…どうすんだよこれよぉ!!」バッ

希「…はい?」

メイ「何で振り向かねぇんだよ!!」

絵里「いやっ…鏡見たら答えが分かるでしょう…」

メイ「話が違うじゃねぇかよっ!!」クワッ

かのん「そうだよ!!どうするの!?」

穂乃果「どうするのって…もう無理だから」

かのん「言われた通りにやったじゃん!!何がいけなかったの!?」

希「かのんちゃんも妹の前でようあんな事出来たな…」

凛「終始爆笑してたもんね」

穂乃果「穂乃果だったら無理だよ…妹の前であんな…」

絵里「…そういえばあなた自分の店荒らされてるけど大丈夫なの?」

凛「フクロウも怯えちゃってるにゃ…」

にこ「いやっ…そんな事はいいからもう帰りなさいよ…」

メイ「お前これでまだ終わりじゃねぇからな!?」

絵里「ンフッwww」

穂乃果「まだやる気なのwww」

希「もう終われやいい加減www」

にこ「帰れ早くっ!!撮影の邪魔なのよ!!」

メイ「絶対諦めねぇからなぁ!!首洗って待ってろ矢澤っ!!」ダッ!

かのん「覚えてなさいよ!!」ダッ!

四季「…!」ダッ!

絵里「えっ!?メイちゃんその格好で外出ちゃ駄目よ!」

穂乃果「ンフフフフッwww」

希「ホンマの変態やんwww」

凛「絶対補導されちゃうよ…」

 

66:(庭) 2023/12/24(日) 23:07:47.52 ID:E9Pkk2wC

タッタッタッタッ

  

穂乃果「…行っちゃった…」

希「かのんちゃんは別に行かんでもええやろ…家ここやのに…」

穂乃果「まぁ確かにねw」

凛「何かごめんねにこちゃん…」

にこ「…もういい加減にしなさいよ…これで何度目よ…」

絵里「ごめんなさいね…あの…ちょっと私達も疲れたからこの店で一服してもいいかしら?」

希「あ、ええやんそれ!ウチもちょっと気になってたんよ!この店」

にこ「は?…まあ撮影の邪魔しないならいいけど…」

絵里「ごめんなさいね…ちょっと休憩してすぐ帰るから…」

にこ「…早く帰んなさいよ?」スッ

 

67:(庭) 2023/12/24(日) 23:08:41.07 ID:E9Pkk2wC

スタスタスタ…

  

穂乃果「…はぁ〜疲れたぁ〜…」グッタリ

凛「やっと一息付けるにゃ〜」

希「…あの子らまた来るんかなぁ…」

凛「あの様子じゃまだ諦めてないよ絶対」

穂乃果「いやもう勘弁してほしいよ…」

絵里「……………そういえば」

穂乃果「え?何?」

 

68:(庭) 2023/12/24(日) 23:09:45.42 ID:E9Pkk2wC

絵里「結局、若菜ちゃんは一言も喋らなかったわね」

凛「ンフフフフッwww」

穂乃果「それずっと気になってたんだねwww」

希「変なとこ気にするなぁ絵里ちwww」
  
  
  
  
  
  
  
  
終わり

 

69:(庭) 2023/12/24(日) 23:10:39.30 ID:E9Pkk2wC

元ネタ ガキの使い [クリスマスに森三中がやってきた!]

 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1703421640/

コメント

タイトルとURLをコピーしました