【SS】かのん「助けてぇ…すみれちゃーーん!」【ラブライブ!スーパースター!!】

ラブライブ
Kanon Dragon del Mar - Analisis de Personaje - SS LoJ

【SS】かのん「助けてぇ…すみれちゃーーん!」【ラブライブ!スーパースター!!】

1:(もんじゃ) 2022/08/19(金) 10:07:47.59 ID:BmQzQDqS

かのすみ

 

3:(光) 2022/08/19(金) 10:13:54.09 ID:11zH2NoK

>>1 です

かのん「やばい……やばいよぉ………」

すみれ「ちょっと、どうしたのよ一体」

かのん「あのね……ついさっき可可ちゃんに告白された」

すみれ「は?」

かのん「可可ちゃんに……告白された………」

すちれ「うっそでしょ……」

 

5:(光) 2022/08/19(金) 10:20:22.12 ID:yCPJFP3E

かのん「お話がありマス!って言われて着いて行ったら、その…入学式の日に一目惚れだったって」

すみれ「一応聞くわ、なんて答えたのよ」

かのん「少し考えさせてって」

すみれ「いや、アンタ私と付き合ってるじゃない!そこは
スパッと断りなさいよ!」

かのん「だってぇ……可可ちゃん真剣だったんだもん……」

すみれ「真剣な顔って、私たちだって真剣な付き合いでしよ!」

かのん「でも、私達が付き合ってるのは秘密にしてるし……」

すみれ「そもそもね!その秘密もかのんが恥ずかしいって言ったからよ?この際だしみんなに…」

 

7:(光) 2022/08/19(金) 10:23:58.22 ID:JyXu8ZtX

かのん「ストップ!それはダメ!」

すみれ「はあ?アンタまさか、この期に及んでまだ恥ずかしいとか言う気じゃないでしょうね」

かのん「付き合ってるのを言うのはいいよ?でも、このタイミングだったら可可ちゃんをからかったみたいになるかなって……」

すみれ「それで後回しにしても結果は変わんないでしょ」

かのん「でもぉ……」

 

8:(光) 2022/08/19(金) 10:32:25.18 ID:pFk7SUqn

すみれ「わかったわ……返事をする時に私も同席する、これでいいでしょ?」

かのん「え、そんなことしたら余計に……」

すみれ「余計に拗れるって?大丈夫よ、可可は私が相手だったら素直に感情を出せるはず、捻くれて変な見方はしないし鬱憤を溜めたりもしない…….…はずったらはずよ」

かのん「すみれちゃん……」

すみれ「それにもし何かあったら私がかのんを守るし、最悪ビンタくらいなら全然どんとこいよ」

かのん「す、すみれちゃぁ~~ん」

すみれ「よしよし、それで返事はいつにする?思い切って今から行きましょうか」

かのん「ううん、明日の練習終わりにする」

すみれ「明日の練習終わり……ああ、確か恋と千砂都は早めに上がるんだっけ?」

かのん「うん、ちょうど私達3人だけだし部室に鍵をかければ誰も邪魔は入らないよ」

すみれ「覚悟はいいのね?」

かのん「うん!」

すみれ「なら明日、お互いに頑張りましょ」

 

9:(光) 2022/08/19(金) 10:34:54.26 ID:jtonFW5a

~翌日 昼休み~

かのん「すみれちゃーーーん!」

すみれ「どうしたのよ、まさか怖気付いた?」

かのん「ちぃちゃんに告白されたぁーー!」

すみれ「は!?」

かのん「やばいよ、ちぃちゃんめっちゃ震えてたぁ…」

すみれ「……もしかして小さい時から好きだったとか言われた?」

かのん「小学校の時からだったんだって」

すみれ「えぇ……それかなりやばくない?」

 

10:(光) 2022/08/19(金) 10:36:57.23 ID:DH3B//bA

かのん「だよねぇ……………どうしよう」

すみれ「どうしようじゃないわよ、今までアンタは千砂都の気持ちに気づかなかったの?」

かのん「うん、私の隣に立つに相応しい人間になるまで、誰にも知られないように気持ちを隠してたって」

すみれ「待って、漢らしすぎない?女の子だけど」

かのん「なんか武士って感じだよね~女の子だけど」

すみれ「武士は言い得て妙ね、嵐って苗字も言われてみれば武士感あるし」

かのん「それ思ってた!かっこいいよね嵐!私も澁谷よりもっとかっこいい苗字が良かったなあ…」

すみれ「澁谷も十分かっこいいと思うわよ……ところで……」

かのん「ん、なに?」

 

11:(光) 2022/08/19(金) 10:39:02.19 ID:piDTRnk9

すみれ「……アンタ的に…へ、平安名はどう思う……?」

かのん「えっ………平安名?へあんな………」

かのん「平安名かのんかぁ………えへへ好きかも……///」

すみれ「そう…///」

かのん「あ~すみれちゃん赤くなってる~」ツンツン

すみれ「はあ?かのんだって耳まで真っ赤じゃない」

かのん「私はいいの!スペインの血が入ってるから!」

すみれ「ふふっなにそれ、理由になってないわよ…ほんと必死になっちゃってかわいいわね」

かのん「むう……最初に仕掛けたのはすみれちゃんのクセに…………はっ!」

かのん「現実逃避してる場合じゃない!やばいんだよすみれちゃん!」

 

12:(光) 2022/08/19(金) 10:40:34.76 ID:DOp7UUds

すみれ「そうよね……このままイチャイチャして何もかも忘れてってのは無しよね」

かのん「正直そっちの方が嬉しいんだけどね」

すみれ「アンタがそれ言う?」

かのん「やっぱりダメだよね~」

すみれ「とりあえず今日の可可への返事はどうする?千砂都のこともあるし早めに……」

かのん「いや、可可ちゃんへの返事はもう少し後にしよっかなって」

すみれ令仁「後回しってこと?それで大丈夫?」

かのん「うん!断るにしても今の混乱した頭じゃちゃんと断れないと思う、だから前向きな後回し!」

すみれ「前向きねえ……まあ、かのんが決めたのなら付き合うわよ」

 

13:(光) 2022/08/19(金) 10:42:34.63 ID:DOp7UUds

~さらに翌日~

かのん「す、す、すみれちゃ~~~~~~~ん!!」

すみれ「なによそんなに騒いで……まさか…!」

かのん「うん、恋ちゃんに……」

すみれ「アンタって女は、やたらめったらモテすぎよ!」

かのん「だ、だってえ」

すみれ「だってじゃない!で、恋はなんて?」

かのん「その、恋ちゃんのお母さんの事で色々あったでしょ?その時に親身になってくれて意識し始めたって……」

すみれ「はあ、頭痛い……」

かのん「え、大丈夫?痛み止めあるけど飲む?」

すみれ「誰のせいだと、いやアンタはそこまで悪くないわよね」

すみれ「それにしてもなんでそんなにモテるのよ……」

かのん「なんでだろ………顔?」

 

14:(光) 2022/08/19(金) 10:44:04.29 ID:DOp7UUds

すみれ「顔って……たしかに顔立ちは整ってるし、かわいいと凛々しいが同居してる奇跡みたいな顔面よ、実際ね」

かのん「え、なになに?もしかしてすみれちゃんも私の顔目当てだった?」

すみれ「……100%違うとは言い切れないけど、それだけじゃないわよ」

かのん「えーでもすみれちゃんも顔いいじゃん、私すみれちゃんのお顔大好きだよ?」

すみれ「ありがと、私もかのんのこと大好きよ」ニコ

かのん「…….やばい……めっちゃキスしたい……」

すみれ「は?今の流れでなんでそう……なるわね……うん………一応しとく?」

かのん「いや、全部片付いた後にお願いする、勝利の美酒は勝利の後に飲まなきゃ!」

すみれ「ふふっ変なの」

 

16:(光) 2022/08/19(金) 10:47:20.09 ID:qtvPmW3u

かのん「でね、すみれちゃん聞いて聞いて!」

すみれ「この際だもの、なんでも聞いてあげるわ」

かのん「むっふっふ、私に良い考えがあるんだよ」

すみれ「聞くだけ聞いてあげましょ」

かのん「まずはね、可可ちゃんと付き合う!」

すみれ「は?」

かのん「そして、可可ちゃんが幻滅するようなことをするの、メンバーとしては一緒にいていいけど付き合うのは違うかな~って感じの塩梅でね」

かのん「そうなったらあとは可可ちゃんがフってくれるのを待つ、そしてそれをちぃちゃん恋ちゃんと繰り返していく……どう、完璧じゃない?」

すみれ「却下」

かのん「えぇ~頑張って考えたのに~」

すみれ「頭おかしいんじゃない?」

すみれ「第一、そうして本気で嫌われたらどうするの?それこそLiella!はお終いよ?………それに」

かのん「それに?」

 

17:(光) 2022/08/19(金) 10:49:01.68 ID:qtvPmW3u

すみれ「私はかのんがクズみたいなことするの嫌、そして嘘でも他の人と付き合うのも嫌……だって私のかのんだもん」

かのん「やば……………きゅんってしちゃった」

かのん「ごめん、すみれちゃん……今はそれどころじゃないってわかってるけど…………いいよね?」

すみれ「……でも少しだけよ」

かのん「それは無理かも………んっ」

 

18:(光) 2022/08/19(金) 11:00:50.05 ID:OFU2l/HI

千砂都「いやーまさか2人ともかのんちゃんに告白してたとはね~」

恋「私が告白した時にどうも様子がおかしいと思ったら、立て続けに告白されてかのんさんも困惑してたのですね」

可可「まぁでも?カノンに一番にコクハクしたのはこの可可デスので!一番最初に返事をもらうのも可可なのデス!」

千砂都「あはは、まあそれは順番だもんね」

恋「でも、誰が選ばれても恨みっこなしです!」

千砂都「うん、仲間だけど恋のライバルだね!」

恋「あら?部室の鍵が……………!!?」

可可「レンレンどうしたのデス?まるで幽霊でも見たよう…な゛!」

「くす…….すごくえ ちな顔ね……」

「……んっ……やぁ………カメラやだあ……」

「嫌がることないじゃない?……そのかわいいお顔をみんなに見せてあげて」

「んぅ……んっ……」

「あら?…….カメラを向けてからすごく溢れてきてるわよ……やっぱりかのんはえ ちなのね…」

「あっ………だめっ……………」

可可「………这是梦吗?」

恋「あわわわわわ……////」

千砂都「」

 

19:(光) 2022/08/19(金) 11:02:58.85 ID:OFU2l/HI

その後部室でひとしきり盛り上がっている最中に突撃されたことで開き直って交際宣言をした2人、しばらくの間メンバー同士ギクシャクしたものの千砂都の「すみれちゃんの勝ち!」の一言でなんやかんや丸く収まったとさ。

 

21:(茸) 2022/08/19(金) 11:09:19.67 ID:SvkFo+YB

たすかる

 

22:(茸) 2022/08/19(金) 11:11:27.09 ID:lvxzU4Tt

果たして「丸く収まる」とはどう言った丸なんでしょうね

 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1660871267/