【SS】すみれ「>>3ったら>>3よ!」【ラブライブ!スーパースター!!】

ラブライブ

【SS】すみれ「>>3ったら>>3よ!」【ラブライブ!スーパースター!!】

3:(SB-iPhone) 2022/09/24(土) 23:42:36.73 ID:vNqo1ToV

一年生にごめんなさい

 

12:(しまむら) 2022/09/25(日) 00:01:44.25 ID:i7IUXLBy

すみれ「いくら可可のためを思ってとはいえ」

すみれ「いきなり次のライブで外すなんて言われて、すっごくショックだったはずよね」

すみれ「謝らないと! 一年生にごめんなさいったらごめんなさいよ!」

すみれ「まずは>>14の所に行くわ」

 

14:(しうまい) 2022/09/25(日) 00:02:19.29 ID:2NI/owfD

メイ

 

15:(しまむら) 2022/09/25(日) 00:15:26.23 ID:i7IUXLBy

メイ「はぁ…クゥすみ尊い…」

メイ「神社でいきなり抱き合った時は何事かと思ったけど、いいなぁこの画」←隠し撮り済

メイ「普段すみれ先輩にはキツめに当たる可可先輩が涙を流して抱擁を……くぅ~! たまらねーぜ!」

ガラッ

すみれ「メイ!」

メイ「ひゃい!?」

 

18:(しまむら) 2022/09/25(日) 00:31:50.13 ID:i7IUXLBy

すみれ「? 何か隠した?」

メイ「ななななな、何でもないっす!」

すみれ「きな子みたいになってるじゃないの。まぁそれならいいけど」

メイ「フゥ……で、私に何か用でも?」

すみれ「……」バッ

メイ「!? す、すみれ先輩?」

 

19:(しまむら) 2022/09/25(日) 00:32:16.41 ID:i7IUXLBy

すみれ「ごめんなさい。急に一年生をライブから外すなんて言い出して」

メイ「! その事で…」

すみれ「皆がどれだけ真剣に練習に取り組んでライブを目指していたか……一番近くで見てたのは私だったのにね」

すみれ「皆の気持ちを踏みにじるような事を言って、本当にごめんなさい」

メイ「もう済んだ話なのに……すみれ先輩、真面目すぎだって」

 

20:(しまむら) 2022/09/25(日) 00:32:52.17 ID:i7IUXLBy

すみれ「こういうのはちゃんと言わなきゃ。許してくれる?」

メイ「いやいや、許すも何も私は気にしてな─」

すみれ「私に出来ることなら何でもするわ」

メイ「ん?」

すみれ「何でもするったら何でもする!」

メイ「ほう」

メイ「じゃあ>>22

 

22:(泡盛) 2022/09/25(日) 00:36:15.49 ID:nOV5zbZ3

逆立ちしながらグソクムシダンス

 

25:(しまむら) 2022/09/25(日) 00:45:20.63 ID:i7IUXLBy

すみれ「ま、マジ?」

メイ「え? 何でもするって言いましたよね?」

すみれ「いや、言ったけどさ。言ったけども…」

メイ「あぁ、戦力外通告された時の心の傷が痛む…」

すみれ「や、やってやるったらやってやるわよ! 見てなさい!」

メイ「…」ニヤリ

 

29:(しまむら) 2022/09/25(日) 01:00:51.92 ID:i7IUXLBy

すみれ「じゃ、スカートはさすがにまずいから下だけ着替えるわね」ヌギヌギ

メイ「…」スッ

すみれ「いくわよー、ほっ」↓逆立ち

すみれ「ふぐぐぐぐぐ……」

すみれ「ぐ、グソクムシ~グソクムシ~……」グソクグソクッ

すみれ「……って、両手使わずに出来るかぁ!」バターン!

メイ「よし!」グッ

すみれ「何がよしなのよ!」

 

30:(しまむら) 2022/09/25(日) 01:02:11.32 ID:i7IUXLBy

メイ「完璧だ! すみれ先輩最高!」

すみれ「何なのよ…まぁアンタがこれで満足ならいいけど」

すみれ「じゃ、これでチャラね。私、他の子のトコにも行かなきゃだから」

メイ「おす! ありやとやしたー!」

すみれ「な、何なのよ、急にテンション高くなって。じゃあね」

ガラッ

 

31:(しまむら) 2022/09/25(日) 01:10:25.21 ID:i7IUXLBy

メイ「くふふ、一枚目、すみれ先輩のスカート生脱ぎショット(真後ろから)!」

メイ「二枚目、逆立ち時のへそチラ(接写)!」

メイ「三枚目、転倒時のショーパンチラ(ズーム)!」

メイ「よっしゃー! すみれ先輩フォルダが潤ってきた~!」

 

33:(しまむら) 2022/09/25(日) 01:14:42.65 ID:i7IUXLBy

ヨッシャー!

すみれ「な、何か叫んでるわねメイのやつ…」

すみれ「まぁいっか。次の子のトコにいこっと」

>>33

 

34:(しまむら) 2022/09/25(日) 01:15:12.63 ID:i7IUXLBy

1個下で

 

35:(茸) 2022/09/25(日) 01:16:22.97 ID:Rtk79zTa

きな子

 

41:(しうまい) 2022/09/25(日) 17:19:07.02 ID:ca8BlsYj

きな子「はぁ…かのすみ尊いっす…」

きな子「リーダーのかのん先輩をさりげなく支えるすみれ先輩の構図…たまらねぇっす!」

ガラッ

すみれ「きな子!」

きな子「! す、すみれ先輩?」

 

42:(しうまい) 2022/09/25(日) 17:20:22.90 ID:vmNfcoqs

すみれ「かくかくしかじか(大体>>19)よ。というわけで、ごめんなさい! この通りよ」ペコッ

きな子「すみれ先輩、そんな…きな子は気にしてなんて」

すみれ「何でもするから許してちょうだい」

きな子「ん?」

すみれ「あ、でも出来る範囲よ? 逆立ちしながらグソクムシダンスとかは無理よ?」

きな子「じゃあ>>44

 

44:(茸) 2022/09/25(日) 17:23:43.11 ID:RWCEKh8L

かのすみを見せて欲しいっす

 

45:(しうまい) 2022/09/25(日) 17:29:37.86 ID:vfgxkqfK

すみれ「? かのすみって何よ」

きな子「え、えーっと、かのん先輩と絡み…じゃなくて、仲良くしてる所が見たいっす!」

すみれ「はぁ? 何よその意味の分からないお願いは」

きな子「や、やっぱりダメっすか…」ショボン

すみれ「! わ、分かった分かった! そんなん47でいいならやってやるわよ!」

きな子「ホントっすか!? ありがとうございますっす~!」

すみれ「というか仲良くって具体的にはどうすればいいのよ? フツーにかのんと話でもすればいいの?」

きな子「そうっすね…ここは>>47

 

49:(しうまい) 2022/09/25(日) 17:33:43.51 ID:PH+W/h81

>>45訂正します、何だコレ

すみれ「! わ、分かった分かった! そんなん47でいいならやってやるわよ!」

すみれ「! わ、分かった分かった! そんなんでいいならやってやるわよ!」

 

47:(もんじゃ) 2022/09/25(日) 17:32:44.67 ID:2YfTnMoQ

キスっすね

 

50:(しうまい) 2022/09/25(日) 17:43:42.32 ID:1EaPkgiX

すみれ「き、キスぅ!?」

きな子「はいっす」

すみれ「はいっすじゃないわよ! おかしいでしょそれ!」

きな子「すみれ先輩。女の子同士でキスくらい、今時はトーゼンっす。きな子のいた中学でも皆あいさつ代わりにキスしてたくらいっす」←大嘘

すみれ「絶対嘘でしょうがそれ!」

きな子「うぅ、戦力外通告された時の心の傷が痛むっす…」

すみれ「くっ…分かったわよ! やってやるったらやってやるわよ!」

きな子「…」グッ

 

59:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:28:34.63 ID:W6UQlts4

──2年生の教室

ガラッ

かのん「あれ、すみれちゃん」

すみれ「お、おっす」

かのん「ぷっ、おっすって…変なすみれちゃん」クスクス

すみれ「じ、冗談よ。アレよ、ショウビジネス的ジョーク?みたいな?」

かのん「…すみれちゃん、変な物でも食べた?」

 

60:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:29:41.23 ID:W6UQlts4

すみれ「くっ、もういいでしょ! で、あんた一人?」

かのん「う、うん。そうだけど…」

すみれ「そう…」

かのん「うん」

すみれ「……」ゴクッ

かのん「……??」キョトン

 

61:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:36:38.49 ID:W6UQlts4

すみれ(もうっ、何で私がこんなに緊張しないといけないのよ!?)

すみれ(何か変に意識しちゃってヤバイ…かのんもキョトンてしてるし)

すみれ(でもこれは私が言ったことに対する償い…逃げる訳にはいかないったらいかないのよ!)

すみれ(いやでもいくら友達同士でもキスってどうなのよ!? その後は!? 変にぎくしゃくしない!? 大丈夫!?)

すみれ(あぁぁぁぁぁ! 頭がこんがらがってギャラクシぃぃぃぃ!)

 

62:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:37:03.96 ID:W6UQlts4

かのん「すみれちゃん、熱でもあるの?」ピトッ

すみれ「」

きな子「😊」

 

63:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:42:37.79 ID:W6UQlts4

かのん「んー、平熱っぽいけど…」

すみれ「」

かのん「体調悪いなら保健室連れてくよ?」

すみれ「」

かのん「? すみれちゃん?」

すみれ「……」

すみれ(──ここよ、すみれ)

すみれ(ここを逃せば、次はないっ!!)

>>64コンマ

偶数─ほっぺにチュッ

奇数─唇にチュッ

ゾロ目─勢い余ってディープキス

 

64:(茸) 2022/09/26(月) 16:42:51.74 ID:PiDPRtMe

ゾロ目来い!

 

66:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:55:47.76 ID:W6UQlts4

すみれ「んっ!」

チュッ…

かのん「え」

かのん「!?!?!? す、すみれちゃん!?///」

すみれ「な、なに赤くなってんのよお子様ねかのんはほっぺにちょっとチュッてしただけじゃないのこんなのショウビジネスの世界じゃ挨拶みたいなものでべつに特別な意味があるとかそういうアレじゃないというかとにかくそういうことよ!///」

かのん「えっ、えっ///」

すみれ「……じゃあね!///」

ガラッ

 

67:(しうまい) 2022/09/26(月) 16:56:09.45 ID:W6UQlts4

かのん「すみれちゃん……」

かのん「……///」キュン♡

きな子「😇」

 

68:(しうまい) 2022/09/26(月) 17:03:53.58 ID:W6UQlts4

すみれ「はぁー! はぁー! はぁー!///」ドキドキドキ

すみれ「や、やったわよ! やってやったわよー!」

きな子「すみれ先輩……ありがとうございましたっす😭」

すみれ「な、何でアンタ号泣してんの?」

きな子「尊すぎて昇天するかと思ったっす…きな子、Liella!に入って本当に良かったっす😭」

すみれ「何で今そのセリフが出てくるのか分かんないけど…とにかく! これで満足ね!?」

きな子「大満足っす!」

すみれ「じゃ、他の一年生の所にも行かなきゃだから」

きな子「ありがとうございましたー!」

 

75:(しうまい) 2022/09/27(火) 14:32:23.60 ID:ahhVkDqJ

すみれ「あと2人ね」

すみれ「……なんか割ととんでもないお願いしてきそうな2人よね」

夏美『マニーですの~!』

四季『新薬の実験台に…』

 

76:(しうまい) 2022/09/27(火) 14:33:45.75 ID:ahhVkDqJ

すみれ「いや、さすがにないわよね。一応私先輩だし」

すみれ(でもメイときな子のお願いを考えるとあり得なくは…ない?)

すみれ「う~、でもメイときな子のお願いだけ聞いて他の2人のは聞かないってのはナシよね」ウンウン

すみれ「よしっ、覚悟決めて行くったら行くわ!」

四季orなっつ>>78

 

78:(SB-iPhone) 2022/09/27(火) 14:40:28.73 ID:gvLHvYnM

夏美

 

79:(しうまい) 2022/09/27(火) 14:45:26.77 ID:ahhVkDqJ

きな子「……」

きな子「……」スッスッ

 

80:(しうまい) 2022/09/27(火) 14:46:42.29 ID:ahhVkDqJ

『LINEグループ─Liella!1年兼すみカプ研究会』

きな子:やっぱりかのすみが至高っす

きな子:画像(撮れたてのかのすみ)

メイ:!?

メイ:どうやってこんな画像手に入れた!?

きな子:すみれ先輩がお願いを聞いてくれたっす!

きな子:危うく天に昇るトコロだったっす😇

 

82:(しうまい) 2022/09/27(火) 14:52:10.08 ID:ahhVkDqJ

メイ:すみれ先輩、私達のためにここまでしてくれるのか…

きな子:すみれ先輩、メイちゃんの所にも来たんすか?

メイ:ああ

メイ:私は逆立ちでグソクムシダンスをお願いした

きな子:メイちゃん…パねぇっす

 

83:(しうまい) 2022/09/27(火) 14:52:41.89 ID:ahhVkDqJ

メイ:良い画像は撮れたけど、これならクゥすみをお願いするべきだったか…

きな子:えー、どんな画像っすか?

メイ:ダメだ、これは私のだ

きな子:きな子はかのすみ画像あげたっす!

メイ:私はクゥすみ派なんだよ!

きな子:メイちゃんズルいっす~!

 

84:(しうまい) 2022/09/27(火) 15:00:50.04 ID:ahhVkDqJ

オニナッツ:2人とも分かってませんの

オニナッツ:すみれんこそ至高ですの!

メイ:マイノリティだっつーの

オニナッツ:何ですの!? ミーハーに言われたくありませんの!

メイ:何ぃ!?

 

85:(しうまい) 2022/09/27(火) 15:01:25.83 ID:ahhVkDqJ

オニナッツ:普段中々見られない組み合わせだからこそ妄想が膨らむというものですの

オニナッツ:カップリングの妙味は少ない絡みからいかにイメージを広げていくか

オニナッツ:それが分からないクゥすみ派とは相入れませんの!

メイ:相変わらずウゼェな…

きな子:2人ともケンカはダメっすよ

きな子:それに至高はかのすみっす

オニナッツメイ:あぁん!?

きな子:ひぃ

 

86:(しうまい) 2022/09/27(火) 15:04:54.10 ID:ahhVkDqJ

きな子:そ、それより

きな子:すみれ先輩、夏美ちゃんの所にも行くと思うっすけど

きな子:何をお願いするつもりなんすか?

オニナッツ:>>88

 

88:(わんこそば) 2022/09/27(火) 15:17:14.22 ID:Zoptq3N0

すみれん生配信

 

94:(しまむら) 2022/09/28(水) 17:30:50.79 ID:CToSonI7

オニナッツ:もちろんすみれんの生配信ですの~!

メイ:何!?

オニナッツ:すみれん分とマニーが同時に補充出来る…まさに一石二鳥ですの~!

きな子:すみカプへのボートクっす!

メイ:そうだそうだ! すみカプは金儲けのための道具じゃないだろ!

オニナッツ:何とでも言うがいいですの

オニナッツ:すみれん布教のためなら手段は選びませんの~!

 

95:(しまむら) 2022/09/28(水) 17:54:53.42 ID:CToSonI7

──

夏美「オ~ニナッツ~!」

夏美「あなたの心の(中略)今日の配信はすみれん…じゃなくて、夏美の先輩達が主役ですの」

夏美「というわけでよろしくお願いしますの、平安名すみれ先輩と、葉月恋先輩ですの~!」パチパチパチ

 

96:(しまむら) 2022/09/28(水) 17:58:52.77 ID:CToSonI7

すみれ「ちょ…もう回ってるのコレ!? いきなり過ぎんのよ!」

恋「すみれさん、私は何故呼ばれたのでしょう?」ボソッ

すみれ「いやその、私が夏美にかくかくしかじか(おおよそ>>19)…って言ったらね? なんか恋と一緒に配信してほしいって」

恋「なるほど……ふふ」

すみれ「? なんで笑ってんのよ?」

恋「いえ。すみれさんはお優しい人ですね」

すみれ「は、はぁ?」

 

97:(しまむら) 2022/09/28(水) 17:59:41.61 ID:CToSonI7

恋「一年生の気持ちに寄り添って、1人1人にきちんと謝って、その上お願い事まで聞いてあげて…なかなか出来ることではないと思います」

すみれ「…別に。私が勝手にやってるだけよ」プイッ

恋「ふふ、そうですか」ニコニコ

すみれ「もう! 笑うの禁止!///」

夏美(すみれん尊いですの…)

 

100:(しまむら) 2022/09/28(水) 18:01:07.36 ID:CToSonI7

すみれ「というか、急に呼んじゃって悪かったわね」

恋「いえ、今日は生徒会の仕事もありませんし、それは構わないんですが…配信といっても何をすれば?」

夏美「そこはお任せあれですの、配信の内容はちゃんと決めてありますの」

恋「あ、そうなんですね」

すみれ「何すればいいわけ?」

夏美「視聴者の皆さまのコメントに委ねますの~」

すみれ「ノープランじゃないのよ!」

 

102:(しまむら) 2022/09/28(水) 18:22:37.09 ID:CToSonI7

夏美「視聴者の期待に応えるのが良き配信者というものですの!」

すみれ「別に配信者じゃないってのよ」

すみれ「ていうか大丈夫なの? 変なコメントがきたらどうすんのよ」

夏美「大丈夫ですの。頂いたコメントの中からランダムに『やること』を決めますの」

すみれ(……それ、大丈夫なの?)

 

103:(しまむら) 2022/09/28(水) 18:24:46.84 ID:CToSonI7

すみれ(いやまぁ、見てるのはLiella!のファンばっかりだから大丈夫か)ウンウン

夏美(ククク、これで合法的にすみれんが見れますの…)ニヤッ

恋(ふふ、すみれさんと配信だなんて、なんだか楽しみです)ワクワク

夏美「では、視聴者の皆さん、お願いしますの~」

>>104-108

 

104:(茸) 2022/09/28(水) 18:25:15.55 ID:dBl3PZ3T

すみれんとかマイナーだろ
クゥすみを出せ!!

 

105:(SB-iPhone) 2022/09/28(水) 18:28:25.21 ID:EsD/+647

巷では愛してるゲームとかいうのが流行ってるらしいですね

 

106:(しまむら) 2022/09/28(水) 18:31:42.24 ID:H2nXFdyl

無名番組じゃのお…虹にマウント取るならCDTVくらいは出てみ…?

 

107:(もんじゃ) 2022/09/28(水) 18:32:09.96 ID:NUNBHgDH

すみれんでイチゴリレーやれ

 

108:(茸) 2022/09/28(水) 18:32:29.59 ID:4ffYIt8z

かのんちゃんの印象が聞きたいっす。特にすみれちゃんに聞きたいっす

 

109:(しまむら) 2022/09/28(水) 18:45:44.92 ID:CToSonI7

夏美「……コメントが来ましたの!」

すみれん「「!!」」

夏美「では、夏美が目をつむって選びますの」

夏美「む~……これですのぉぉぉ!」

選ばれたコメント>>110コンマ

00~19 すみれんとかマイナーだろ クゥすみを出せ!!
20~39 巷では愛してるゲームとかいうのが流行ってるらしいですね
40~59 無名番組じゃのお…虹にマウント取るならCDTVくらいは出てみ…?
60~79 すみれんでイチゴリレーやれ
80~99 かのんちゃんの印象が聞きたいっす。特にすみれちゃんに聞きたいっす

 

110:(えびふりゃー) 2022/09/28(水) 18:46:47.29 ID:ey6tZFxU

すみれんホイ

 

111:(SB-iPhone) 2022/09/28(水) 18:47:24.38 ID:J9UDk5N7

ふーん、やるじゃん

 

112:(きびだんご) 2022/09/28(水) 18:49:05.50 ID:T1JQvYLS

よくやった
日本一やお前

 

113:(もんじゃ) 2022/09/28(水) 19:22:01.41 ID:uukqt4JB

有能

 

114:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:29:01.23 ID:CToSonI7

『巷では愛してるゲームとかいうのが流行ってるらしいですね』

夏美「というわけで、配信の内容は~」

夏美「『愛してるゲーム』に決定ですの~!」

すみれん「「愛してるゲーム?」」

 

115:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:31:42.46 ID:CToSonI7

メイ「……」←配信視聴中

メイ「……」スッスッ

『すみれんとかマイナーだろ クゥすみを出せ!!』

メイ「……」

『愛してるゲームに決定ですの~!』

メイ「……くそっ!」ダンッ

 

116:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:33:34.65 ID:CToSonI7

きな子「……」←同じく視聴中

きな子「……」スッスッ

『かのんちゃんの印象が聞きたいっす。特にすみれちゃんに聞きたいっす』

きな子「……」

『愛してるゲームに決定ですの~!』

きな子「……無念っす!」ダンッ

 

118:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:38:10.36 ID:CToSonI7

すみれ「で、愛してるゲームってなによ?」

夏美「知らないんですの?」

すみれ「初耳よ」

恋「私もです。でもゲームですよね? 楽しみです♪」ポワポワ

夏美「とっても簡単ですの。まずはお二人とも、向かい合って座って欲しいんですの」

すみれん「「?」」スッ

 

120:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:44:34.73 ID:CToSonI7

すみれ「……で?」

夏美「これで準備は整いましたの」

恋「え、座っただけですよ?」

夏美「ふっふっふ、では、ルールを説明しますの」

夏美「今からお互いに『愛してる』と言い合ってもらいますの」

すみれ「……は?」

 

121:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:48:13.53 ID:CToSonI7

夏美「で、言った側にしろ言われた側にしろ、照れたり笑ったりした方が負けですの!」

夏美「ルールはこれだけ。と~っても簡単で、と~っても楽しいゲームですの」ニヤニヤ

すみれ「ちょ…はぁぁぁぁぁ!?///」

夏美「どうしましたの?」

すみれ「どうしたもこうしたもないわよ! そんか恥ずい事出来ないったら出来ないわよ!」

夏美「え~、今更言われても~、ですの~」

 

122:(しまむら) 2022/09/28(水) 19:52:45.07 ID:CToSonI7

すみれ「そんなの配信なんてムリ! 絶対ムリよ!」

夏美「うぅ、戦力外通告された時の心の傷が痛みますの…」

すみれ(こ、こいつら(一年生)……それ言ったら私が何でもやると思ってない?)

恋「……」

恋「すみれさん、やりましょう」

すみれ「え。れ、恋?」

 

123:(しまむら) 2022/09/28(水) 20:01:09.62 ID:CToSonI7

恋「何だか楽しそうですし、夏美さんのお願い事でもあります。私は協力しますよ」

夏美「さっすが恋先輩ですの~!」

すみれ「……仕方ないわね。恋がそう言うなら」

すみれ(まぁいっか。照れたり笑ったりすれば終わりなんだし、テキトーに終われせれば…)

夏美「あ、大事な事を忘れてましたの」

 

125:(しまむら) 2022/09/28(水) 20:17:11.97 ID:CToSonI7

夏美「負けた方の罰ゲームを決めるのを忘れてましたの」

すみれ「ぐっ!?」

恋「ば、罰ゲームですか…」

すみれ「そ、そこまでしなくてもいいんじゃないの?」

夏美「ゲームに緊張感を持たせた方が映えますの」

すみれ(よ、余計な事を…!)

 

128:(しまむら) 2022/09/28(水) 20:25:55.28 ID:CToSonI7

夏美「では、罰ゲームも視聴者にお任せしますの~」

すみれ「さすがに丸投げすぎでしょ!」

夏美「視聴者第一ですの!」

恋「皆さんお手柔らかにお願いしますね」

すみれ(信じてるわよ……信じてるわよあんたら!)

>>129-133

 

129:(えびふりゃー) 2022/09/28(水) 20:30:27.41 ID:ZWqVpcr2

チューしてください

 

130:(SB-iPhone) 2022/09/28(水) 20:31:40.09 ID:+32niZge

グソクムシダンス💃

 

131:(ささかまぼこ) 2022/09/28(水) 20:32:09.09 ID:ik4pak5z

デート配信してください

 

132:(たこやき) 2022/09/28(水) 20:32:34.37 ID:Xc/pAR0e

負けた人が勝った人に「愛してる」以外で好意を伝える

 

133:(しうまい) 2022/09/28(水) 20:36:56.64 ID:mZAUUKys

勝った人が負けた人をくすぐってください!

 

135:(しまむら) 2022/09/28(水) 20:53:00.50 ID:CToSonI7

夏美「……コメントが来ましたの!」

すみれん「「!!」」

夏美「では、夏美が目をつむって選びますの」

夏美「むむむ……これですのぉぉぉ!」

選ばれたコメント>>136コンマ

00~19 チューしてください
20~39 グソクムシダンス💃
40~59 デート配信してください
60~79 負けた人が勝った人に「愛してる」以外で好意を伝える
80~99 勝った人が負けた人をくすぐってください!

 

136:(えびふりゃー) 2022/09/28(水) 20:53:13.03 ID:0biK/tCy

れんれん

 

137:(えびふりゃー) 2022/09/28(水) 20:53:46.63 ID:6thVZBux

やるじゃん

 

141:(らっかせい) 2022/09/28(水) 21:01:26.17 ID:NWzcTgvm

有能

 

142:(光) 2022/09/28(水) 21:05:35.94 ID:LDlbTZGg

これ勝っても負けてもチューの刑じゃん

 

143:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:13:21.20 ID:CToSonI7

『チューしてください』

夏美「というわけで、罰ゲームの内容は~」

夏美「『負けた方が勝った方にチュー』に決定ですの~!」

夏美「……よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

すみれん「「!?」」

 

145:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:19:05.82 ID:CToSonI7

──1年生の教室

きな子・メイ「……」←一緒に配信視聴中

きな子「……」コクッ

メイ「……」コクッ

きな子・メイ「「……」」スッスッ

『グソクムシダンス💃』

きな子・メイ「「……」」

『負けた方が勝った方にチューに決定ですの~!』

きな子・メイ「「っ……!!」」ダンッ!

 

147:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:29:58.01 ID:CToSonI7

すみれ「はぁー!? はぁぁぁぁぁぁ!? はぁったらはぁぁぁぁぁ!?!?///」

恋「す、すみれさん落ち着いてください!」

夏美「決定ですの。視聴者のコメントは絶対ですの…すみれんですの…」😭

すみれ「何でアンタが号泣してんのよ!? 泣きたいのはこっちだっつーの!」

恋「!」

夏美「賽は投げられましたの…もう誰にも止められませんの…すみれんですの…」😭

すみれ「なんなのよったらなんなのよマジで!」

 

148:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:32:34.86 ID:CToSonI7

恋「……」

すみれ「ったく、Liella!のファン層はどうなってるのよ…」

恋「……そんなに、嫌ですか?」

すみれ「え?」

恋「すみれさんは、私とそういうことをするの、そんなに嫌ですか?」

すみれ「え…」

 

149:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:39:45.55 ID:CToSonI7

すみれ「いやその、嫌っていうかなんというか」

恋「…」ジッ

すみれ「うっ…」

恋「ちゃんと答えて欲しいです」

すみれ「急にどうしたのよアンタ…」

恋「…」ジーッ

すみれ「わ、分かったわよ! 分かったからジーッと見るのやめなさい!」

 

150:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:44:04.81 ID:CToSonI7

すみれ「だっておかしいでしょ、同じグループのメンバーで、しかも女の子同士よ?」

すみれ「それを配信に乗せるなんて…考えただけでも恥ずかしくなるわよ。当たり前でしょ?」

恋「なるほど。恥ずかしいから嫌だと、そういう事ですね?」

すみれ「そうよ」

恋「では私とキスをするのが嫌だという訳ではないんですね」

すみれ「は!?///」

 

155:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:51:47.09 ID:CToSonI7

すみれ「何なのよその揚げ足取りは!?」

恋「でも、そういう事ですよね」

すみれ「……アンタ本当に恋? そっくりさんとかじゃない?」

恋「逃げないで下さい」

すみれ「逃げてないわよ! アンタがいきなり変な事言うからでしょ」

恋「変じゃないです。すみれさんが私のことをどう思っているか気になるのは…当然のことです」

すみれ「?」

 

157:(しまむら) 2022/09/28(水) 21:57:54.31 ID:CToSonI7

恋「すみれさんはきっと気づいていないんでしょうね」

すみれ「何をよ?」

恋「屋上で練習をしている時、教室で授業を受けている時、放課後の帰り道…」

恋「私が誰を見つめているのか」

すみれ「……恋?」

恋「側にいない時もそう。生徒会の仕事をしながら、私が誰の事を考えているのか」

恋「すみれさんはきっと、気づいていないんでしょうね」

 

158:(しまむら) 2022/09/28(水) 22:02:47.01 ID:CToSonI7

すみれ「す、ストップ。……え? アンタ何言って─」

恋「だから、私からお伝えします」

恋「私はすみれさんのことを」

恋「──愛しています」

 

159:(しまむら) 2022/09/28(水) 22:03:40.07 ID:CToSonI7

すみれ「……」

すみれ「……」

すみれ「……」

すみれ「!?!?!?///」

 

160:(しまむら) 2022/09/28(水) 22:05:23.51 ID:CToSonI7

すみれ「な……あい……愛…///」

恋「……ふふ」

恋「すみれさん、照れましたね」

すみれ「……え?」

すみれ「……あ」

 

162:(しまむら) 2022/09/28(水) 22:12:52.89 ID:CToSonI7

すみれ「れ、恋! ズルいわよ! まだゲームスタートとか何も言ってないじゃないのよ!」

恋「油断したすみれさんが悪いんです♪」

すみれ「ぐぐぐ、アンタがそんな手を使ってくるとは思わなかったわ」

恋「ふふふ、ゲームはゲームですから。やる以上は負けたくありません」

すみれ「演技が本気すぎるわよ…見事に騙されたわ」

恋「……演技じゃないかもしれませんよ?」ボソッ

すみれ「? なんか言った?」

恋「いえ、何も♪」

 

179:(しうまい) 2022/09/29(木) 14:40:24.95 ID:C1MoecUk

恋「では、罰ゲームはすみれさんですね」

すみれ「分かったわよ。ビミョーに納得いかないけど」

すみれ「……ていうか、どうせ勝っても負けてもキスすることになる勝負だったのよね。どっちが勝ってもあんまり関係ないか」

恋「そんなことありませんよ? 『する』のと『される』のは意味が全然違います」

すみれ「そういうものかしら」

恋「そういうものですよ。さ、すみれさん。私はいつでもいいですよ?」ニコッ

 

180:(しうまい) 2022/09/29(木) 14:54:57.06 ID:Lhm4eM+w

すみれ「……」

すみれ(恋……なんか余裕あるわね)

すみれ(フツーはもっと動揺しそうなものだけど…)

すみれ(もしや、さっき私を手玉に取ったから調子に乗ってるってわけ?)

 

181:(しうまい) 2022/09/29(木) 14:55:53.02 ID:w4SXqn4r

恋「~♪」

すみれ(……なんかそう思ったらムカムカしてきたわ)

すみれ(恋のこの澄ました顔、思いっきり動揺させてみたくなってきた)

すみれ(そうよ……さっきかのんとキスした私の方がキスのスキルは上)

すみれ(ショウビジネスの世界を生きてきた私をナメるとどういう目に合うのかを思い知らせて─)

 

182:(しうまい) 2022/09/29(木) 14:57:04.03 ID:koKoAevp

すみれ(…!?) 

すみれ(いやいや私アホ!? 今何考えてたの!?)

すみれ(こんなのかのんの時と同じでサッとすませて終わらせればそれでいいじゃないの! 対抗心燃やす必要ないっての!)

すみれ(あーもう! さっきと同じよ! なるようになれ! ギャラクシィぃぃぃぃぃぃ!)

 

183:(しうまい) 2022/09/29(木) 14:58:08.26 ID:wa9nPxmg

ガシッ

恋「! す、すみれさん?」

すみれ「…」ジッ

恋「あ、あの…?///」

すみれ(いくわよ……!)

キスの場所>>184コンマ

00~19 頬
20~39おでこ
40~59唇
60~79膝の裏
80~99手

※ゾロ目─勢い余ってディープキス

 

184:(茸) 2022/09/29(木) 14:59:18.26 ID:lJw1Jo+D

えいっ

 

190:(しまむら) 2022/09/29(木) 18:57:24.77 ID:qG5mLUqj

すみれ「んっ!」

チュッ…

恋「!……」

すみれ「び、ビックリしたでしょ! まさかおでこにキスされるなんて思わなかったでしょ!?」

恋「……」

すみれ「これぞショウビジネスの世界を渡り歩いてきた平安名すみれの大人なキスってわけよ! 恐れ入ったでしょ恋!///」

恋「……」

すみれ「……恋?」

 

191:(しまむら) 2022/09/29(木) 18:57:45.74 ID:qG5mLUqj

恋(おでこに触れた、優しく、柔らかな感触…)

恋(まるで、あの時のような──)

───

──

 

192:(しまむら) 2022/09/29(木) 18:59:18.04 ID:qG5mLUqj

──10年前、葉月家

 

193:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:02:03.27 ID:qG5mLUqj

ゴロゴロゴロ…

れん『うぅ~…』ブルブル

ピカッ……ピシャーン!

れん『ひゃっ……う、ぅぅ…』グスッ

 

194:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:07:17.36 ID:qG5mLUqj

キィ…

れん『お母様~…』オズオズ

花『恋? あらあら、どうしたの』

れん『雷さまがおこってます…おこった雷さまはこわいです…』ブルブル

花『ふふ、もう一人で眠れるから大丈夫って言ってたのは誰だったかしら?』クスクス

れん『もう! お母様はいじわるです!///』ポカポカ

 

195:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:12:44.08 ID:qG5mLUqj

花『ごめんごめん。ほら、おいで恋』

れん『…』トコトコ

花『お母さんがついているから、雷さまなんてこわくないわ』ナデナデ

ゴロゴロゴロ…ピカッ

れん『うぅ~…やっぱりこわいです…こわくてねむれないです…』ブルブル

花『しょうがないなぁ。それじゃあ、眠れるようになるおまじないをかけてあげる』

れん『おまじない?』

 

197:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:21:08.51 ID:qG5mLUqj

チュッ…

れん『!』

花『ほら、これでもう大丈夫』ニコッ

れん『……』

れん『お母様♪』ギュッ

花『なぁに?』ナデナデ

れん『れん、お母様のことがだいすきです♪』

────

──

 

199:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:26:35.90 ID:qG5mLUqj

恋「……」

すみれ「恋? れーんー?」

恋「……お母様」ボソッ

すみれ「ん?」

恋「お母様ぁぁぁ!」ギュッ

すみれ「!?!? え!?」

恋「お母様、お母様ぁぁ…」ポロポロ

すみれ「ちょ、何なのよ!/// 私はアンタのお母さんじゃないっての!」

 

200:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:29:45.25 ID:qG5mLUqj

恋「れんは…れんはここにいます、お母様…」ポロポロ

すみれ「話を聞けったら聞きなさいよ! あーもう、離れなさい!」グイッ

恋「! お母様…?」

すみれ「違うと言っとろーに!」

恋「お母様ぁぁぁぁぁぁ!」ダッ

すみれ「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!? 追っかけて来るなぁぁぁぁ!!」ダッ

ダダダダダダダッ、ガラッ、ピシャン

 

201:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:34:54.66 ID:qG5mLUqj

──

メイ「もう我慢の限界だ! なんだって夏美ばっかりあんな良い物を…いや至高はクゥすみだけど!」

メイ「とにかく! 配信を止めるぞきな子!」

きな子「はいっす! 羨まけしからんっす!」

きな子「かのすみの素晴らしさを世界に問いただしてやるっす!」

ダダダダダダダッ

 

202:(しまむら) 2022/09/29(木) 19:41:44.20 ID:qG5mLUqj

ガラッ

メイ「夏美、そこまでだ! 往生しろ!」

きな子「すみカプ独占禁止法違反の容疑でお縄についてもらうっす!」

メイ「……!? 何だ、この血痕は…!?」

きな子「さ、殺人事件でも起きたんすか…!?」

メイ「! そこに誰か倒れ………て…」

きな子「あ、ホン………ト…」

 

204:(しまむら) 2022/09/29(木) 20:07:16.92 ID:qG5mLUqj

夏美「😌」ドクドクドクドクドク…

メイ「な、夏美ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

きな子「なんて安らかな顔っすか…!」

メイ「バカヤロウ…! 推しカプの濃厚な絡みを至近距離で見たらこうなることくらい分かるだろうが!」

きな子「夏美ちゃん、すみれんに殉じる覚悟だったんすね…」

 

205:(しまむら) 2022/09/29(木) 20:13:38.56 ID:qG5mLUqj

夏美「ふ、ふふ……😌」ドクドクドクドクドク…

メイ「! おい、大丈夫か!?」

きな子「動いちゃダメっす! すぐに救急車を!」

夏美「必要ありませんの…すみれんで死ぬなら本望…ゴフッ♡😌」

メイ「夏美…」

きな子「夏美ちゃん…」

 

207:(しまむら) 2022/09/29(木) 20:19:05.01 ID:qG5mLUqj

夏美「す……すみれん…に😌」

夏美「幸……あれ……😌」

夏美「……😌」ガクッ

メイ・きな子「「夏美(ちゃーーーん)ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!」」

完😌

 

208:(しまむら) 2022/09/29(木) 20:39:30.23 ID:qG5mLUqj

──1分後

夏美「ふぅ」

夏美「全く……すみれんは最高ですの!」ツヤツヤ

メイ「おい、ついさっきまで出血多量で死にかけてたろ?」

夏美「血じゃありませんの。すみれん汁ですの」

きな子「すみれん汁?」

夏美「すみれんの尊さが限界値を超えると全身から噴き出す汁ですの」

メイ「ああ…クゥすみ汁みたいなものか」

きな子「かのすみ汁みたいなものっすね」

 

212:(しまむら) 2022/09/29(木) 21:13:19.29 ID:qG5mLUqj

夏美「すみれん汁をいっぱい出したお陰でスッキリしましたの~」

夏美「いい気分のままさっきの配信の評判をチェックしますの!」

メイ「私はクゥすみが見たかったけど、盛り上がってはいたかもな」

きな子「同感っす。あ、間違えたっす。『クゥすみ→かのすみ』なら同感っす」

メイ「クゥすみのが良い!」

きな子「かのすみっす!」

夏美「な、何ですのぉぉぉぉぉ!?!?」

メイ・きな子「「!?」」

 

213:(しまむら) 2022/09/29(木) 21:19:11.04 ID:qG5mLUqj

メイ「どうしたよ?」

夏美「コメント欄が炎上してますの!」

きな子「えぇ!?」

夏美「コレを見て欲しいんですの!」スッ

『ちさすみが至高』

『ちさすみが至高』

『ちさすみが至高』

『ちさすみが至高』

『ちぃすみでも可』

『ちさすみが至高』

『ちさすみが至高』

『ちさすみが至高』

『ちさすみが至高』

 

214:(しまむら) 2022/09/29(木) 21:29:10.13 ID:qG5mLUqj

夏美「コメント欄がこの文章で埋め尽くされていますの! 今も凄いスピードで増え続けてますの~!」ウワーン

メイ「これは……」

きな子「まさか…」

夏美「? 二人とも、心当たりがありますの?」

メイ「一人だけいるだろ。ちさすみ推しの、よく知ってるのが」

きな子「コメントを延々と自動送信する機械とかも作れそうっすよね」

夏美「……!」

 

217:(しまむら) 2022/09/29(木) 21:39:16.82 ID:qG5mLUqj

メイ「これは炎上じゃないな」

きな子「はいっす。これは──荒らしっす」

夏美「荒らし……」

夏美「! まさか、私達へのアピール…いえ、宣戦布告ですの!?」

メイ「間違いないだろうな」コクッ

メイ「荒らし、あらし……嵐」

メイ「文字通り、ちさすみの嵐を吹き起こそうってつもりなんだな」

メイ「──四季」

 

219:(しまむら) 2022/09/29(木) 21:42:28.09 ID:qG5mLUqj

──

四季「……exactly」

四季「至高のすみカプは──ちさすみ(※ちぃすみも可)」

四季「私が……それを証明する」

 

221:(しまむら) 2022/09/29(木) 21:50:36.69 ID:qG5mLUqj

すみれ「はぁ…はぁ…はぁ…」

すみれ「つ、疲れたったら疲れたわ…」ゼェゼェ

すみれ「…」キョロキョロ

すみれ「何とか恋はまいたわね。お母様お母様って、急に何だったのかしら…」

すみれ「……とにかく! お願い事を聞く残りの1年生は四季だけね」

すみれ「……」

すみれ「明日にしようかなぁ…」ボソッ

 

222:(しまむら) 2022/09/29(木) 22:05:58.42 ID:qG5mLUqj

すみれ「今日はもう色々ありすぎて疲れたし、今から四季のお願い事聞くとか─」

四季「大丈夫」ニュッ

すみれ「おわぁあぁぁぁぁ!?」

四季「私の願いなんてささやかなもの。すみれ先輩の手をわずらわせるような事はない」

すみれ「アンタどこから生えてきたのよ…」

四季「画面左下あたりから」

すみれ「ああそう……えーと」

 

223:(しまむら) 2022/09/29(木) 22:13:44.45 ID:qG5mLUqj

四季「かくかくしかじか(ほぼ>>19)で1年生のお願いを聞いてることは知ってる」

すみれ「あ、ああそうなのね……うん」

四季「……」キラキラ

すみれ「……うん」

四季「……」キラキラ

すみれ(うわぁ……凄い目がキラキラしてる…)

 

224:(しまむら) 2022/09/29(木) 22:24:27.41 ID:qG5mLUqj

すみれ(絶対ろくでもない事お願いしてくるわよコレ…)
 

四季「私のお願いは──ちさすみ。もしくはちぃすみ」

すみれ「聞いてないのに語り出した!?」

 

225:(しまむら) 2022/09/29(木) 22:39:19.88 ID:qG5mLUqj

四季「ちさすみはすみカプにおいて最強…私はそれを証明したい」

すみれ「……ねぇ、その◯◯すみっての? 1年生の間で流行ってるの?」

四季「! ◯すみ…その呼び方は思い至らなかった…」

すみれ(Liella!の1年生はいったいどうしちゃったのかしら…)

四季「とにかく、千砂都先輩とすみれ先輩が」

すみれ「はいはい。仲良くしてる所が見たいとかいうんでしょ?」

四季「…」コクッ

 

226:(しまむら) 2022/09/29(木) 22:41:34.81 ID:qG5mLUqj

すみれ「OK。どうせアンタで最後だし、潔く聞くわよ」

すみれ「私は千砂都と何をすればいいの?」

四季「>>228

 

228:(茸) 2022/09/29(木) 22:42:52.06 ID:zl76eFDF

私が制作したグソクムシスーツ。このパーフェクト球体(スフィア)モードを千砂都先輩に披露してほしい

 

235:(しうまい) 2022/09/30(金) 13:59:01.03 ID:C5yewNdR

すみれ「……」

四季「? 私が開発したグソクムシスーツ。このパーフェクト球体(スフィア)モードを─」

すみれ「いや、聞こえてなかった訳じゃなくて。聞こえたけど脳が理解を拒んだのよ」

四季「簡単な話。このまずこのスーツに着替えて…」

すみれ「……着なきゃダメ?」

四季「うぅ、戦力外通告された時の心の傷が痛む」

すみれ「着るわよ! 着りゃいいんでしょ!?」

 

236:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:05:09.95 ID:fiUwUC0h

──

すみれ「着たわよ」

四季「OK」

すみれ(グソクムシスーツとかいうからどんなのかと思ったけど、割と普通のスーツっぽいわね)

すみれ「で、千砂都の前でそのパーフェクトなんたらモードを見せればいいのね」

四季「イエス。私のお願いはそれだけ」

 

237:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:05:41.15 ID:fiUwUC0h

すみれ「どうやったらそのモードになるのよ? どっかにボタンでもついてるの?」

四季「パーフェクトスフィアモードになるためには、ある条件を満たす必要がある」

すみれ「条件?」

四季「…」コクッ

ある条件>>239

 

239:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:08:50.10 ID:ODvQiuKO

千砂都との触れ合い(意味深)

 

240:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:19:02.94 ID:ivcNWWuE

四季「千砂都先輩と触れ合い(意味深)する必要がある」

すみれ「アンタら(1年生)ってなんなの? 私をどうしたいの?」

四季「私がちさすみ汁を噴出するくらい二人が触れ合えば、自動でスーツのモードが変わる」

すみれ「話を聞きなさいよ! てか何その汁!?」

四季「準備は整った。後はすみれ先輩次第」

四季「すみれ先輩はきっと私のお願いを叶えてくれるって信じてる」

すみれ「くっ……」

 

243:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:26:06.33 ID:nbcnAvOs

──たこ焼き屋

ジュゥゥゥ…

千砂都 「ふんふんふ~ん♪」

千砂都 「ほっ、ほっ、ほっ」クルクルクルッ

千砂都 「…うん! 我ながら会心の出来! 1mmのズレもない完璧な丸っ」

千砂都 「よーし、次はより完璧に1ミクロンのズレもない丸に挑戦だ~!」

 

244:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:32:47.85 ID:5TtNIDbR

すみれ「ち、千砂都っ」

千砂都 「お、すみれちゃん。…ん?」

千砂都「何でスーツ着てるの?」

すみれ「あ、いやこれはその…そう!」

すみれ「次のライブのステージ衣装にどうかなって思って! 試着よ試着!」

千砂都 「お~、男装ってやつ? 新鮮で良いかもしれないね」

すみれ「そ、そうでしょ? 今までのLiella!になかった方向性でしょ?」

 

245:(しうまい) 2022/09/30(金) 14:37:09.21 ID:5TtNIDbR

千砂都 「うん、いいと思う。でも可可ちゃんなら来てないよ?」

すみれ「? 何で可可の名前が出てくるのよ」

千砂都 「何でって、衣装の相談なら可可ちゃんでしょ? それで探しに来たんじゃないの?」

すみれ「ああ…いや、違うのよ」

千砂都 「あれ、そうなの? もしかして…お腹空いたとか?」

すみれ「たこ焼き食べに来た訳でもないのっ」

千砂都 「え~」

 

251:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:09:52.05 ID:k/B+vrRq

すみれ「何よ、用がなかったら来たらダメ?」

千砂都 「そういう訳じゃないけど…」

すみれ(そうよね。そりゃ不自然よね。何でいきなりスーツ着て来てんだって話よね)

すみれ(……あれ? というかこの後どうすりゃいいの?)

すみれ(目的は『千砂都と触れ合う(意味深)こと』だから、千砂都に触りたいって言えばいいのかしら?)

 

252:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:11:09.51 ID:bgL1UIwj

すみれ「…って、そんな訳あるかぁっ! 変態か私は!」

千砂都 「ひゃぁ!? す、すみれちゃん!?」

すみれ「はっ! だ、大丈夫! 何でもないわ」

千砂都 「??」

 

253:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:13:46.82 ID:XixLyysG

すみれ(触れ合うったって、なに? どうすればそういう流れになるの?)

すみれ(ムリったらムリよ、そんな経験全くないし…)

四季『大丈夫』

すみれ(!? 四季!?)

四季『私がアドバイスする』

すみれ(待って。何で脳内にアンタの声が響いてるの?)

 

255:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:21:04.95 ID:KmlJVulm

四季『グソクムシスーツに搭載された擬似神経回路、通称『グソクムシの脚』がすみれ先輩の体内に侵入して脳内神経と接続。私の声を電子信号に変換して脳内での会話を可能にしている』

すみれ(アンタなんつーもん作ってんのよ!?!? 怖っ! 何!? 私いま体内に侵入されてんの!?)

四季『作るのにすごく時間かかった。LINE見る暇もないくらい。大丈夫、装着者に害はないから』

すみれ(そういう問題じゃないったらないわよ!!)

四季『安心して、千砂都先輩と触れ合う(意味深)ために私がエスコートする』

すみれ(そういう問題でもないのよ…)

 

256:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:26:16.73 ID:DVeTIYh5

すみれ(突っ込み疲れてきた…てかエスコートって、アンタそういう経験あるの?)

四季『バッチリ』

四季『百合姫は欠かさず購読してる』

すみれ(もうどうにでもなれ)

四季『というわけでアドバイスその1』

四季『まずは千砂都先輩に>>258と言う』

 

258:(SB-Android) 2022/10/01(土) 17:30:57.90 ID:iDmsCQTU

最高の○を見せてあげるったらあげるわ

 

260:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:43:15.50 ID:+lwuQ+uB

すみれ(マジ? それ言えばいいの?)

四季『マジ。私のちさすみデータベースから弾き出された結論に間違いはない』

すみれ(……はぁ。今さら後には引けないわよね)

四季『そう。今引くとグソクムシスーツがすみれ先輩の意識を乗っ取るから引かない方が身のため』

すみれ(!?)

四季『健闘を祈ってる』ブツッ

すみれ(ちょっと! 詳しく説明しなさいよ!? てかアドバイスってそれで終わり!?)

すみれ(……い、今までで一番ヤバいお願い引き受けちゃったわ)

 

261:(しうまい) 2022/10/01(土) 17:44:18.11 ID:OV6bi+4+

すみれ「……」

千砂都 「すみれちゃん、大丈夫? 急に叫んだと思ったら今度は急に黙り込んで…」

すみれ「千砂都」

千砂都 「なに?」

すみれ「──最高の○を見せてあげるったらあげるわ」

千砂都 「!?///」

 

266:(しうまい) 2022/10/02(日) 17:18:10.69 ID:HR5/D2Lq

千砂都 「す、すみれちゃん!? もう、こんな往来で何言ってるの!///」

すみれ(いや、どういう意味なのコレ)

千砂都 「……でも、そっか。伝わったよ、すみれちゃんの気持ち」

すみれ(困惑しかしてないけど)

千砂都 「スーツ着て男装してきたのも、そういうことだったんだね…///」

すみれ(どういう事なの…)

 

267:(しうまい) 2022/10/02(日) 17:19:11.01 ID:HR5/D2Lq

千砂都 「……でも、こういうのってもっとお互いの事を知らないとダメだと思うんだよね」ウンウン

すみれ「あの、千砂都? 自分で言っといて何だけど今のってどう言う意味─」

千砂都 「すみれちゃん!」

すみれ「! な、なに?」

千砂都 「これから時間ある?」

すみれ「あるけど…」

千砂都 「じゃあ、一緒に遊びに行こう!」

 

269:(しうまい) 2022/10/02(日) 17:27:46.28 ID:vPa2pvLq

すみれ「今から? まぁいいけど」

すみれ「……って、私スーツ姿なんだけど。このままでいいの?」

千砂都 「もちろん、そのままの方が良いに決まってるよ!」

すみれ「そ、そうなの? よくわかんないけど…」

千砂都 「じゃあ行こっか。まずは>>271

 

271:(茸) 2022/10/02(日) 17:32:00.86 ID:jd0CVXWJ

コンパスを買うよ

 

272:(しうまい) 2022/10/02(日) 17:44:56.05 ID:lInoEBjw

──文房具屋

すみれ「何でったら何でよ…」

千砂都 「見て見てすみれちゃん! 学校で使うようなでっかいコンパスが売ってるよ!」

すみれ「わっ、ホント~、凄いわね…ってなんでやねん!」ビシッ

すみれ「何が悲しくて私はスーツ着て文房具屋に来てんのよ! リクルートか!」

千砂都 「えっ…楽しくない?」

すみれ「え?」

千砂都 「…」シュン…

すみれ(えぇ、何か落ち込んでるっぽいんだけど、なに? 私に非があるのコレ?)

 

273:(しうまい) 2022/10/02(日) 17:48:57.96 ID:lInoEBjw

ザザッ…

四季『そう』

すみれ(!!)

四季『男女のデートにおいて女性側の意見を尊重するのは鉄則。例えどんなに奇怪な意見であっても』

すみれ(私も女なんですけど)

四季『千砂都先輩の丸への執着は常人のそれを遥かに凌駕している。上手く付き合うにはすみれ先輩もその拘りを尊重してあげることが大切』

四季『じゃ…健闘を祈る』

ブツッ

 

279:(しまむら) 2022/10/03(月) 14:57:43.73 ID:VDf0m6s7

すみれ(尊重って言われても…)

千砂都 「そうだよね…すみれちゃんはコンパスになんて興味なかったよね」

すみれ(あったらあったでキモチワルイでしょそれ!…っく、えぇ~と…)

すみれ「いや、良いんじゃない? 綺麗な丸が書けそうだわ」

千砂都 「!」

すみれ「そのコンパス、千砂都によく似合ってるわよ」

千砂都 「ほ、ホント!? えへへ、ありがとうすみれちゃん!///」テレテレ

すみれ(喜んでる…マジでこれが正解なのね、デートって難しいわ)

 

280:(しまむら) 2022/10/03(月) 15:06:41.01 ID:VDf0m6s7

千砂都 「すみれちゃんがそう言ってくれるなら、思いきって買っちゃおうかな~」

すみれ「え”……あ、そ、そうね! いいんじゃない?」

千砂都 「じゃあお会計してくるね」

すみれ(……! なんかこういう時って男側が出した方がいいって聞いたことがあるわ。いや、私は男ではないけど)

すみれ(どうしよ…?)

>>281

1.出す
2.出さない
3.割り勘

 

281:(もんじゃ) 2022/10/03(月) 15:11:01.48 ID:zS7f/aQ/

出す

 

283:(しまむら) 2022/10/03(月) 15:22:06.50 ID:VDf0m6s7

すみれ(多分出した方がいい?わよね?…四季?…四季?)

すみれ(……返事ないし。何なのよもう、アドバイスするって話だったのに)

──

四季「……」

四季(すみれ先輩が自発的に千砂都先輩へアプローチしないと、真のちさすみは拝めない)

四季(助言は必要最低限に…ここは我慢)

 

284:(しまむら) 2022/10/03(月) 15:32:41.40 ID:VDf0m6s7

すみれ「……千砂都、ここは私が出すわ」

千砂都 「え? そんな、すみれちゃんに悪いよ」

すみれ「いいのよ。付き合ってくれてるお礼」

千砂都 「でも」

すみれ「もう、言い出した方のカッコがつかないでしょ? ほら、貸して」スッ

千砂都 「あ…」

すみれ「ちょっと待ってて。すぐ買ってくるから」スタスタ

千砂都 「う、うん。ありがと」

千砂都 (今日のすみれちゃん、なんかカッコイイな…///)

「6000円になります」チーン¥

すみれ「(結構高い…)はい…」

 

285:(しまむら) 2022/10/03(月) 15:34:44.92 ID:VDf0m6s7

──

千砂都 「えへへ、ありがとねすみれちゃん♪」

すみれ「よ、喜んでくれたなら良かったわ。次はどうする?」

千砂都 「えーと…」

 

286:(しまむら) 2022/10/03(月) 15:37:25.74 ID:VDf0m6s7

ザザッ…

すみれ「!」

四季『さっきのは良かった。ちょっと出た』

すみれ(何がよ…)

四季『でも、女性側に合わせるのは大事だけど、あまりにも自分の意見がないと愛想をつかされる危険がある』

すみれ(だから女だっつーの)

四季『だから次の行き先はすみれ先輩から指定するべき』

すみれ(どこに行けってのよ)

四季『それは、すみれ先輩自らの意志で決めるといい』

四季『じゃあ…健闘を祈る』

ブツッ

 

287:(しまむら) 2022/10/03(月) 15:41:13.96 ID:VDf0m6s7

すみれ(丸投げじゃないのよ…千砂都だけに)

すみれ(私が自分で決めるって言ってもねぇ)

千砂都 「すみれちゃんはどこか行きたい所ある?」

すみれ「そうね…>>289

 

289:(もんじゃ) 2022/10/03(月) 15:47:16.81 ID:4uQ/QZC1

千砂都の家

 

304:(しうまい) 2022/10/08(土) 16:37:45.34 ID:iC/8ERRg

すみれ「千砂都の家とかどう?」

すみれ(行ったことないし)

千砂都「!?///……そ、そうだよね。すみれちゃん、最高の○を見せるって言ってくれたもんね…」

すみれ「え、ええ」

すみれ(意味はよく分かってないんだけど)

千砂都「…分かった。すみれちゃんがそのつもりなら私も心を決めたよ」

ギュッ

すみれ「! ち、千砂都?」

千砂都「い、行こっ!///」

 

305:(しうまい) 2022/10/08(土) 16:40:46.32 ID:iC/8ERRg

──嵐家、千砂都の部屋

ガチャ

千砂都「さ、入って」

すみれ「お、おじゃまします」

千砂都「飲み物持ってくるから待っててね」

すみれ「え、ええ。おかまいなく」

千砂都「……///」タタッ

すみれ「……」

 

308:(しうまい) 2022/10/08(土) 16:44:10.45 ID:iC/8ERRg

すみれ(……冷静になって考えてみると)

すみれ(最初にかのんのほっぺにキスして)

すみれ(次に恋と愛してるゲームした後おでこにキス)

すみれ(で、千砂都と男装してデートした後に家に押しかける…)

すみれ(……)

すみれ(あれ? 私めちゃくちゃ節操なくない? プレイボーイ(?)ったらプレイボーイじゃない?)

 

309:(しうまい) 2022/10/08(土) 16:48:57.72 ID:iC/8ERRg

すみれ(そして千砂都に意味も分からずに言った最高の◯を見せる……って)

すみれ(ここまでの流れから考えるに─)

すみれ(セッ……?)

すみれ(!?/// いやいやいや、さすがにないわよね!? ないわよね!? 四季ー!?)

ザザッ…

『……』ボタボタボタボタボタ

すみれ(ちょっと! 聞こえてるんでしょ? 今更だけどどういう意味なの!?)

『……』ボタボタボタボタボタ

ブツッ…

 

310:(しうまい) 2022/10/08(土) 16:51:21.68 ID:iC/8ERRg

すみれ(切れたー!? ちょっとぉぉぉぉぉぉ!)

ガチャ

千砂都「すみれちゃん、お待たせっ」

すみれ「ひゃい!?」

千砂都「? どうしたの?」

すみれ「ななななな、何でもないったら何でもないっ!」

千砂都「そ、そう? はい、どうぞ」カチャ

すみれ「え、ええ。ありがと」

千砂都「……隣、座っていい?」

すみれ「え!? そ、そうね! いいんじゃない!?」

 

311:(しうまい) 2022/10/08(土) 16:55:37.80 ID:iC/8ERRg

カッチコッチカッチコッチカッチコッチ…

すみれ「……」

千砂都「……///」

すみれ「……あ、あのさ」

千砂都「う……うん」

すみれ「最高の◯って…」

千砂都「!///」ビクッ

すみれ「……ごめん、やっぱなんでもないわ」

千砂都「……///」ゴクッ…

 

312:(しうまい) 2022/10/08(土) 17:02:26.48 ID:iC/8ERRg

カッチコッチカッチコッチカッチコッチ…

すみれ「……」

千砂都「……///」

すみれ「……千砂都ってさ」

千砂都「う……うん」

すみれ「結婚したら子供何人くらい欲しい?」

千砂都「!!///」

千砂都「わ、私は……!」

千砂都「……えへへ、すみれちゃんの希望に合わせるよ///」

すみれ「」

すみれ(『セッ…』だコレーーー!!)

 

313:(しうまい) 2022/10/08(土) 17:05:26.69 ID:iC/8ERRg

すみれ(やっちゃったったらやっちゃったーーー!! どうやら千砂都にセッ…したいって言っちゃったようね私ぃぃぃぃ!!)

すみれ(何で!? 元々1年生にごめんなさいするだけだったのに!? 何でぇぇぇぇぇぇ!?)

千砂都「……すみれちゃん」ギュッ

すみれ「はい!?!?」

千砂都「私は、いつでもいいよ?」

千砂都「心の準備─出来てるから///」

すみれ「」

 

317:(しうまい) 2022/10/08(土) 17:13:27.31 ID:iC/8ERRg

すみれ(行くしかない──)

すみれ(たとえたどり着く先がどこであれ)

すみれ(1年生達のために──立ち止まれないのよ、私は……!)

キスの場所>>319コンマ

00~15頬
16~30おでこ
31~45 くちびる
46~60 膝の裏
61~75 へそ
76~90 首筋
91~99 お団子

※ゾロ目─勢い余ってディープキス

 

319:(えびふりゃー) 2022/10/08(土) 17:14:31.27 ID:RA22NfJc

やるじゃん

 

339:(調整中) 2022/10/09(日) 16:01:09.04 ID:JX2UufHd

すみれ「んっ!」

チュッ…

千砂都「!……」

すみれ「ど、どうよ!? 唇と見せかけてのフェイントおでこキス! はーはっはっ! 経験値が違うのよ経験値がぁ!」

千砂都「……」

すみれ「これぞLiella!のメンバーを虜にして止まないショウビジネスの申し子平安名すみれのアダルトなキスって訳よ! 恐れ入ったでしょ千砂都!///」

千砂都「……」

すみれ「……千砂都?」

 

340:(調整中) 2022/10/09(日) 16:02:58.59 ID:JX2UufHd

千砂都(おでこに触れた、優しくて、柔らかい感触…)

千砂都(まるで、あの時みたいな──)

───

──

 

341:(調整中) 2022/10/09(日) 16:03:55.96 ID:JX2UufHd

──10年前、どっかの公園

 

342:(調整中) 2022/10/09(日) 16:09:18.08 ID:JX2UufHd

ちさと『ま~るかいてまるっ、ま~るかいてまるっ♪』カキカキカキ

糞餓鬼1『うわっ、何だコイツ! 丸ばっか描いてる~!』

ちさと『!?』

糞餓鬼2『気持ちわり~、三角と四角も描けよ~!』

ちさと『うぅ、きもちわるくないもん…丸が一番いいんだもん』

糞餓鬼1『うるせー! いいから描けよ!』グイグイ

糞餓鬼2『そうだそうだ! 直線も描けよ~!』グイグイ

ちさと『や、やめてよぉ…!』グスッ

 

344:(調整中) 2022/10/09(日) 16:13:32.42 ID:JX2UufHd

『こらーーー! ちぃちゃんをいじめるなー!』

糞餓鬼1・2『!?』

かのん『とぅっ!』

ドカバキドゴッ!

糞餓鬼1・2『ギャァァァァァァァ!』

かのん『……まだやるかい?』

ニゲロー! コロサレルー!

 

346:(調整中) 2022/10/09(日) 16:19:44.23 ID:JX2UufHd

かのん『……ふぅ』

かのん『ちぃちゃん、大丈夫?』

ちさと『かのんちゃん…ありがとぉ…』グスグスッ

かのん『泣いちゃダメだよ。ちぃちゃんは何も悪くないんだから、泣かなくていーの』

ちさと『グスッ…うんっ』

ちさと『…私もかのんちゃんみたいに、もっと強くなれたらいいのに』ボソッ

 

351:(しまむら) 2022/10/09(日) 21:35:35.65 ID:eR8hdu8p

かのん『ちぃちゃんはそのままでいいんだよ』

ちさと『でも、いっつもかのんちゃんに助けてもらってばっかりで…』

かのん『ちぃちゃんの事は私がずっとまもる! だからそのままでいーの』

ちさと『ずっと?』

かのん『うん、ずっと!』

 

352:(しまむら) 2022/10/09(日) 21:36:13.75 ID:eR8hdu8p

ちさと『……かのんちゃ~ん!』ウワーン

かのん『わっ、また泣いて~。しょうがないなぁ…ちぃちゃん、かお上げて?』

ちさと『?』スッ

チュッ…

ちさと『ひゃっ!?』

 

353:(しまむら) 2022/10/09(日) 21:45:57.27 ID:eR8hdu8p

かのん『君に涙は似合わない』

ちさと『…?』キョトン

かのん『おとうさんがおかあさんに言ってたんだ~』エヘヘ

ちさと『へ~』

かのん『なんかね、そのとき二人とも服きてなかったんだ~』

ちさと『? なんで?』

かのん『わかんない。聞いたらおこられた』

ちさと『ふぅん。へんなの~』

 

355:(しまむら) 2022/10/09(日) 21:49:49.04 ID:eR8hdu8p

かのん『とにかく、元気でたでしょ?』

ちさと『うん、ありがとうかのんちゃん!』

かのん『えへへ、私とちぃちゃんはずーっといっしょだからね!…そうだ!』

ガリガリガリガリ

ちさと『? かのんちゃん、何描いてるの?』

かのん『……じゃーん!』

ちさと『……まる?』

かのん『まるじゃないよ! ゆびわ!』

 

362:(しまむら) 2022/10/10(月) 14:27:32.71 ID:00DT3fDr

ちさと『ゆびわ…』

かのん『うん! おとうさんとおかあさんみたいに、ずっといっしょだよってこと!』

かのん『本物はないから、これでがまんしてね?』エヘヘ

ちさと『かのんちゃん…///』キュン

ちさと『うん、すっごくうれしい…私が今まで見つけてきた中で─』

ちさと『さいこうの丸だよ! ありがとう!』ギュッ

かのん『わっ、くるしいよちぃちゃ~ん』

 

363:(しまむら) 2022/10/10(月) 14:33:41.82 ID:00DT3fDr

────

──

千砂都「……」

すみれ「千砂都? ちーさーとー?」

千砂都「……かのんちゃん」ボソッ

すみれ「は?」

千砂都「かのんちゃぁぁぁぁん!」ギュッ

すみれ「!?!? はぁぁぁぁぁぁ!?」

千砂都「かのんちゃん、かのんちゃぁぁん…」ポロポロ

すみれ「ちょ…はぃぃぃぃぃぃ!?!? 誰がなんですって!? 私は平安名すみれですが!?!?」

 

364:(しまむら) 2022/10/10(月) 14:42:35.13 ID:00DT3fDr

千砂都「ありがとう、あの時の約束覚えててくれて…」

すみれ「いや何の話!?」

千砂都「本物の婚約指輪を見せてくれるんだよね?」

すみれ「!?」

千砂都「えへへ、新婚旅行どこ行こっか?」

すみれ「!!!???」

千砂都「あ……で、でもまずは…そうだよね…///」モジモジ

千砂都「……ど、どうぞ///」スッ

すみれ(キス待ち顔ぉぉぉぉぉぉぉ!? 理解不能理解不能理解不能ッ!!!)

 

365:(しまむら) 2022/10/10(月) 14:52:35.70 ID:00DT3fDr

ザザッ…

四季『私のちさすみデータベースに狂いはなかった』ボタボタボタボタボタ

すみれ(!?)

四季『幼少期の記憶×男装したすみれ先輩×最高の丸=ちさすみは至高』ボタボタボタボタボタ

すみれ(いやどういうことよ!?)

四季『千砂都先輩が男装したすみれ先輩を幼少期のちょっぴり男勝りだった性格のかのん先輩と思い込んだ可能性が微粒子レベルで存在する』ボタボタボタボタボタ

すみれ(説明聞いても意味が分からんわ!!…てかもういいでしょ!? おでこにチュッてしたわよチュッて!)

四季『まだ。スーツがパーフェクトスフィアモードにならないのであれば、まだまだちさすみ汁が足りないということ』

 

372:(しうまい) 2022/10/11(火) 17:16:13.80 ID:jCItUAmx

すみれ(知るかぁ!! 先輩をオモチャにするのも大概にしなさいったらしなさいよ!? もうここまでよ! スーツ脱いで帰るわっ!)

四季『!?……本気で言ってる?』

すみれ(トーゼンよっ! もう付き合ってらんないわっ!)

四季『分かった。それなら仕方ない』

すみれ(あれ、意外とあっさりしてるわね)

四季『この機能は使いたくなかったけど…すみれ先輩が嫌だと言うなら使わざるをえない』ポチッ

すみれ(……え?)

チサスミィィィィィィィィン…!

すみれ(な、なに!? スーツが…!)

 

373:(しうまい) 2022/10/11(火) 17:21:53.33 ID:jCItUAmx

すみれ「ちぃちゃん…」ギュッ

千砂都「!! か、かのんちゃん…?…キス、してくれないの?」

すみれ「さっきは私からしたでしょ? だから、今度はちぃちゃんからして欲しいな」

千砂都「!///」

すみれ「ね? 私からばっかりじゃ不公平だよ。ちぃちゃんからもして欲しい。……ダメ?」

千砂都「う、うぅ~…………うん///」

すみれ「ふふ、ちぃちゃん顔真っ赤だよ?」

千砂都「もう! からかわないでよかのんちゃん!///」

すみれ「えへへ♪…さ、どうぞ」スッ

千砂都「…///」ドキドキドキ

 

376:(しうまい) 2022/10/11(火) 17:30:00.05 ID:jCItUAmx

すみれ(オィィィィィィィィ!! 何がどうなってんのコレェェェェェェ!?)

四季『強制ちさすみモード……すみれ先輩の神経とリンクした『グソクムシの脚』があらかじめインプットされた行動を実行している』

四季『すなわち、私のちさすみデータベースから弾き出した千砂都先輩を最もその気にさせる行動』

すみれ(あんたマジで何を着せてくれてんの!? ちょっとは悩んだりしなかった!?)

四季『……私にも葛藤はあった。これはちさすみなんだろうか、と』

すみれ(そういう悩みじゃねぇぇぇぇぇぇ!!)

 

377:(しうまい) 2022/10/11(火) 17:31:39.38 ID:jCItUAmx

四季『でも『ちぃ→かの』の感情の大きさから計算すると、ちさすみを実現するにはこれしか方法はなかった』

四季『いわゆる苦肉の策。本当に申し訳ない』

すみれ(誰に謝ってんの!?)

四季『じゃあ…健闘を祈る』

ブツッ

 

378:(しうまい) 2022/10/11(火) 17:34:06.11 ID:jCItUAmx

千砂都「……///」ドキドキドキ…

すみれ(ぐっ……このままだと千砂都はかのんと思い込んだまま私とキスすることに!!)

すみれ(ダメでしょ……それ……ダメったらダメでしょぉぉぉぉ!)

バリーン!

すみれ「千砂都! しっかりしなさい!」ガシッ

千砂都「え!? す、すみれちゃん…?」

 

379:(しうまい) 2022/10/11(火) 17:39:05.48 ID:jCItUAmx

すみれ「四季のアホなお願い引き受けた私も悪いけど…目ぇ覚ましなさい!」

千砂都「……あれ? かのんちゃん…すみれちゃん…あれ?」

千砂都「…ご、ごめん! 私、なんかおかしかったみたいだね」アハハ

すみれ「はぁ…良かった。正気に戻ったわね」ヤレヤレ

 

384:(もんじゃ) 2022/10/12(水) 15:49:08.76 ID:KENylyLe

千砂都「恥ずかしい所見られちゃったね…///」アハハ

すみれ「別に誰にも言やしないわよ。ていうかアンタかのんのこと…」

千砂都「!」

すみれ「…ごめん。何でもない」

千砂都「……私ね、小さい頃はよくいじめられてて、その度にかのんちゃんが助けに来てくれたんだ」

千砂都「その時のかのんちゃん、すっごくカッコよくて、漢らしくて……昔から憧れてたの」

すみれ「へぇ…」

 

385:(もんじゃ) 2022/10/12(水) 15:59:01.25 ID:KENylyLe

すみれ「だから好きになったってわけ?」

千砂都「……よく分からないんだ」

すみれ「?」

千砂都「かのんちゃんのことは好きだし、尊敬もしてるけど…これが恋なのかどうか、よく分からないんだ」

すみれ「……」

千砂都「憧れてるだけなのかなぁって。そもそも私、恋愛経験ないし」アハハ

千砂都「それに……それだけじゃなくて、恐いんだ」

すみれ「恐い?」

 

386:(もんじゃ) 2022/10/12(水) 16:11:21.27 ID:KENylyLe

千砂都「私の気持ちを知って、かのんちゃんがどう思うのかなって考えると、恐いんだ」

千砂都「だって変だよね? 女の子同士だし」

千砂都「だから誰にも話さずにいたんだけど…」

すみれ「……私が初めての話し相手ってわけね」

千砂都「うん。オフレコでお願いね? こんな子がメンバーにいるなんて知られちゃったら、Liella!の人気に影響があるかもしれないし」

すみれ「……」

千砂都「……はーーー! 聞いてくれてありがとうすみれちゃん。なんかスッキリしたよ」

 

387:(もんじゃ) 2022/10/12(水) 16:13:12.17 ID:2aImZnH3

すみれ「……バカ」ギュッ

千砂都「! すみれちゃん…?」

 

399:(もんじゃ) 2022/10/15(土) 17:20:47.77 ID:CRz7rdpj

すみれ「アンタが悩む必要なんてどこにもないわよ」ナデナデ

千砂都「でも…」

すみれ「恋愛感情なのかどうかは置いといて、千砂都がかのんの事を大切に思ってるのは間違いない。そうでしょ?」

千砂都「……うん」

すみれ「だったら別にいいじゃない。大切な人ともっと近づきたいって思うのはごく自然なことだし、変なんかじゃないわよ」

千砂都「……」

すみれ「きな子も言ってたわよ、今どきは女の子同士でキスするくらいフツーだって(嘘だけど)」

 

400:(もんじゃ) 2022/10/15(土) 17:23:03.65 ID:CRz7rdpj

すみれ「大体ね、さっき私アンタのおでこにキスしたでしょ? ほら、おかしいことないじゃない」

千砂都「……でも、四季ちゃんのお願いって言ってなかった?」

すみれ「うっ…」

千砂都「やっぱり変だよ、絶対…」ショボン

すみれ「……っ」

すみれ「……あーーーもうっ!!」

チュッ

千砂都「!」

 

401:(もんじゃ) 2022/10/15(土) 17:27:39.70 ID:CRz7rdpj

すみれ「どうよ!? 今度のおでこキスは私の意志よ! ほら、女の子同士でキスくらい当たり前!///」

千砂都「すみれちゃん…」

すみれ「だから……元気出しなさいよっ! いっつも明るい千砂都がそんな顔してるとね、こっちも調子が狂うのよ!」

すみれ「どうしてもまだモヤモヤするっていうなら、私がいつでも相談に乗ってあげるから。だから──」

すみれ「笑顔になりなさいったらなりなさいよっ」ニコッ

千砂都「……」

千砂都「……」キュン♡

 

404:(もんじゃ) 2022/10/15(土) 17:33:46.46 ID:CRz7rdpj

すみれ(あーーーはずい! 元気づけるためとはいえなんてキザったらしいセリフを…!///)

すみれ(……もういいわよね? パーフェクトなんたらにはなってないけど、スーツちぎれちゃったし)

すみれ(充分無茶振りには対応したし、四季も満足でしょ)ウンウン

 

405:(もんじゃ) 2022/10/15(土) 17:34:34.42 ID:CRz7rdpj

すみれ「じゃあ千砂都、私そろそろ帰るわね。また明日─」スクッ

キュッ…

すみれ「っとと。ち、千砂都?」

千砂都「……」

すみれ「?」

千砂都「……帰ってほしく、ない///」

 

408:(もんじゃ) 2022/10/15(土) 17:40:44.68 ID:CRz7rdpj

すみれ「……え?」

千砂都「……」

すみれ「……あ、あー! もしかしてアンタまた私とかのんを間違えてるわね!? まったく、いい加減に」千砂都「違うよっ!」

すみれ「え…」

千砂都「今度は違うよ。分かってる…間違えてるわけじゃないよ」

千砂都「私は、帰らないで欲しいって─」

千砂都「すみれちゃんに、言ってる…///」

すみれ「……」

すみれ「……」

すみれ「……」

すみれ(あれぇ?)

 

424:(しまむら) 2022/10/17(月) 18:57:30.68 ID:yDV0k4ze

千砂都「……」ジッ

すみれ(……なぜ? 相談に乗っていただけのつもりが、なんでこんな退くに退けない状況に?)

すみれ「ち、千砂都? よーく考えなさい? アンタさっきまでかのんとの事で悩んでたんじゃないの?」

千砂都「うん、さっきまではそうだよ」

すみれ「だったら─」

千砂都「……今は違うもん///」ギュッ

すみれ「待って待って待って待って」

 

426:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:04:39.42 ID:yDV0k4ze

すみれ「落ちつきなさい、落ちついて円周率でも数えなさい。アンタはきっと誰にも話せなかった事を私に話せたからなんかアレよ、舞い上がってるのよ」

千砂都「……うん、多分そうだと思う」

すみれ「! そうでしょ? だから一度冷静にクールに頭を冷やして心頭滅却─」

スッ

千砂都「聞こえるでしょ? 私の胸、すっごくドキドキしてる…///」

すみれ「」

 

427:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:12:17.57 ID:yDV0k4ze

──どっか

四季「ふふ……ふふふふ」ボタボタボタボタ

四季「スーツが破壊されたのは誤算だったけど、さすがはすみれ先輩…想像の遥か上を超えてきた…」ボタボタボタボタ

四季「……むしろ愚かだったのは私…借り物のちさすみで満足して、真のちさすみ探求の可能性を放棄してしまうなんて…」ボタボタボタボタ

四季「ありがとう、すみれ先輩……私に大切な事を思い出させてくれて…」ボタボタボタボタ

四季(後一歩で完成する。ちさすみの極地、ちさすみの最高到達点へ──)ボタボタボタボタ

 

428:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:19:05.03 ID:yDV0k4ze

ザッ

四季「!?」

メイ「見つけたぞ、四季!」バン

きな子「すみカプ独占禁止法違反及びかのちぃ偽証罪の容疑でブタ箱に入ってもらうっす!」バン

夏美「ですの!」バン

四季「……何故ここが? 光学迷彩で完全にカモフラージュしていたのに…」

メイ「こんだけ汁まき散らしてたら分かるっつーの」

四季「!! しまった…!」

 

430:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:28:12.15 ID:yDV0k4ze

きな子「ちさすみばっかりズルいっす! かのすみなんて数レスしかなかったのに!」プンスカ

夏美「何を言ってますの?」

メイ「とにかく、ここまでだ四季。スーツの力で強引にすみカプを成立させようなんて、すみカプ研究会の矜持に反しているぞ」

四季「……それは認める。私が間違っていた」

四季「でも──今の状況はスーツの力が作り出したものじゃない。ちさすみの運命力が生み出した自然の産物。これを止める権利は皆にはないはず」

メイ「……そうだな。私達にはない」

四季「?」

きな子「後のことは、すみカプの運命力が決めるっす! トーゼンかのすみっす!」

夏美「いーや、すみれんですの!」

四季「! まさか…!」

 

431:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:34:48.44 ID:yDV0k4ze

千砂都「すみれちゃん…///」ンー

すみれ「ちょちょちょちょちょちょ! ウェイト! ストップ! ストォーップ!」

バーン

ちさすみ「「!?」」

かのん「……すみれちゃん? ちぃちゃん?」ニコッ

恋「すみれお母様…」

千砂都「! かのんちゃん…恋ちゃん…」

すみれ(た、助かった……!)

 

433:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:44:00.71 ID:yDV0k4ze

かのん「何してるのかな?……かな?」ニコッ

恋「すみれお母様……私という者がありながら千砂都さんとまで…!」

すみれ「いやこれはその…てかお母様じゃないっちゅーに」

千砂都「も、もう! 急に入ってこないでよ二人とも! 今は私とすみれちゃんの時間なんだから!」ギュッ

すみれ「はい!? いやいやいや千砂都あのね…」

かのん「へぇ、すみれちゃん、ついさっき私のほっぺにキスしてくれたけど?」

すみれ「!?」

 

434:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:47:37.19 ID:yDV0k4ze

千砂都「……え? すみれちゃん、どういうこと?」

すみれ「いや、あのね? 待って恐い眼で見つめないで」

恋「私もおでこにキスして頂きました…///」

すみれ「恋!?」

恋「一緒に愛してるゲームもやりました。あの時の慌てたすみれさん、とても可愛らしかったです♪」ウフフ

すみれ「ちょっと黙って! お願いだから!」

かのん「……へぇ、そうなんだぁ」

千砂都「……すみれちゃん? 説明してくれる?」

すみれ「……」ダラダラダラダラ

 

438:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:54:29.93 ID:yDV0k4ze

すみれ「こ、これには深い理由が、いやそうでもないか…浅い理由があるのよ!!」

かのん「ふぅん、浅い理由で私達の気持ちを弄んだってことね」

すみれ「あ」

かのん「ちぃちゃん、そっち持って」

千砂都「了解」

かのん「恋ちゃんはそっちね」

恋「分かりました」

すみれ「かのん! 待ってお願い一定の距離を保って!」

かのん「すみれちゃんのバカッッッッッッッッッッ」ズドンッ

すみれ「アッーーーーーーーーー」

 

439:(しまむら) 2022/10/17(月) 19:57:52.31 ID:yDV0k4ze

メイ「……」フッ

メイ「これだからすみカプはやめられないんだよな」

きな子「はいっす」ボタボタ

四季「同意」ボタボタ

夏美「全くですの」ボタボタ

メイ(……けど)

メイ(クゥすみも見たかったなぁ…)ハァ…

 

442:(しまむら) 2022/10/17(月) 20:15:25.37 ID:yDV0k4ze

──後日

すみれ「あーーー、この間はマジでヒドイ目にあったわ…」ゲッソリ

すみれ「気軽に何でもするって言うもんじゃないわねホント、あんなことになるとは…」

すみれ「そもそも遠慮しなさすぎなのよ一年生ズ…」

すみれ「……まぁいっか。何だかんだかのんと千砂都と恋には分かってもらえたし」ウンウン

すみれ(なんかあれ以来三人からやけに話しかけられるというか、距離感が近い感じがするけど)

すみれ(まぁ気のせいよね)

 

443:(しまむら) 2022/10/17(月) 20:21:27.55 ID:yDV0k4ze

すみれ「さーて、今日も練習練習~…」

ドンッ

すみれ「あだっ!?」

すみれ「ちょっと! いきなり何…」

可可「…」ムスッ…

すみれ「? 可可?」

可可「……」

クルッ、スタスタスタ…

 

446:(しまむら) 2022/10/17(月) 20:30:35.52 ID:yDV0k4ze

すみれ「あっ!? こら! ぶつかっといて謝りもなし!?」

可可「……」スタスタスタ

すみれ「待ちなさいっての! 可可!」

可可「……」スタスタスタ、ピタッ

クルッ

可可「……」ジーッ

すみれ「はぁ、やっとこっち見たわね。なんなのよ」

可可「……」ボソッ

すみれ「? なんて?」

可可「变态……」

すみれ「……え?」

可可「变态グソクムシッ!」ベーッ

 

448:(しまむら) 2022/10/17(月) 20:35:04.56 ID:yDV0k4ze

クルッ、タッタッタッ

すみれ「……」ポツン…

すみれ「え?」

すみれ「…………ええぇぇぇ??」

 

468:(しまむら) 2022/10/21(金) 22:39:01.82 ID:9PnMnVLv

──屋上

千砂都「じゃ、今日の練習はここまで。後はストレッチして終わりね」

ハーイ

千砂都「すみれちゃん、私とやろっ♪」

かのん「ちょっとちぃちゃん、勝手に決めないで! すみれちゃんは私とやるの!」

恋「かのんさんこそ勝手に決めないでください。すみれさんは私とやるんです!」

千砂都「むっ! これは部長命令だよっ」

かのん「ずるいっ! それ職権濫用だよ!」

恋「ならば私は生徒会長権限を行使します!」

かのん「恋ちゃんまで!」

ギャーギャーワーワー

 

470:(しまむら) 2022/10/21(金) 22:46:01.22 ID:9PnMnVLv

四季(ちさ→すみ、たまらない)ポタッ…

きな子(かの→すみ、たまらないっす)ポタッ…

夏美(れん→すみ、たまらないですの)ポタッ…

すみれ「ちょっと、落ち着きなさいよ。ストレッチなんて誰とやっても一緒でしょ?」

ちさかのれん「「「すみれちゃん(さん)は引っ込んでて(下さい)!!!」」」

すみれ「ひぃっ! な、なんなのよぉ…」ビクビク

すみれ(なんかこの三人怖いし…)チラッ

可可「…」ムッスー…

すみれ「可可、一緒にストレッチやらない?」

ちさかのれん「「「!!!???」」」

メイ「!!」ポタッ…

 

471:(しまむら) 2022/10/21(金) 22:54:27.04 ID:9PnMnVLv

可可「……」ジトッ…

すみれ「? な、なによ?」

可可「どうせストレッチのふりしてククにも変なことするつもりなんデショウ」

すみれ「はぁ!? 何よ変なことって!?」

可可「ふん、自分の胸に手をあてて聞いてみるといいデス」

可可「变态グソクムシッ!」プイッ

すみれ「ちょっと! アンタさっきから何言ってんのよっ!」

可可「……」ツーン

メイ(これは……)ポタポタ…

 

474:(しまむら) 2022/10/21(金) 23:14:00.21 ID:9PnMnVLv

──30分後、部室

すみれ「──そんなわけで」

すみれ「アンタ達に相談があるわ」

きな子「どういうわけっすか?」

夏美「わざわざ帰ったふりしてから部室に再集合なんて手が込んでますの」

すみれ「アンタ達しか頼る相手がいないのよ。他の二年生は最近なんか怖いし…」

四季「それで、相談の内容は?」

すみれ「…可可のことなんだけど。さっき見た通り、なんか怒ってるでしょ?」

 

475:(しまむら) 2022/10/21(金) 23:16:57.78 ID:9PnMnVLv

すみれ「なんで怒ってるのか全然わかんないから、心当たりがあったら教えて欲しいんだけど」

メイ(マジかこの人)

夏美(天然タラシは始末に負えませんの)

四季(Amazing)

きな子(寝言は寝て言えっす)

 

477:(しまむら) 2022/10/21(金) 23:31:36.42 ID:9PnMnVLv

すみれ「アイツ、普段から私に対して当たりはキツい方だったけど─」

すみれ「最近ずいぶん打ち解けたと思ってたのにアレでしょ? 何か原因があるんじゃないかと思って」

メイ(原因ね)

きな子(当然アレっすね)

夏美(一つしかありませんの)

四季(ジェラシー…)

 

478:(しまむら) 2022/10/21(金) 23:40:46.54 ID:9PnMnVLv

すみれ「どう? 何か知ってる?」

メイ(知ってるもなにもなぁ)

きな子(すみれ先輩がやったことの全てに答えがつまってるっす)

夏美(この人が相手じゃ説明しても分かってもらえるのかどうか謎ですの)

四季(でも、私達にも責任の一端があるのは事実)

 

480:(しまむら) 2022/10/21(金) 23:52:25.56 ID:9PnMnVLv

メイ(……ん? なんか脳内で会話出来てないか?)

きな子(ホントっす。皆の声が聞こえるっす)

四季(グソクムシスーツの技術を改良した。脳波をリンクさせ、お互いの心の中の声を共有できるようにした)

夏美(もはや何でもありですの)

メイ(まぁ四季の言う通り、すみカプ見たさのために他の先輩達とイチャイチャさせたのは事実だよな)

きな子(それが今の状況を作り上げたわけっすもんね)

夏美(後悔はしてませんの)

四季(Yes。でも反省はすべきかもしれない)

 

481:(しまむら) 2022/10/22(土) 00:01:32.01 ID:LDsW7vkd

四季(このまま可可先輩とすみれ先輩の溝が深まれば……)

きな子(Liella!がバラバラになっちゃうかもしれないっす!)

夏美(それは防がないといけませんの!)

メイ(ああ、今回ばっかりはすみカプがどうとか言ってる場合じゃないぞ)

メイ(可可先輩とすみれ先輩を仲直りさせることだけ考えよう)ポタポタ

四季(メイ、汁が垂れてる)

 

487:(しまむら) 2022/10/23(日) 11:07:08.94 ID:RVN8ywXb

すみれ「ちょっとアンタ達? 急に黙ってどうしたのよ」

きな子(けど、仲直りさせるっていってもどうするのがいいんすかね?)

夏美(すみれ先輩の鈍感っぷりから察するに、事情を説明しても上手くいく気がしませんの)

四季(難題…)

メイ(そんなに難しく考える必要もないと思うぞ)

きな子(メイちゃん、何か良い手があるんすか?)

 

488:(しまむら) 2022/10/23(日) 11:15:21.82 ID:RVN8ywXb

すみれ「おーい」

メイ(ああ、簡単な話だ)

夏美(いったいどんな方法ですの?)

メイ(すみれ先輩と可可先輩を二人きりにすれば、話はそれで済むだろ)

四季(なんで?)

メイ(何でって…おいおい、すみカプ研究会の名が泣くぞ?)

メイ(クゥすみの運命力があれば事は自然に収まる、そうじゃないか?)

きな子(そうなんすか? かのすみなら分かるっすけど…)

夏美(すみれんなら分かりますの)

四季(ちさすみなら分かる)

 

489:(しまむら) 2022/10/23(日) 11:54:58.68 ID:RVN8ywXb

すみれ「……ちょっと。そろそろリアクションくれない?」

メイ(私の信じるクゥすみを信じてくれ。きっとうまくいく)

きな子(正直半信半疑っすけど…)

夏美(どうやら他に手もなさそうですの)

四季(なら、残る問題はどうやって二人きりにするか)

きな子(今の可可先輩とすみれ先輩を二人きりにするのは難しそうっすもんね)

夏美(お膳立てが必要ですの)

四季(今こそすみカプ研究会の力を結集する時)

メイ(ああ、頼むぞみんな)

 

490:(しまむら) 2022/10/23(日) 11:56:29.16 ID:RVN8ywXb

メイ(で、どうやって二人きりにするかだけど)

メイ(私は>>491がいいと思う)

きな子(>>492がいいと思うっす!)

夏美(>>493ですの!)

四季(>>494

 

491:(茸) 2022/10/23(日) 11:59:30.19 ID:zk3s0E+Y

体育倉庫に閉じ込める

 

492:(えびふりゃー) 2022/10/23(日) 12:01:33.62 ID:umyyMkVv

可可先輩の家

 

493:(わんこそば) 2022/10/23(日) 12:04:26.59 ID:5ZMPydts

四季の発明で何とかする

 

494:(SB-Android) 2022/10/23(日) 12:18:19.66 ID:EXx2Zx3X

素直になる薬を盛る

 

501:(しまむら) 2022/10/25(火) 11:21:54.89 ID:dxcN3D73

メイ(ふむふむ)

メイ(って、夏美と四季の意見は同じじゃないのか?)

夏美(ホントですの)

四季(シンクロニシティ)

メイ(じゃあこれは一緒ってことでいいか)

きな子(もう素直になる薬が作ってあることには誰も突っ込まないんすね)

 

502:(しまむら) 2022/10/25(火) 11:27:06.92 ID:dxcN3D73

メイ(よし、じゃあこの中からせーので選ぼう)

メイ(体育倉庫に閉じ込めるか)

きな子(可可先輩の家か)

四季(素直になる薬を盛る)

夏美(三者択一ですの!)

メイ(せーの……!)

選ばれたのは>>503(コンマ)

00~32 体育倉庫
33~65 可可の家
66~99 素直になる薬

 

503:(SB-iPhone) 2022/10/25(火) 11:29:47.85 ID:sKyOCAxL

っす

 

506:(しまむら) 2022/10/25(火) 11:45:12.78 ID:dxcN3D73

メイ(素直になる薬を盛る、に決定だ!)

きなっつしき(((ワァァァァァ!)))

すみれ「こら! いいかげんにしなさい!」

すみカプ研究会「「「「!?」」」」ビクッ

すみれ「いつまでも黙り込んでどうしたってのよ? しかもすっごく深刻そうな顔して」

メイ「……安心してくれ、すみれ先輩」

すみれ「?」

 

507:(しまむら) 2022/10/25(火) 11:49:34.79 ID:dxcN3D73

きな子「可可先輩との仲は、きな子達が取り持つっす!」

夏美「今、完全無欠の解決策が出来上がりましたの!」

すみれ「え? アンタ達ずっと黙ってたけど」

四季「以心伝心。私達の心はちさすみのように固い絆で結ばれている」

メイ「ばか、ここはクゥすみだろ!」

きな子「かのすみっすよ!」

夏美「すみれんですの!」

すみれ(もう何なのよこの子達)

 

508:(しまむら) 2022/10/25(火) 11:53:28.57 ID:dxcN3D73

すみれ「…えーと、とりあえず何? 何か良い考えはあるわけね?」

すみカプ研究会「「「「…」」」」コクッ

すみれ「じゃあその、アンタ達に任せ…」

すみれ「……」ウーン…

すみれ「えーと…どうしよ…いや…うん……まかせ……任せるわ。うん……一応」

すみカプ研究会「「「「任せて(ほしい)(くれ)(ですの)(っす)!」」」」

すみれ(任せて大丈夫、よね?)

 

509:(しまむら) 2022/10/25(火) 11:59:40.16 ID:dxcN3D73

──その頃

可可「……」

可可(すみれにキツく当たってしまいマシタ…)

可可(最近のクク、変デス…すみれを見ると何だかイジワルしたくなりマス…)

可可(何でデショウか……)

可可(…ううん。理由はちゃんと分かってマス)

可可(かのんと、千砂都と、レンレンの話を聞いた日から、ずっとこんな気持ちなんデス…)

 

510:(しまむら) 2022/10/25(火) 12:06:32.76 ID:dxcN3D73

──平安名すみれの1年生にごめんなさいの旅、の翌日

可可「グッソクソクソクグソクムシ~♪」テクテク

ギャーギャーワーワー

可可「……ほ? あれは──かのんに千砂都にレンレン、が何だか言い争っている?デス」

可可「むむ、ククの目の黒いうちはケンカなんてダメさせマセン! とーっ!」ダッ

 

511:(しまむら) 2022/10/25(火) 12:08:10.96 ID:dxcN3D73

訂正

>>510

可可「むむ、ククの目の黒いうちはケンカなんてダメさせマセン! とーっ!」ダッ

可可「むむ、ククの目の黒いうちはケンカなんてさせマセン! とーっ!」ダッ

 

512:(しまむら) 2022/10/25(火) 12:19:17.35 ID:dxcN3D73

かのん「ちぃちゃん! 今日すみれちゃんの家に押しかけて一緒に登校しようとしたでしょ!? 抜けがけは禁止って話になったじゃん!」

千砂都「それを知ってるってことはかのんちゃんも同じことしようとしたってことだよね? 私だけ非難するのは違うんじゃないかなぁ」

恋「ふふ、お二人が牽制し合ってくれたおかげで今日はすみれさんと一緒に登校できました。ありがとうございます♪」

かのん・千砂都「「……恋ちゃん??」」ピキピキ

可可「三人ともケンカはやめなさーい、デース!」ガバッ

かのん「わっ、可可ちゃん?」

可可「怖い顔をして、一体どうしたというのデスか」

可可「スクールアイドルの基本は笑顔! そんな顔していたらダメダメデスよ!」

 

524:(もんじゃ) 2022/10/29(土) 17:12:44.15 ID:wQfpIg1p

かのん「だってちぃちゃんも恋ちゃんもひどいんだよ? すみれちゃんは私のものなのに横から手ぇ出してきて」

可可「!?」

千砂都「それはこっちのセリフかな~」

恋「私も千砂都さんと同じ意見です」

可可「ま、待って下さい。かのん? すみれと何かあったのデスか?」

かのん「うん! えへへ、昨日ね、すみれちゃんがほっぺにチューしてくれたの…///」

可可「」

 

525:(もんじゃ) 2022/10/29(土) 17:15:43.95 ID:wQfpIg1p

恋「かのんさんだけではありません。すみれさんは私にだって…」

可可「…れ、レンレンも?」

恋「はい」

恋「一緒に愛してるゲームの配信をして」

可可「!?」

恋「最後にはおでこにキスをしてくれました…///」

可可「」

 

526:(もんじゃ) 2022/10/29(土) 17:18:04.25 ID:wQfpIg1p

千砂都「二人だけじゃないよ! 私だって…」

可可「…ち、千砂都までデスか…?」

千砂都「うん! 男装したすみれちゃんとデートして」

可可「!?」

千砂都「最後には私の家でおでこにキスしてくれたんだ、すみれちゃん…///」

可可「」

 

528:(もんじゃ) 2022/10/29(土) 17:21:13.88 ID:wQfpIg1p

かのん「そうだよ、ちぃちゃんは昨日ずーっとすみれちゃんと一緒だったんだからちょっとは譲ってよ!」

恋「そうです、不公平です!」

千砂都「えー、ずーっと一緒だったんだからやっぱりすみれちゃんは私の物ってことじゃない?」

かのん・恋「「そんなの認められない(ません)!」」

可可「……ククはこれで失礼するデス」フラフラ~

 

529:(もんじゃ) 2022/10/29(土) 17:26:33.55 ID:wQfpIg1p

──

可可(そう、三人の話を聞いたあの日からデス……こんな気持ちになったのは…)

可可(モヤモヤして、ムカムカして…何だかすみれに凄く腹が立つんデス…)

可可(別に、すみれが誰とどこで何をしようと、ククにはぜ~んぜん関係ないのに!)

可可(……関係ない、関係ないって、分かってるのに…)

可可「どうしてデスか……なんで」

 

530:(もんじゃ) 2022/10/29(土) 17:26:47.91 ID:wQfpIg1p

可可「なんでこんなに胸が苦しいんデスか……!」グスッ

 

535:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:16:20.14 ID:aLw4zyJZ

──後日、屋上

千砂都「今日はここまでね。後はいつも通りすみれちゃんと私がストレッチして終わり~」

かのん「異議あり!」

恋「同じくです!」

千砂都「もー、二人ともしつこいなぁ」

かのん「ちぃちゃんこそだよ!」

恋「はい、独占しようとするのも大概にしてください」

すみれ「もういいじゃないの、アンタらよく飽きないわね…」

 

536:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:20:37.91 ID:aLw4zyJZ

すみれ「……」チラッ

可可「!」

可可「…」プイッ

すみれ(こっちもこっちで相変わらずだし)ハァ…

すみれ(1年生に任せて以来、特に変わってないけど、ホントに大丈夫なのよね?)チラッ

きな子「…」👍

四季「…」👍

夏美「…」👍

メイ「…」👍

すみれ「……」

すみれ(大丈夫かなぁ?)

 

537:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:24:45.73 ID:aLw4zyJZ

可可「……」

可可(すみれ……相変わらずモテモテデス…)ズキッ…

可可「!?」

可可(もう! 何デスか今のズキッは! すみれが誰とストレッチしようがどうでもいいのに!)

可可(…はぁ。練習明けで喉が渇きマシタ。水分を─)

ゴクッ…

四季「!(キタ。各自フォーメーションSBへ移行)」

きな子・夏美・メイ「「「(ラジャー!)」」」

 

538:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:29:24.17 ID:aLw4zyJZ

ドクンッ…

可可「?」

可可(アリェ? 何だか頭がクラクラして…心がポカポカフワフワするデス…)

可可(……………すみれ)

可可(そうデス…すみれ、すみれと一緒に─)

ガシッ

すみれ「ん?」

可可「……すみれ」

すみれ「? どうしたのよ。って、アンタ何か目が…」

グイッ

可可「……一緒に来るデス」

すみれ「は?」

可可「可可……すみれと二人きりになりたいデス」

すみれ「は!?!?」

 

539:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:31:59.09 ID:aLw4zyJZ

かのん「!? 可可ちゃん!? 抜け駆けは厳禁…」

ガシッ

きな子「かのん先輩、行かせないっす!」

かのん「きな子ちゃん!?」

きな子「きな子もかのすみは見たいっす! でも、でも……今だけは、今だけはクゥすみの時間っす!」ギュゥゥゥ

かのん「もう、離してよ! すみれちゃんが連れて行かれちゃう!」ジタバタ

 

540:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:34:45.29 ID:aLw4zyJZ

恋「すみれさん! かのんさん!」

ガシッ

夏美「恋先輩は夏美が止めますの!」ギュッ

恋「! 夏美さん、何故ですか!」

夏美「夏美達の欲望が作り上げてしまったクゥすみの確執……今をもって精算しますの!」

恋「むむ…離してください!」ジタバタ

 

541:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:41:26.68 ID:aLw4zyJZ

千砂都「……四季ちゃん。何のつもり?」

四季「見ての通り。可可先輩とすみれ先輩を二人きりにするための手伝い」

千砂都「今の私がそれを黙って了承すると思うの?」

四季「思わない。だから私が止める」

千砂都「四季ちゃんが? ふふ、私もナメられたものだね…」コォォォ

四季「そんなつもりは──ない」

グラッ…

千砂都「!?」

四季「千砂都先輩の飲み物に筋弛緩剤を盛らせてもらった」

四季「少しの間だけ、大人しくしていてほしい」

千砂都「くっ……しまった…!!」グググ

 

542:(もんじゃ) 2022/10/30(日) 16:46:05.58 ID:aLw4zyJZ

可可「すみれ、こっち来るデス」グイグイ

すみれ「あーもう! 分かったったら分かったわよ! 引っ張るのやめなさいっての、ついていけばいいんでしょ!」

スタスタスタ

かのん・恋・千砂都「「「す、すみれちゃーん(さーん)!!!」」」

きな子(後は─)

夏美(結果を見届けるだけですの!)

四季(イエス。……メイ、任せた)

メイ(ああ)

メイ(全部この目に焼きつけてくる!)ボタボタボタボタ

 

545:(しまむら) 2022/10/30(日) 21:41:40.41 ID:5jFGHQNY

──空き教室

ガラッ、ピシャン

すみれ「ふぅ…それで? こんなとこまで連れてきてなんなのよ?」

可可「……」

すみれ「ちょっと、可可?」

可可「……」クルッ

可可「可可は、すみれのことが嫌いデシタ」

すみれ「……はい?」

 

546:(しまむら) 2022/10/30(日) 21:50:17.69 ID:5jFGHQNY

可可「会ったばかりの時はスクールアイドルのことを下に見てマシタし」

可可「何かと可可に突っかかってくるのも気にくわなかったデス」

すみれ「いや最初の頃はあれはごめんだけど…ってか突っかかってきたのはアンタの方もでしょ!」

可可「すぐギャラクシーだのショウビジネスだの横文字使いたがりマスし」

可可「グソクムシが芸能人かぶれも大概にしやがれデス」

すみれ「うっさいわ! さっきから何!? ケンカ売りに来たの!?」

 

547:(しまむら) 2022/10/30(日) 21:57:13.80 ID:5jFGHQNY

可可「……でも」

すみれ「?」

可可「すみれと一緒に言い争いするのは楽しくて」

可可「すみれをいじった時の反応が見たくてわざと悪口言ったりして」

可可「すみれと一緒に過ごす毎日がどんどん大切な物になっていって」

可可「気づいたら、可可にとってすみれは……なくてはならない存在になってマシタ」

すみれ「はぁ!?///」

 

548:(しまむら) 2022/10/30(日) 22:13:42.32 ID:5jFGHQNY

すみれ「な、なによ! どうせアレでしょ!? 油断させといてまたグソクムシとか言うんでしょ!?」

可可「だからかのん達の話を聞いた時、凄く悲しかったデス」

可可「すみれ、可可とずっと一緒にいたいってくれたのに……」

すみれ「言っとらんわ! 一緒にスクールアイドルをやりたいって言ったのよ!」

可可「……かのんにはほっぺにチュー」

すみれ「は?」

可可「千砂都とレンレンにはおでこにチュー」

すみれ「いや、何言ってんのアンタ」

 

549:(しまむら) 2022/10/30(日) 22:15:41.95 ID:5jFGHQNY

可可「……ほしいデス」ボソッ

すみれ「?」

可可「可可も……すみれにキスして欲しい…///」

すみれ「」

 

551:(しまむら) 2022/10/30(日) 22:18:57.85 ID:5jFGHQNY

すみれ「いやいやいやいやいやいや」

すみれ「何? アンタ頭でも打った? 違うでしょ、アンタそんなこと言うキャラじゃないでしょ?」

すみれ「わっるい目で私の事見下しながらグソクムシグソクムシ煽ってくるのがいつものアンタでしょ? 何? やっぱ油断させて後ろから刺すつもり?」

可可「…………」

可可「……」グスッ…

すみれ「!?」

 

553:(しまむら) 2022/10/30(日) 22:24:26.62 ID:5jFGHQNY

すみれ「ちょっと! 何で泣いてんのよ!?」

可可「すみれ……ひどいデス…今言ったこと、全部、本心なのに…」グスッ

すみれ「本心ってアンタ…」

可可「……可可の気持ちは、今伝えた通り」

可可「すみれの気持ちも、ちゃんと伝えて欲しいデス…」

すみれ「……」

可可「……」ジッ

すみれ(……え? この空気、マジなの? ドッキリとかじゃないの?)

 

554:(しまむら) 2022/10/30(日) 22:28:29.97 ID:5jFGHQNY

可可「……」スッ

すみれ(ちょ、え? 目ぇ閉じた…)

可可「……」クイッ

すみれ(あご上げた!?)

可可「……///」プルプル

すみれ(顔赤らめてる!?)

すみれ「ちょ、ちょっと可可…?」

可可「……すみれ。これ、けっこう恥ずかしいので」

可可「早くしてほしい……デス…///」

 

556:(しまむら) 2022/10/30(日) 22:38:23.39 ID:5jFGHQNY

すみれ「可可……」

すみれ(……私の)

すみれ(私の気持ち──)

すみれ(アンタに伝えるわ、可可)

キスの場所>>558(コンマ)

00~09 ほお
10~19 おでこ
20~29 くちびる
30~39 膝の裏
40~49 へそ
50~59 首筋
60~69 内もも
70~79 足の裏
80~89 はな
90~99 ◯◯◯

※ゾロ目─勢い余ってディープキス

 

558:(茸) 2022/10/30(日) 22:40:38.60 ID:NBowyAF6

ほっ

 

560:(たまごやき) 2022/10/30(日) 22:42:15.33 ID:axinDgoM

えっっっ!!!

 

561:(しうまい) 2022/10/30(日) 22:45:47.36 ID:j41ss4F+

どういう思考を辿れば内ももにキスしようって思うのか

 

568:(しまむら) 2022/10/30(日) 23:24:20.11 ID:5jFGHQNY

すみれ(でも唇にするのはさすがに恥ずかしいから─)ヨイショット

可可「……アリェ?」

可可(……あ、ぼーっとしてたのが治りマシタ…あれ? さっきまで屋上にいたような…?)

ゴソゴソ…

可可「……ん?」

すみれ「んっ!」チュッ

可可「」

 

569:(しまむら) 2022/10/30(日) 23:26:18.76 ID:5jFGHQNY

すみれ「どうよ!? 数多のキス遍歴を歩んできた私が行き着いた究極の─」

可可「ド变态グソクムシッッッッッッ!!!///」ドゲシッ!

すみれ「ギャラクシぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

 

572:(しまむら) 2022/10/30(日) 23:54:10.38 ID:5jFGHQNY

可可「このっ、このっ! 頭沸いてるデスかコンチクショー!!///」ゲシゲシゲシゲシッ!

すみれ「ちょ、まっ…グフッゲフゥ!」ガクッ

すみれ「…」チーン

可可「ふんっ、いい気味デス。そのままずっと寝てるがいいデス!」

可可「……すみれのばーかっ!///」ベーッ

ガラッ、ピシャン

 

573:(しまむら) 2022/10/30(日) 23:56:37.79 ID:5jFGHQNY

ソッ…

メイ「……」フッ

メイ(濃厚なキスシーンが見れなかったのは残念だったけど─)

メイ「クゥすみには、こういう関係が一番あってるのかもしれないな…」ボタボタボタボタ

 

575:(しまむら) 2022/10/31(月) 00:02:52.33 ID:HINu4Mrr

──また別の日

すみれ「……」ハァ~ァ…

夏美「デッカいため息ですの」

きな子「可可先輩と仲直り出来たのに、まだ何か不満なんすか?」

四季「欲は身をほろぼす、現状に満足すべき」

メイ「そうだな。すみれ先輩がため息つくような事は何もないだろ」

すみれ「……」

 

576:(しまむら) 2022/10/31(月) 00:11:54.56 ID:HINu4Mrr

すみれ「考えてみればね、アンタ達のお願いを聞いてからなのよ」

夏美「何がですの?」

すみれ「かのんも千砂都も恋も、可可も。なんか私に凄い執着するようになったの」

きな子「! そ、それは…」

すみれ「いまだに朝の登校とか練習後のストレッチとか奪い合ってるし…どう考えても変でしょこれ」

四季(ついに、勘づいた…!?)

メイ(すみれ先輩が自分への矢印を自覚してしまっては…!)

夏美・きな子・四季・メイ(すみカプ研究会、存続の危機……!)

すみれ「私が思うに─」

 

577:(しまむら) 2022/10/31(月) 00:21:01.35 ID:HINu4Mrr

すみれ「私ばっかり1年生(アンタら)と絡んでるから、妬まれてるんじゃないかと思うのよね」

すみれ「うん、きっとそうね。今度Liella!皆でどっか遊びに行って埋め合わせしましょ」

きな子(もう言葉もないっす)

夏美(この鈍感さはもはや才能ですの)

四季(でもそれでこそすみれ先輩)

メイ(ああ、こんなすみれ先輩だからこそ─)

 

580:(しまむら) 2022/10/31(月) 00:27:37.38 ID:HINu4Mrr

すみカプ研究会(すみカプの夢は──終わらない!!)ドンッ

終わり

 

581:(しまむら) 2022/10/31(月) 00:27:54.40 ID:HINu4Mrr

(どうでもいい)おまけ

すみれ「そういえばさー」

四季「?」

すみれ「アンタが私に着させたグソクムシスーツ? あれのパーフェクト何とかモードって結局どんななの?」

四季「気になる?」

すみれ「あのまま着てたらどうなってたのかと思ってね」

四季「パーフェクトスフィアモードが発動すると、まず『グソクムシの脚』が装着者の体内に侵入して痛覚を遮断する」

四季「その後全身の関節を外して、装着者を完全なる人間球体に作り替える」

四季「当然1ミクロンのズレもないパーフェクトな丸を見た千砂都先輩は感涙し、二人はそのままゴールイン」

すみれ「ぶっ壊しといてよかったわ。マジで」

 

582:(しまむら) 2022/10/31(月) 00:29:47.64 ID:HINu4Mrr

終わりです。予想の10倍くらいの長さになってびっくりです。

すみカプに貴賤なし!

支援、保守して下さった方ありがとうございました!

 

584:(光) 2022/10/31(月) 00:32:50.82 ID:n+JfjrD8

乙でした
すみカプてぇてぇ

 

585:(ささかまぼこ) 2022/10/31(月) 00:34:05.87 ID:45EENyw5

おつおつ
すみれ2期生も気になるな

 

586:(しうまい) 2022/10/31(月) 00:38:06.45 ID:9BRQu+Po


面白かった

 

587:(えびふりゃー) 2022/10/31(月) 00:39:07.24 ID:xdkSXsU3

おつおつ
無事完結してよかったまたなんか書いてくれ

 

592:(しうまい) 2022/10/31(月) 08:47:09.79 ID:W4Ol2N2p

ついに完結したか乙!
めっちゃ面白かったわ
今度はすみれ×2期生も見てみたいなと思いましたわ

 

595:(茸) 2022/10/31(月) 10:46:49.63 ID:n8EHvmN1

すみれんなんだよなぁ

 

596:(もんじゃ) 2022/10/31(月) 13:48:17.25 ID:WDgjkzOn

至高はかのすみだが?

 

593:(SB-iPhone) 2022/10/31(月) 10:35:09.12 ID:RsfZuDLG

乙ー
おもしろかった!ちぃすみはいいぞ

 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1664030351/