【SS】夏美「きな子にドッキリを仕掛けますの」【ラブライブ!スーパースター!!】

中身なしのひどい小説!「夏美のホタル」森沢明夫著・角川文庫:高評価はサクラ?情弱?高評価にだまされないように!

【SS】夏美「きな子にドッキリを仕掛けますの」【ラブライブ!スーパースター!!】

2:(なっとう) 2022/10/25(火) 20:36:41.55 ID:RelXT7CC

~生徒会室~

メイ「それできな子以外みんな集められたのか…」

すみれ「具体的に何をするのよ。あまり過激なのは賛成できないわよ?」

夏美「安心してほしいですの。パソコンの画面を見て欲しいですの」

可可「これは…部室デスカ?」

かのん「なんか暗いね。もうドッキリを仕掛けてるってこと?」

千砂都「これ、部屋にところどころ置かれてるのアレじゃない?寝そべりのぬいぐるみ。私たちのやつ全員分!」

四季「…いや、よく見るときな子のだけ置かれてない」

 

5:(なっとう) 2022/10/25(火) 20:42:55.24 ID:RelXT7CC

夏美「その通りですの!名付けて、部室に来たらみんながぬいぐるみになっちゃってたドッキリ!」

かのん「そのまんまなんだね」

すみれ「まあでも、部屋の暗さときな子の純粋さで結構うまくいくんじゃない?」

千砂都(かのんちゃんのやつ、私と隣同士で置かれてる)ポー

可可(クク、すみれのと手をつないでるデス)ポー

四季「恋先輩、よく生徒会室使う許可だしたね」

メイ「それは私も思った。なんでだ?」

恋「あはは…」

恋(アレなサイト見てたこと、みんなには内緒にしててくださいね?!)パチパチ

夏美(もちろんですの)パチ

夏美(…最近、きな子にはドキドキされられっぱなしですの。ここらで一回やり返しておきたいところですの)

 

7:(なっとう) 2022/10/25(火) 20:49:53.77 ID:RelXT7CC

夏美「!…きな子が部屋に入ってきましたの!」

夏美「ちなみに、マイクを私のぬいぐるみにつけてますので音もバッチリ聞こえますの」

四季(マイクもカメラも私が貸したんだけどね)

きな子『みなさんお疲れっすー』

きな子『…?』

きな子『ぴいっ?!』ガタガタン

きな子『なんっすかこれ?なんっすかこれ???』キョロキョロ

きな子『……』ジ

夏美「にゃはは、びっくりしてますの。探してもカメラはうまく隠して設置してますの!」

四季(…でも、一瞬いまきな子と目が合ったような)

 

8:(なっとう) 2022/10/25(火) 20:58:00.85 ID:RelXT7CC

きな子『………これは、みんなのぬいぐるみっすか?結構大きいっす』

きな子『私のだけ、ない…もしかしてみんなこれになっちゃったっすか?!』

きな子『どうしよう…これみんなに私の声は届いてるんすかね?』

きな子『…!そうだ!』ゴソゴソ

すみれ「今のところ順調ね。ちょうど動きがあったわよ」

かのん「これは…ぬいぐるみを机に並べてる?」

恋「これは…何をするつもりなんでしょうか?」

ちぃ(あっ…)シュン

くぅ(引きはがされてしまったデス…)シュン

きな子『これでよし。えへへ』ニコー

 

10:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:04:40.19 ID:RelXT7CC

夏美「ぬいぐるみを一列にならべて、何をする気ですの?」

四季「しかも、みんなきな子ちゃんのほうを向かないように置いてある」

メイ「お?夏美のやつを持ち上げたぞ?」

きな子『夏美ちゃん、聞こえてるっすか?聞こえてないっすよね?』

夏美(ふふーん、ホントは聞こえてますの)

きな子『夏美ちゃん…』

きな子『ちゅーっ』チュッ

夏美「」

 

12:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:12:04.77 ID:RelXT7CC

きな子『えへへ~夏美ちゃん?』チュッ

きな子『夏美ちゃん…』ギュー

きな子『…』

きな子『…いつもきな子と手をつなぐとそっぽを向いちゃうのはなんでっすか?』チュ

きな子『ほっぺにしかちゅーしてくれないのはなんでっすか?』チュウ

きな子『きな子が頑張ってちょっとえ ちな格好でお風呂から出てきても、こっち見てくれないのはなんでっすか?』チュー

きな子『…なんで手を出してくれないっすか?』チュチュチュ

きな子『ねえ、夏美ちゃん?』チュ

 

13:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:19:00.86 ID:RelXT7CC

夏美「はやく!消ッ!!消しますの!!!パソコンを閉じますの!!!」ジタバタ

かのん「まあまあ」ガシッ

すみれ「もうちょっともうちょっと」ガシッ

夏美「離しますのー!そうでなければ私をピーしてくださいですのー!!!」

メイ「夏美…」

四季「…」

きな子『夏美ちゃん、今日のお泊りこそはきな子に手を出して欲しいっす』ギュ

きな子『…今日の夜は絶対逃がさないっす。逃げさせないっす』ギュウウ

きな子『覚悟するっす、手段を選ばないっす』ギュウウウウ…モコォ

きな子『あれ?夏美ちゃんのぬいぐるみの口から綿が!あーんごめんっす!!』アタフタ

恋「夏美さん、どうするのですか?…?!」

夏美「」

メイ「泡吹いて気を失ってる…」

 

16:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:25:47.97 ID:RelXT7CC

可可「こんな雰囲気でどうやって部室に戻るデス…」

すみれ「ドッキリなんてなかったことにしてサラっと部室に集合するしかないわね」

かのん「なかなか難しいこと言うね」

千砂都「とりあえず、時間をおいて一年と二年に分かれて部室に集まろう!」

恋「千砂都さんの言うとおりですね、そうしましょう!」

メイ「よし、部長命令だ!行くぞ二人とも!」

四季「夏美ちゃん、起きて」

夏美「、……?…!はっ、イヤな夢を見ていましたの」

 

17:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:32:36.57 ID:RelXT7CC

~屋上~

千砂都「はいっ、今日の練習ここまで!今日は短めだけどごめんね、二年生は急遽先生たちの呼び出しで遅れちゃってー」ボウヨミ

メイ「いえいえ、私たちも遅れぎみだったので。ごめんなきな子?」ボウヨミ

きな子「いえいえ!部室来たときはびっくりしたっすけど…なんだったっすかあれ…でも、もう大丈夫っす!ささ、疲れたし帰るっすよ!」

きな子「な・つ・み・ちゃ・ん」

夏美「ぴっ…にゃはは、今日は夏美ちょっと」

きな子「夏美ちゃん?早くいくっすよ!」

夏美「いやその今日は…四季、たすけっ」

 

19:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:38:55.00 ID:RelXT7CC

四季「えっと、きな子ちゃん。今日は夏美ちゃ…」

きな子「…あの小さいマイクとカメラ、四季ちゃんがメイちゃんによく使ってるやつっすよね?」ボソ

四季「…っ…夏美ちゃん、今日はお泊り楽しんでね」

夏美「四季っ!!!…今、きな子となんの話してましたの?」

きな子「ヒミツっす。さ、行くっすよ!」

夏美「にゃああああ!皆さんたす、っ助け…」

メイ「夏美…」

 

20:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:44:58.23 ID:RelXT7CC

恋「なんというか…普段からお泊りなんてしているのですね」

かのん「そう?普通じゃない?ね、すみれちゃん」

すみれ「そうね。今度恋も来る?かのんの家だけど」

恋「よいのですか!ぜひ!」

かのん「えー次はすみれちゃんの家じゃ…まあいっか」

くぅ「…、…え?」

ちぃ「えっ?…え?」

おわり

 

22:(なっとう) 2022/10/25(火) 21:53:04.11 ID:RelXT7CC

お付き合いいただきありがとうございましたっす。
代行もありがとうございますっす

きなCキテるっす

 

23:(泡盛) 2022/10/25(火) 21:57:38.05 ID:Kx1BiPeq

ついでのように脳を壊していくな😨

 

26:(茸) 2022/10/25(火) 22:10:57.19 ID:7acLXsVE

きなC増えろ増え 

 

30:(しまむら) 2022/10/26(水) 09:58:25.71 ID:DnQulESI

助かる
また頼む

 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1666697628/